こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

8F75D7DD-C5F7-4E87-A4E8-E98777649C58


久しぶりの訪問になります。熊毛郡田布施町にある「フォーク酒場 どんじゃらほい」に行ってきました。

A6BCAD02-3581-4F0E-BFAC-CBF4045968A3


全国各地のご当地メニューを網羅するお店ですが、ことヌードルメニューに至っては「ラー麦ラーメン」と「盛岡冷麺」ぐらい。

00783C10-0AAE-4589-B7EA-D946E5A9C6C7

086E0BC1-FA6F-4B4B-91E7-B56D503CED8E

17387D5B-9F62-4D4A-A27E-E39189CFFB37


個人的には「別府冷麺」辺りも対応していただけると嬉しいのですが訪問したこの日も特にメニューに変わりはありませんでした。

B822D480-26AB-40C5-A70E-088D0EF0C880


1人なので厨房から離れたカウンター席に座りましたが、店員さんも暇なのか終始こちらに視線を送っておられていささか気まずい雰囲気。この雰囲気は本当に苦手なんです(T_T)本音を言うとこの段階でお店を出たい気分なんですが、注文した手前そういう訳にも行かず、着丼を待ちます。ようやく配膳。とっとと食べて早く帰りたい(T_T)「ラー麦ラーメン」を食べました。

8F75D7DD-C5F7-4E87-A4E8-E98777649C58


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

AC89DBEF-D062-48CF-BF10-0D8A5A3043A6


ちゃんぽんチックな仕上がりです。たくさんの具材が乗りとても豪華なルックス。

3CD1E723-17EC-4C71-B4A3-DC6D301C98CD


スープは豚骨ベースだと思いますが豚骨特有のクセなどはなく、とても馴染みやすい味わい。お好みで加えて下さいと「高菜」と「にんにく」が添えられました。つけものいしはこの後、「にんにく」を追加するつもり。(笑)

B92381A7-3EE7-4D70-85B6-18D19AD5D50A


麺ですが・・・。これが今回の最大の特徴。『ラー麦』というのは福岡県が勢力を挙げて開発したラーメン用の小麦なんですがこれが、実際に食べてみるとこれが抜群に美味い!「ザクッ!ザクッ!」と千切れる食感と「ズルッ!」とすすれる小気味よい口当たり。本当に美味しいです。もっと各店簿にこの麺が普及すれば良いのにば良いのになぁとつくづく思います。

1AF1624E-8907-46A1-AFA4-BA70E0077876


具材はちゃんぽんに似て非常に豊富。キャベツやもやしなど豊富な野菜に加え、海老や蒲鉾などの魚介系の具材も多く見られます。そして以前から気になっていた具材に振り掛けられたこの白い粒々ですが・・・。

D54E2E1E-537E-4B52-89F3-EBE941FDA70C


その正体が遂に判明しました。この粒々に意識を集中して味わってみたところ「チーズ」であることが分かりました。当初は塩辛さを感じたので塩か何かかと思いましたが、集中してみたところしっかりと「チーズ」の風味が感じられます。

0B5406BE-8E1D-441A-BEA0-4B63D9ED1FEE


と、ここで添えられた「にんにく」を追加してみます。この「にんにく」は生ではなく、フライドガーリックです。カリカリとした食感よりもややしっとりとした印象でしっかりと「にんにく」の風味が感じられます。元よりスープは豚骨っぽい物なので「にんにく」との相性も良く、今回は使いませんでしたが「高菜」の方も恐らくは合うはず。

B72DF1E1-B405-4563-9AD1-7B2077AD28ED


今回も食べ損ねた「究極の親子丼」に後ろ髪を引かれながら(坊主だけどね。)お店をあとにします。このお店の駐車場は130m離れた所にありますが、駐車場には徒歩で216歩と書かれています。

0E08E2CF-EE67-487B-993D-D3397DD0F0B1


が、実際に歩いてみたら171歩でした(笑)「フォーク酒場 どんじゃらほい」の「ラー麦ラーメン」ご馳走さまでした。

カキーン!「フォーク酒場 どんじゃらほい」制覇!

フォーク酒場 どんじゃらほい
0820-52-8098
山口県熊毛郡田布施町下田布施710-3
11時から14時、18時から22時
水曜休み
約100m離れていますが専用駐車場あり