こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

2AFACBD9-4094-4680-BBA2-8517E470869D


久しぶりに熊毛郡平生町にある「お食事処 ふる里の光」に行ってきました。

327DC98C-BA92-4883-8DD8-3ECC26D82630


「メンガチョ!!」でも報告されていましたが「お食事処 ふる里の光」はいつの頃からか「麺屋 はらだ」と名乗られており、つけものいしが訪問した際にも建物の入口には「麺屋 はらだ」の名前がありました。「お食事処 ふる里の光」の後に「麺屋 はらだ」を名乗られているので今回の投稿は「メンガチョ!!」に倣い「麺屋 はらだ」で行いたいと思います。

こちらのお店には以前一度訪問したことがあります。その時には「広島風つけ麺」を食べたのですが、当時まだあまり食べたことがなかった「広島風つけ麺」よりも印象に残っているのが同店の注文スタイル。ご夫婦で経営されていて、恐らく券売機を設置する際の金銭的な負担や、注文を取ったりする作業の負担を無くすべく知恵と工夫で設けられた『お手製の券売システム』でした。

2DCF2F31-377C-4C4C-9F4F-0B77292C187A

4B8D3618-E818-42A2-886C-001A9073C8BC


予めメニューの名前が書かれた所に、その日提供可能なだけの数の食券をぶら下げ、来客はそれを取ってカウンターに提出するというもの。売り切れのランプはどこにも点灯しませんが、食券がぶら下がっていなかったらその日はそのメニューは売り切れ(終了)。食券は使い回すことができるのでその日毎に作成する必要もありませんし、もちろんわざわざ注文を取りに行く必要もありません。お冷やはセルフになっていて、食べ終わった食器も返却口に運ぶことになっているので、お店の方は調理と出来上がった料理を運ぶことに専念できるという仕組みです。このシステム、すごくないですか?これを初めて見た時には感心したものです。今年は紙幣と500円硬貨が刷新される予定になっています。お店ではそれに合わせて新通貨に対応した券売機への変更が求められますが、この為の費用も馬鹿になりません。お店を経営されてる方で経費を削減したいとお考えの方はこのシステムを是非参考にされては?とも思います。

▼前回つけものいしが食べた「お食事処 ふる里の光」の「広島風つけ麺」

6DBD12B9-F280-475C-AE21-3110AB3A9C35


この日訪問してみると、例の『お手製の券売システム』は健在でした。ただ、幾分メニューの品数が減った様子で、置かれていた場所も以前の入口の正面から入口左手に変わっていました。

49EE34E0-8162-4B85-AFF5-89B7B401FD27


メニュー内容は冬用メニューに一新されたようでこの日提供されていたヌードルメニューは「牛肉鍋焼うどん」と「和風マーボー鍋焼ラーメン」それから「味噌バター鍋焼ラーメン」の3種類。ここから「和風マーボー鍋焼ラーメン」の食券を手に取り店内へ向かいます。食券を渡しカウンター席に座ろうとすると『暖房をつけたから』とお座敷内のテーブル席に案内されました。

8BB765B6-1EAD-491F-B9F9-AE00EE4B7D4D


セルフのお冷やを求めて席を立つと、給水スペースにとても懐かしい光景が!

DDCEAE59-B2E2-41D4-9AB7-67DDDD3FD468


「食卓カバー」とか「フードカバー」とか呼ばれるもので、虫や埃から食器や食品を防護するために使います。上に被せるだけの網状のカバーですが最近では蚊帳を使うこともなくなってしまい、このタイプのアイテムを見掛けることも少なくなりました。たまに見掛けるとトキメキますね♡そのままほっこりとした気分でいただきます。つけものいしが「麺屋 はらだ」の「和風マーボー鍋焼ラーメン」を食べました!

2AFACBD9-4094-4680-BBA2-8517E470869D


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

3FD62020-3A49-43EA-A342-64D726B7EA91


おにぎりと沢庵が付属してます。上から見ると麺が確認できないのでほぼ『麻婆豆腐』ですね(笑)

18016386-EAD1-4AC1-ACB4-7E977C9F4378

586F6194-B93D-4AB3-A99B-0964EF2D96DB


スープはとろみのある麻婆豆腐です。辛さは控えめ。和風というだけあって刺激の少ないライトな味わいですがとにかく熱いです。鍋焼なので熱いことは予測がつきますが予想以上の熱さで驚きます。更に辣油が落とされた箇所は一際熱く感じるので冷ましながらゆっくり食べることを心掛けましょう。

7B827186-7901-4FCD-8BA4-DF2497A42D55


麺はストレートの細麺です。とろみのあるスープにホールドされて麺を持ち上げる際に少し力が要りますが、この麺はかなり物理的に伸びる麺なのであまり勢い良く持ち上げると麺が千切れ、その際に起こるスープの跳ね返りが熱いのでご注意ください。もちもちとした弾力のある麺でかなり柔らかく、啜ると「チュルチュル」と口の中に入ってきます。スープはもちろん良く絡みます。

635DAB12-91C3-4E73-9FE4-B49A7D1997AA


具材は麻婆豆腐。豆腐、挽肉、ネギです。豆腐の表面には強い張りがありここだけ触ると硬めの印象を持ちますが、ひと度砕けると「プリッ」とした柔らかな食感を感じることができます。それと共に豆腐の豊かな香りが広がり大豆の濃厚な風味を堪能できます。

BE369967-50EC-43B9-90A1-0BE4CC3D66DA


提供時に「おにぎりは残ったスープの中に落として雑炊としても食べられます。」と伝えられましたがそのままいただきました。初めて見る海苔のまぶし方でしたが、ご飯にくっついている部分はしっとりと、ご飯から離れた部分はパリッとした乾いた食感で、なかなか面白いおにぎりでした。

A18C4B0A-C723-4FFB-A6ED-87EE9D017B05

5001C54B-67B7-475F-8F0A-B3258DFB0B6E


食器を返却口まで運んで退店します。

1DF9354E-C963-4A4B-A640-4E156C2B60CC

30787B1B-7253-456C-9CC3-E171A6CE11BE


恐らく夏場は再び「広島風つけ麺」が復活すると思われます。また夏場に覗いてみるつもり。「麺屋 はらだ」の「和風マーボー鍋焼ラーメン」ご馳走さまでした。

カキーン!「麺屋 はらだ」制覇!

麺屋 はらだ(お食事処 ふる里の光)
0820-50-4101
山口県熊毛郡平生町大字曽根282-3
11時から14時30分 ※土日のみ営業
月曜〜金曜休み
店舗前に駐車場あり