2019年01月03日

幸せの言の葉<1207>

「人生で何よりか難しいがは、嘘をつかんと生きることながよ。ほんで、自分自身の嘘を信じんことながぜよ。」(フョードル・ドストエフスキー)


「罪と罰」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」らあの代表作で知られちゅう、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪、フョードル・ドストエフスキー(1821〜1881)さんの言の葉ながやき。


生まれてこのかた、いっぺんも嘘をついたことがない人らあて、まずおらんはずながよ。


つまり、嘘をつかんと生きることらあて、ほとんど不可能やっちゅうことながやき。


ほいたら、この言の葉は、何ちゃあ意味のないことを言いゆうがやろうか?


かの文豪ドストエフスキーさんが言いたいがは、「嘘をつかんと生きることぁ難しい」っちゅうことやのうて、「自分自身の嘘を信じんこと」っちゅうんが、ホンマに言いたいことのはずながよ。


人間は、長い人生の中で厳しい現実社会で揉まれゆう間に、防衛本能からか、無意識のうちに「自分自身の嘘を信じる」っちゅう行動に出てしまうもんながやき。


たまにゃあ1人っきりになって、ゆったりした気持ちで、自分自身の内面と向き合うて、じっくり対話してみんかよ?


「自分自身の嘘を信じ」ちゅう事例が、1つや2つ、見つかるかもしれんがよ。


その「嘘」を信じることをやめるだっけで、人生がいきなり好転することになるかもしれんぜよ。




Posted by tsukasabotan at 09:00│Comments(0)