2019年02月06日

平成31年度「司牡丹・立春朝搾り」ぜよ!

 2月4日(月)の立春の日は、毎年恒例の「司牡丹・立春朝搾り」イベントが開催されたがやき。


 ちなみに「立春朝搾り」たぁ、立春の日の早朝搾り上がったばっかしの新酒を、その日のうちに飲んでもらおうっちゅう企画ながよ。


 ほんで今年は、司牡丹も含めて全国37都道府県45ヶ所の日本酒蔵元で実施され、今年は何と約31万本(720ml)がたった1日で出荷されるっちゅうがやき、こりゃスゴイことながやき。
2019立春朝搾り

 8年ばあ前あたりからマスコミ各社の記事らあにゃあ、「日本酒が世界一売れる日」っちゅうセンセーショナルなキャッチで紹介されたりしゆうがも、決して大袈裟やないがよ。


 ちなみに立春たぁ、二十四節気のひとつで、初めて春の気配が現れてくる日。



 前日の節分に豆まきで邪気を祓うて、新たな気持ちで春の到来を悦び幸福を願う日とされちょって、旧来はこの日がお正月、1年の始まりの日ながやき。


 そんな立春の早朝に搾り上がったばっかしのケガレのない純米吟醸生の新酒を、各地の神社にて「無病息災」「家運(社運)向上」らあを祈願するがよ。


 ほんじゃき、こぢゃんと縁起がえいっちゅうて全国で大人気で、このお酒の一口めを恵方(今年は東北東)を向いて飲みゃあ、願いが叶うっちゅう現象まで起きはじめちゅうっちゅうがやき。


 さて、「立春」当日は、早朝5時過ぎばあに、日本名門酒会本部・(株)岡永の丸田さん、埼玉からの朝日山千葉悦三商店の千葉さん父子、静岡からの大村屋酒店の久米さんとお仲間の小泉さん、兵庫からの株式会社アクエレナさんの日下さんら2名の皆さんらあと待ち合わせて高知市内を出発し、佐川の司牡丹本社にゃあ5時40分ばあにゃあ到着したがよ。


 6時までにゃあ、日本名門酒会高知支部の旭食品さん、愛媛支部の松山酒販さん、高知・愛媛・香川の加盟酒販店さんや飲食店さんらあ70名ばあの方々が、次々と集まられたがやき。


 昨年は雪がちらつき、こぢゃんと寒かったけんど、今年はかつてないばあ暖かい立春の早朝やったがよ。


 さて、6時過ぎにゃあご参加の皆さんに集合していただき、まずはワシからのご挨拶ながやき。


 皆さんのご努力のお陰で、今年は前年対比101.49%、過去最高の8458本のご注文をいただけ、まっことありがとうございましたっちゅうて御礼をさいてもうたがよ。


 続いては本部の丸田さん、お次は高知支部の旭食品さんのご挨拶があったがやき。
写真2 本部丸田さんご挨拶写真3 高知支部ご挨拶












 ほんで、司会進行の渡邊部長から作業の注意点らあについての説明があり、いよいよみんなあで肩ラベル貼り作業のスタートながよ。


 皆さんもう手慣れたもんで、次々と「司牡丹・立春朝搾り」の完成品が誕生していったがやき。
写真4 作業スタート写真6 作業風景












写真6 作業風景2













 また今年は、高知新聞さん、RKC高知放送さん、KUTVテレビ高知さんの、マスコミ3社が取材に来てくださっちょって、皆さんが肩ラベル貼り作業をされゆう合間に、きき酒室にて商品撮影や味わいらあについて、取材していただいたがよ。
写真7 作業風景3写真8 商品撮影・試飲取材

 ワシも今年の「立春朝搾り」は、ここで初めていただいたがやけんど、例年以上にフルーティな香りが際立ち、フレッシュぴちぴちの中にも品格ある旨味が膨らむ、素晴らしい美酒に仕上がっちょって、ちくと感動してしもうたばあ美味しかったがやき。


 これなら必ず、お客様に春一番の感動を伝えられるはずじゃと確信したがよ!


 マスコミ3社の取材が終わった7時半頃にゃあ、「司牡丹・立春朝搾り」の肩ラベル貼り作業は、無事終了しちょったがやき。


 その後は、みんなあで交替で朝食ながよ。
写真9 朝食風景写真10 朝食風景2












 具だくさんの味噌汁、チクワ、スマキ、海苔、生卵、タクアン、ジャコ・・・らあをオカズに、皆さんニコニコ満面の笑顔で足るばあ召し上がられよったがやき。
写真11 朝食

 一仕事終えた後の温かい朝食は、まっこと何よりのご馳走ながよ。


 朝食後はみんなあで、室町時代から続くと言われちゅう金峰(きんぷう)神社に参拝して、完成した「立春朝搾り」のお祓いをするがやけんど、昔ながらの石積みの段が心臓破りばあ続く神社にみんなあで向かうがはちくと危険やっちゅうことで、6年前から神官さんに蔵の方までお越しいただくことになっちゅうがやき。





 蔵の中の祭壇も準備バッチリで、7時40分ばあにゃあ神官さんの祝詞がスタート。
写真12 神事












 「招福祈願」「無病息災」「家運向上」「社運向上」「恋愛成就」らあの、お祓いを受けたがよ。
写真13 神事風景写真14 神事風景2













写真15 丸田さん神事




 タマルかまっこと、これっぱあ縁起がえいお酒が、他にあるろうか?!







 無事神事を終えりゃあ、司牡丹玄関の酒林の下にみんなあで集まって、記念撮影をしたがやき。
(16)酒林の下で記念撮影

 その後は、皆さんの車にお酒の積み込み作業ながよ。
写真17 出荷に車が大行列












 ズラリと蔵の前に車が行列を成して連なっちゅう姿は、まっこと壮観ながやき!
写真18 積み込み作業

 これからそれぞれの酒販店さんが、それぞれのお客様のお手元まで、春一番の悦びとともに、「立春朝搾り」の祈願酒をお届けするがよ。


 皆さん、早朝からまっことお疲れ様でした。


 くれぐれも運転にゃあ気をつけて、各地に幸せをお届けしとうせよ!


 こうして9時半ばあにゃあ、皆さんの車が出発し、全ての作業が無事終了したがやき。


 「司牡丹・立春朝搾り」を飲まれた皆さんの、1年の招福、無病息災、家運向上、社運向上、恋愛成就を、心からお祈り申し上げますぜよ! #立春朝搾り

















土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!
司牡丹酒造株式会社


Posted by tsukasabotan at 15:17│Comments(0)