つけものいしのラーメンブログ「山口ラーメン部 今日のホームラン!」

山口県を中心としたラーメンブログです。 #山口県 #ラーメン #つけものいし #岩国 #柳井 #周防大島 #熊毛郡 #光 #下松 #周南 #防府 #山口 #宇部 #山陽小野田 #萩 #美祢 #長門 #下関 #ラーメンブログ

山口市

山口県内のラーメンを提供するお店の全軒訪問を目指す「ラーメン部」の活動記録。これまでに訪問したお店は700軒超。ラーメン部員「つけものいし」が満塁ホームランみたいなラーメンを見つけるべく、だらだらとラーメンを食べてレポートをします。それでは!プレイボール!

旅行や出張などで山口県に来られ、山口県でラーメンを食べたい方の参考になるように必要な情報を集めたいと思います。市町村ごと、特集などにカテゴリーが分けられているのでそちらをご利用ください。

#ラーメン #山口 #つけものいし

かがわラーメン 六助@山口市 #六助 #かがわ #チャーシューメン #ラーメン #焼いも #豚みそ #山口


こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

5A29CB0B-35A1-466E-BEDF-2F91DA633B87


山口市にある「かがわラーメン 六助」に行ってきました。山陽小野田市に店舗を構えておられた時に一度訪問していますが、こちらに移転されてからは初めての訪問となります。

▼以前の店舗でつけものいしが食べた「ラーメン」

127CD37B-2611-45FA-A5EC-A13919CA0297


とても地元の方に愛されたお店で、地域に根づいた人気店という印象が強かったことを覚えています。こちらに移転されてからの店名を見ても『かがわ(嘉川)』に根づいた営業をしようとされているのが分かりますね。曇天の中、繁華街とはかけ離れた景観を走り、お店に到着したのは開店時間の15分前。駐車場で開店を待ちます。

509F2BEF-1EBF-4B29-83BA-AB06CEC90DC9


店頭には障害を持たれる方に向けた優先駐車場や、自転車で来店される方用に自転車スタンドなどが設置されています。様々な客層に対応されていてとても好印象。

412F8475-4321-4A65-8D1E-B29B96D1325F


旧店舗にもあった「焼いも」の販売は健在の様子。やがてオレンジ色の暖簾が掲げられ開店を教えてくれました。

6BD23CD8-B6F4-45B0-9CBE-2FF8592630D3

42E9DBC5-EC52-45DF-8489-18C7B49D41A4


入口の右手に券売機がありました。この後に他のお店も訪問予定のためサイドメニューは遠慮して、代わりに「ラーメン」よりも少しだけ増量となる「チャーシューメン」の食券を購入しました。ちなみに「焼いも」」は1個100円でした。

03306407-7930-46C8-A5DD-19850DDE167D

E2139BE9-B83B-4606-9AEF-AE7F03468F15


入口の右手(駐車場側)に沿って長いカウンター席があります。このカウンター席の1番奥に座りました。背中面にテーブル席があり、その奥が厨房です。

04F6D5AC-8886-4F03-87F3-4F877EF9B976


目の前に食べ方をレクチャーする貼紙がありました。メンマやチャーシューを食べる際に一度スープにくぐらせてから食べるみたいです。確かにスープをまとった具材はとても美味しいですよね。これに従って食べてみることにしましょう。つけものいしが「かがわラーメン 六助」の「チャーシューメン」を食べました!

5A29CB0B-35A1-466E-BEDF-2F91DA633B87


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

C4547075-B58B-47AA-B27B-3560A2F2B4E6

1EBB69BD-1198-44AA-A8A4-9CC4BFC86D09


前回食べた時にはなかった『六助』の文字が丼にあります。この丼欲しいなぁ(笑)スープは背骨と丸骨から取られた豚骨です。茶色に緑色を加えたようなかなり濁った色をしています。「宇部ラーメン」のスープの色に近いですね。まったりとした口当たりの濃厚な豚骨でとても美味しいです。

97FC482F-4A25-4DD2-937E-30D662D55808


麺はストレートの細麺で硬さは普通でお願いしました。食べ方のレクチャーで具材をスープに絡ませて食べるというのがありましたが、この麺もスープをしっかりと浸して啜ると美味しいです。濃厚なスープに負けない存在感があり、良いバランスが保たれています。

23892B5E-E130-44C1-B0F1-E631659745B4


具材はチャーシュー、メンマ、ネギです。新たに「豚みそ」というトッピングもありましたがこの日はスルーしてます。

E55E1FFD-B293-4990-88EB-CED1F0A8D9EC


チャーシューはビロビロとした食感のバラ肉です。さほど厚みはありませんがとても柔らかく、やはりスープを浸して食べると絶妙の美味しさ。お店のオススメの食べ方は間違いないですね。

707083DB-5625-4C73-B136-D47CEEA4A109


メンマはとても色濃い物です。しっかりと塩味の効き、コリコリとした食感を楽しめます。チャーシューやメンマも「宇部ラーメン」のそれとよく似た印象。

563D7490-388F-44CD-9767-6E1890DD0689


丼に口をつけて美味しいスープを飲み干すと、お店からの素敵なメッセージが現れました。『完食こそが何よりの喜びです』美味しかったからね(笑)そりゃ、飲むよねwww退店する頃には多くのお客さんで大半の座席が埋まっていました。もうすっかり『かがわ』に馴染んでいます。『かがわ』のラーメンとして根づくのも時間の問題でしょう。「かがわラーメン 六助」の「チャーシューメン」ご馳走さまでした。

9B083D22-7691-48BF-9F2E-33F15C62A7F1


カキーン!「かがわラーメン 六助」制覇!

かがわラーメン 六助
090-4694-3345
山口県山口市嘉川1546-4
11時から14時、17時から20時
火曜・水曜休み
店舗前に駐車場あり



辛麺 龍輝 湯田店@山口市 #龍輝 #たつき #辛麺 #宮崎県 #日ノ丸 #東風屋 #山口 #宇部


こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

6F924783-E093-43B7-A17D-6DBA72FD089A


今回かなり書きました。長編です!

1C0AB095-DC18-4942-BE0E-DF16C0FF860A


今日は早い時期から山口市への遠征を予定していました。Facebookの「山口県ラーメン好き集まれ♪」を閲覧していた時に見つけた「辛麺 龍輝 湯田店」に関する投稿。投稿主は同店のオーナーNさん。内容は2月4日からランチ営業を開始されたとの事でした。宇部市に本店を構える「辛麺 龍輝」ですが、夜専門の営業形態のため訪問することができず未訪問のまま宿題として残っているお店です。湯田店を出店されたことも知ってはいましたがやはり夜専門の営業形態のためこちらも未訪問で残っていました。ここにまさかの朗報が飛び込んで来た訳です。この瞬間、今日の山口市遠征が決まったのです。ところが今日は山口市でハーフマラソンが開催され、市内の多くの道路が通行止めになるイレギュラーな日。山口市遠征はするものの「辛麺 龍輝」までのプロセスには工夫が必要でした。つけものいしがいつも利用する国道262号線を使うと湯田方面に向かう途中で複数の規制があり危険と判断。発想を転換してまず小郡へ向かい、ここで1軒訪問することにしました。

▼つけものいしが1杯目に食べた「嘉川ラーメン 六助」の「チャーシューメン」※記事は後日アップ予定

69E01437-BBB5-41BA-BF0E-9C123BF8350D


「嘉川ラーメン 六助」で1杯しばいた後で湯田方面に移動します。11時30分を目安に通行規制は解除されています。目立った渋滞に引っかかることもなく湯田まで移動することができました。かなり前置きが長くなりましたがようやく本日のお目当て「辛麺 龍輝 湯田店」を訪問しました。

7C493943-8A39-4B4A-B1A6-7FBC232CB1F0

76BB492C-FDDB-4B2B-8C9B-2FEE051C086E


お店は「湯田温泉 湯けむり横丁」の中にあります。初めて訪問する「湯田温泉 湯けむり横丁」ですが、訪ねてみてびっくり!「辛麺 龍輝 湯田店」はこれまた夜専門の営業形態で宿題店となっている「朝までHAJIME」と隣り同士で営業されていました。(朝までと入力してHを入力したら「HAJIME」が予測変換候補筆頭に登場してびびるつけものいし((((;゚Д゚))))iPadすげぇwww)

1C0AB095-DC18-4942-BE0E-DF16C0FF860A


そして、こちらが念願の「辛麺 龍輝 湯田店」です。店頭に何かを攻略した勇者達が紹介されていますがこれは何のことか分からず一旦スルー。そのまま入店します。※後ほど判明。店内には厨房に男性が1人。男性は店舗オーナーのNさん、その人でした。先客もなし。

5B53118A-5DFB-4BFA-A725-E8CDA655AB39

12FACF32-AD95-41F4-8195-559B5F3C24C7


入口から奥に向かって伸びるカウンター席の端っこに座ろうとしたらNさんがこちらにどうぞ♪と広いカウンター席へ誘導して下さいました。促されるままホール中ほどのカウンター席に座ります。

91C701A9-D6AC-4F43-A21A-26196D7FE236

EFD32D6B-5D24-44F3-8C96-336A0A40F34F


そもそも「辛麺」は宮崎県のソウルフード。最近ではカップ麺にもあり、ヘルシーだと言うこともあり、女性に人気のメニューです。卓上のメニューから「たまご麺」をチョイスし、辛さは弱気に2倍を指定。若い頃は辛さに強いと思っていましたが実はあまり強くない事が判明したのです(T_T)ちなみに周南市の「辛麺 日ノ丸」同様、まず麺の種類を「たまご麺」「うどん玉」「こんにゃく麺」の中から選びます。その後、辛さと追加のトッピングをオーダーするスタイルです。

80BB1E50-DDCB-4B4C-B8BE-BC8859764C0E


ハーフマラソンのせいなのか、まだランチ営業を始められたのが知られていないのか、つけものいしの後に来客はありません。店内にはNさんと2人きり。おかげでNさんと少しお話することができました。そのお話の中で色々と教えていただきました。Nさんは元々はお寿司屋さんだったこと。「辛麺 龍輝」の「辛麺」は宮崎県の「元祖辛麺 東風屋」(「食べログ」評価「3.20」のお店です。)の直伝であること。とても穏やかな雰囲気のオーナーさんでとても気さくな方でした。Nさん、ありがとうこざいます♪それでは悲願のメニューをいただきます。つけものいしが「辛麺 龍輝 湯田店」の「辛麺(辛さ2倍)」を食べました!

6F924783-E093-43B7-A17D-6DBA72FD089A


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

A1C93A0B-461E-44E3-AFAE-20ABC97570D6


辛さ2倍なのでさほど辛くないはずなのですがしっかりと汗をかきます。辛さよりも熱さの方を感じますね。韓国唐辛子を使われているそうで、その特徴を消さないためにスープは強い火力で調理されており、それをそのまま丼に投入されているようです。想像以上に身体が温まるのでこれからの寒い時期には売ってつけですね♡

AE50DE67-B584-4D3D-A83D-439BC7BC49FD


麺はオーダーしたたまご麺です。緩く縮れた麺で程よい弾力があります。麺のチョイスによって感想は変わるかも知れませんが、ラーメンに1番近いのがこれ。「こんにゃく麺」ならより低カロリーでヘルシーです。

4585285A-279F-4142-8788-1C699F93EFA8


具材は鶏肉、ニラ、溶き卵、唐辛子です。とてもシンプルな具材ですが実はとてもバランスが良い構成です。鶏肉は大きさこそ小さいものの柔らかくとてもジューシー。それから溶き卵が「ジュルジュル」の食感で、スープを飲む時にも不意に口に忍び込んできます。「トロトロ」と「ジュルジュル」の中間ほどの食感で独特の味わい。美味しいですね♡周南市の「辛麺 日ノ丸」の「辛麺」には丼の底ににんにくの塊が潜んでいましたが「辛麺 龍輝」の「辛麺」にはにんにくはありませんでした。にんにくを所望される場合は、注文の際に増量が必要かも知れません。

FA76DEDC-C815-4BD2-AD92-6C007D70E842


つけものいしが座った席の正面に貼紙がありました。「辛麺」とは別物の「辛玉うどん」のラインナップと「チャレンジメニュー」の告知です。「チャレンジメニュー」は虎と龍がチャレンジに立ちはだかる模様。攻略に成功したら報酬が支払われるようです。店頭の猛者どもはこれに打ち勝った猛者だったんですね(笑)つけものいしにはとても無理だと思います(泣)

C6252BB1-3D5C-4A0E-971B-5177C9AEFB55


宇部本店は夜専門の営業です。お昼時に「辛麺 龍輝」の「辛麺」を食べたい時は山口市の湯田店まで足を伸ばせば食べることができます。近くにあるホテルからも徒歩圏内ですし、山口県にありながら宮崎県のソウルフードを感じられる貴重なお店です。他県からお越しの皆様も是非食べて行って下さい。「辛麺 龍輝 湯田店」の「辛麺(たまご麺・2倍)」ご馳走さまでした。

カキーン!「辛麺 龍輝 湯田店」制覇!

辛麺 龍輝 湯田店
090-9410-0397
山口県山口市湯田温泉3-7-7-1
11時30分から14時(※オーダーストップ13時30分)、18時から翌1時30分
不定休
(付近の有料駐車場) ※「メンガチョ!」のりさんより詳細情報をいただきました
「湯けむり横丁」左隣りの駐車場・・・60分100円
「湯けむり横丁」向かいの駐車場・・・30分100円

九州山口食蔵 船木屋@山口市 #船木屋 #水炊きラーメン #博多もつ鍋 #水炊き #鶏骨 #BarStance #RukkaCOFFEE #ルッカコーヒー #山口


こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

1ED0FCC9-7A5C-4D2D-B2C0-B7501CACB764


先日の日曜日のこと。朝から山口井筒屋で開催されていた「全国うまいもの大会」の茶屋で提供されていた「麺屋 宗(東京都)」のラーメンを求めて山口市に移動したつけものいし。

▼つけものいしが食べた「麺屋 宗」の「匠の味玉らぁ麺」

D151A455-A4F8-4269-835A-AB4BB98AABD9


まんまと念願のラーメンを食べ次の訪問先を模索します。あらかた目星はつけておきましたが移動可能となる時間(この時12時20分ごろ)に応じてお店を選ぼうと考えていました。つけものいしが流星号のナビに住所を入力したのは山口市の博多もつ鍋と水炊きのお店「九州山口食蔵 船木屋」です。文字通り、本場博多のもつ鍋と水炊きを主に提供されているお店ですが、ランチタイムにはラーメンを提供されています。このラーメンを目当てに移動しました。

F1C4D053-1A46-4235-8163-D5A4716F3589


店頭の駐車場に流星号をねじ込み静かに入店します。

E2942CBC-17D5-49B9-BA1A-84FDD0DC2032


やや薄暗い店内ですが、入口の正面から奥に向かってカウンター席が伸びます。右手の手前の席には若いお母さんと子供さんの先客。右手の奥には座敷がありました。正面のカウンター席のイスは丸太(≠MALTA)になっていたのでここに腰掛けることにしました。

3F1974C2-5170-4A70-AF82-8504E8D4041A


店主らしき男性が物静かに、そして丁寧に接客してくれます。とても穏やかな印象の男性で、手前の席の親子に対しても腰が低く、誠実に対応をされていました。きっとお客様の1組1組に感謝の気持ちを持って対応されているんだろうなぁと感じられ、とても好感が持てます。卓上のメニューを手に取ると店主が『ランチタイムはラーメンのみの提供』である旨を教えてくれました。こちらの目当てもラーメンです。ノープロブレム♪

63AB2E69-0063-4B1B-87AC-883B68F8AC92

CF875055-6D32-4030-90F5-CBC65AA6206B


ラーメンメニューは「博多鶏骨水炊きラーメン」と「地鶏ラーメン」の2種類。夏場はここに「船木屋辛めん」が加わるようです。「博多鶏骨水炊きラーメン」を注文しました。つけものいしはそもそも本場の博多どころか『水炊き』そのものをあまり食べたことがありません(^_^;)なので『水炊き』と比較することはできませんのでこのラーメンが美味しいか、そうでないかで判断することになります。ご了承ください。つけものいしが「九州山口食蔵 船木屋」の「博多鶏骨水炊きラーメン」を食べました!

1ED0FCC9-7A5C-4D2D-B2C0-B7501CACB764


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

51C62924-95DA-4E41-BA09-8F7BB83A0DF3


スープですが・・・。一口飲んで驚きました!想像を絶するほど濃厚なスープです。鶏ベースのスープのイメージは薄口で、どこかさっぱりした味わいという風にいつの頃からか自分の中で定着しつつあったのですが、これを真正面から叩き壊されたと感じるほどの強い衝撃。程よい塩味でふくよかな鶏の香りと味わいが、ゆっくりとスローモーションで舌の上に広がって行くようなまったりとした食感。鼻腔を抜けて鶏の香りが外に漏れているのではないか?と感じるほどの深く濃厚な味わい。ズバリ!抜群に美味しいです!

39C67D53-235D-4063-9AED-F0AA8DE9B1DF


鶏ベースのラーメンスープでこれほどの感動を受けたのはいつ以来だろう?恐らく何年か前に食べた宇部市の「三代目 YUTAKA」の「炙りチャーシューとりSoba」以来じゃないかと思います。

▼つけものいしが食べた「三代目 YUTAKA」の「炙りチャーシューとりSoba」

C6284077-464D-4BFF-B498-1FB828827BE9


丼のスープを見つめ呆然とするつけものいし(笑)傍から見たら魂が抜けたように見えたかも知れません(笑)とにかく美味しいスープですね♡

4B35959E-8D6D-4C89-B239-BD8CAA38C324


麺はストレートの極細麺です。全粒粉の麺ですがとても細く、食感も素麺を感じるほどの柔らかさです。そういう意味では存在感のある強い麺ではありませんが、濃厚なスープをしっかりと絡め取り、口に含んだ時には実に味わい深い麺として満足させてくれます。麺量は普通ですが100円の追加料金で替玉できます。

8C3BF8A2-A82F-4122-8F20-EF28E4AE612D


具材はチャーシューとつくね。薬味としてネギ、白ごま、柚子胡椒です。

581C5C16-5183-4D94-9072-4DC4367FD51F


特筆すべきは店主自慢のチャーシューです。このチャーシュー、とってもとっても柔らかく、箸で摘もうとしても摘んだ所からポロポロと崩れてしまいます。こんなに柔らかいチャーシューも久しぶり。とろっとろの食感のチャーシューで、これが美味しくない訳がない(笑)まさに絶品!

4FA0C5F1-590E-4359-B030-076E8FD6F1CB


つくねはややポソポソとした食感ですが、総じて柔らかな食感の1杯において異質の食感を放っていました。鶏の香りが感じられる仕上がりです。濃厚なスープなのでシャリシャリとした食感のネギが引き立っていました。白髪ねぎですがとてもみずみずしく食感もしっとりと柔らかいので口の中をリセットできます。白ごまは風味添えでしょうか?バランス良く具材が配置されています。

5BBEFD41-C45B-4C26-B699-C043994E6758


それでもスープがしつこく感じたなら丼の縁に盛られた「柚子胡椒」を溶くと、濃厚なスープに柑橘系の爽やかなテイストが追加され食べやすくなります。どこまでも気遣いが施された感謝の1杯。スープはもちろん完飲です。

65E13EA4-0D09-4B17-9719-DC9E1934B2F5


とても美味しい1杯です。しかも650円。お得過ぎる(இДஇ )このラーメンは博多の『水炊き』から派生した1杯です。ラーメン製作の過程は違うと思いますが、実はこの味に似た味のラーメンを過去に食べたことがあります。どこか?岩国市の「Bar Stance」です。このお店は夜のお店(Barです。)なんですが、そこで提供されていた「鶏白湯ラーメン」が美味しいと評判になり、いずれランチタイムに提供されることになったという逸話を持つお店。

▼つけものいしが食べた「Bar Stance」の「鶏白湯ラーメン」

9D6E5EE5-A3AD-490F-AD80-7F8EB4379E6C


丼の構成やその味わいなど、この「Bar Stance」の「鶏白湯ラーメン」には何か似たような物を感じます。ちなみに岩国市の「岩国錦帯橋空港」の中にある「Cafe Dining Rukka COFFEE(ルッカコーヒー)」も「Bar Stance」と同じ経営者のお店。なので「Cafe Dining Rukka COFFEE(ルッカコーヒー)」でもこの「鶏白湯ラーメン」はメニュー化されています。つけものいしが思うに十中八九「Bar Stance」と「Cafe Dining Rukka COFFEE(ルッカコーヒー)」の鶏白湯ラーメンは同じレシピに基づく物だと思っていますが、つけものいしが「Cafe Dining Rukka COFFEE(ルッカコーヒー)」を訪問した際には鶏白湯ラーメンは完売しており、仕方なく「柔らか三枚肉の沖縄そば」を食べたんですね(^_^;)

▼つけものいしが食べた「Cafe Dining Rukka COFFEE(ルッカコーヒー)」の「柔らか三枚肉の沖縄そば」

0ACA2AB2-6995-44C1-96FD-31611E1ED17E


なので同じ物かどうかの判断はできないのが現実(泣)今度機会があったらもう一回「Cafe Dining Rukka COFFEE(ルッカコーヒー)」に行って「鶏白湯ラーメン」を食べてみますよ♪ともかく、つけものいしがこれまでに食べた鶏ベースのラーメンの中でも最高ランクに位置する1杯です。お手頃価で山口大学の学生さん達が羨ましい。一人でも多くの方に味わって貰いたい逸品です。「九州山口食蔵 船木屋」の「博多鶏骨水炊きラーメン」ご馳走さまでした。

カキーン!「九州山口食蔵 船木屋」制覇!

九州山口食蔵 船木屋
083-921-2668
山口県山口市三和町17-42 ホワイトパレス2番館104
11時45分から14時、17時45分から22時
火曜、木曜の昼の部休み
店舗前に駐車場あり

ラーメン 風来坊@山口市 #風来坊 #豚骨らーめん #山口駅 #山口 #まる○龍 #山の田ラーメン #大将


こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

0A22E62B-171E-49A5-8AC5-6430BC55E345


先日、山口市の「山口井筒屋」での物産展にお邪魔しましたが、その帰り道でのこと。この日は珍しく山口駅前を抜けて帰るルートを選択しました。「山口井筒屋」から山口駅に向かい、山口駅の真ん前まで流星号を走らせ、国道262号線に向かうべくここを右折。しばらく走ると左手に今まで見た覚えのないラーメン屋さんを見つけました。急ブレーキ気味に減速してそのラーメン屋さんの前に流星号を停めます。おもむろに流星号を降り、お店に突入。駐車場の場所を確認して流星号をねじ込みました。訪問したのは山口市に新たにオープンした「ラーメン 風来坊」です。

85A7ECE9-C59C-4703-9F61-7FE4272020EE

FE698494-4CDD-4565-9603-BDC7BBF36CB4


偶然見つけた格好ですがお店のオープンの情報は聞いていました。(ここだったのか。)というのが正直な感想。入口に向かうと店頭には「学割」の文字がありました。お店の近くに山口大学もあることから、その立地にそくしたサービスも行われている様子。とりあえず入店します。

E6317BDF-ABC7-4906-AA7E-F97F360520B4


入口を入ると正面左手にカウンター席。右手にテーブル席が配置され、券売機は入口の左手奥に設置されていました。カウンター席の奥には女将さんらしき女性が1人おられました。

55288EA3-91C6-467A-BFC9-59D1A2D59485


とりあえず券売機に向かいメニューを確認。取り扱うラーメンは「豚骨」「塩」「醤油」「辛味噌」「白湯」の5種類とオールマイティーな印象。メニューから見る限り、あまり個性的な文言は見当たりませんが、この中で唯一つけものいしのアンテナに強く響いたのは『らーめん雑炊』というメニュー。あいにく「山口井筒屋」の物産展でラーメンを1杯食べているので『らーめん雑炊』はチャレンジしませんでしたが県内でもあまり見かけないメニューなのでいずれ食べてみたいと強く心に誓います。ここは無難に「豚骨らーめん」の食券を購入しました。

D090E00F-6874-4C8C-A98F-70ACA25C5CFF


入口左手のカウンター席に座りました。イスの高さが低いのか、いささかカウンター席の方が高く、やや食べづらい印象を覚えます。この時の店内には女将さんとつけものいしだけ。カウンター席の向こうの女将さんはとても親しみやすいキャラクターで、接客に慣れているのか会話もスムーズに運びます。この日はさっき轟いた「SL山口号」の汽笛について話しました(笑)手際よく作業されて程なく着丼。つけものいしが「ラーメン 風来坊」の「豚骨らーめん」を食べました。

0A22E62B-171E-49A5-8AC5-6430BC55E345


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

56D26FDD-CE40-4CF4-BC6A-2F6ACFCFE71F

481C8828-F506-45AE-9136-6B7654546436


スープはサラッとした質感ながら深みのある豚骨です。濃厚と風には感じませんが、じんわりと豚骨の持ち味を伝えてくるタイプで、個人的に思うのは下関市の人気店「山の田ラーメン」「ラーメン まる○龍」のラーメンに似た印象を持ちました。周南市の「ラーメン 大将」のスープにも似ているかも知れません。いずれも人気店なのでそれらのお店の味に近いとなるとこれからの活躍に期待が持てるスープですね♡美味しい。

8C9C8711-5828-4DD0-BC15-A312FCF1A0CA


麺はストレートの細麺ですが、硬さの方は比較的柔らかめ。もう少し硬めの食感でも良さそう。もっと言うと、ザクザク感のある強い食感を持つ麺でも合いそうな気がします。なんせスープは美味しいんだから♪

EA232310-ECB1-4119-B7CE-55516D2BE991


具材はチャーシュー、キクラゲ、ネギと至ってシンプル。この構成も先述の「山の田らーめん」や「ラーメン まる○龍」を彷彿とさせます。チャーシューはしっとりとした質感ながら肉厚で肉の弾力を堪能できるもの。下味などは付いておらず、肉本来の味わいで勝負されています。キクラゲはコリコリとした食感があり、ここからも「ラーメン まる○龍」っぽさを強く感じます。特に味わいに影響を与える訳でもないのでこれは食感要員ですかね?ネギは多めであっさりと食べさせようとする工夫を感じます。キクラゲやネギに関してはボリュームあり。そのへんのお店よりも多目ですね。

655AE62F-3C5C-439F-AB80-1FF4D5BFB2A9


正直、下関市においては本丸の福岡県の豚骨ラーメンに似た味わいを体感できるお店はありますが、山口市まで来るとたちまちそういったお店に出会うことが難しくなります。このいった現状を踏まえると、この「ラーメン 風来坊」の「豚骨らーめん」は山口市において下関市の人気店の味に近い味を楽しめるお店としてとても貴重な存在ではないかと思います。学割もありますし、より多くの方に試してもらいたい味ですね。「ラーメン 風来坊」の「豚骨らーめん」ご馳走さまでした。

カキーン!「ラーメン 風来坊」制覇!

ラーメン 風来坊
山口県山口市惣太夫町1-5
電話番号不明
11時から15時、17時から23時
火曜休み
店舗横に駐車場あり

お食事処 香山(こうざん)@山口市 #豆乳ちゃんぽん #香山 #長州苑 #瑠璃光寺 #ほりちゃんとうふ #山口


こんにちは。つけものいしです。記事内の色文字(スマホ赤・PC青)はクリックで関連記事へ飛びます。

963E94BA-23F2-444B-95DA-E46824234D17


つけものいしは未だにiPhone6を使っています。ところが、こやつが最近頻繁にバッテリー絡みのアクシデントを起こします。バッテリー残量90%以上であっても、カメラで撮影してたら突如としてブラックアウトするのです。iPhoneを再起動しようとすると決まってバッテリー残量は11%。画面には充電を促す表示が提示され、再起動もままなりません(泣)なのでそれを克服しようとモバイルバッテリーを常に所持してラーメンを食べに行っています。この日もモバイルバッテリーが功を奏して無事に撮影することが出来ました。

5F3BD817-EBAD-4E11-9BE1-11C06BA39937

27C7BD95-4E1F-404A-830A-7D131DBB1140


訪問したのは山口市にある「お食事処 香山(こうざん)」です。山口県庁に近い瑠璃光寺の近くにお店はあります。瑠璃光寺の訪問者が駐車する駐車場の隣りに「長州苑」というお土産屋さんがあります。

A8ECD2AA-7632-4BE8-9D5D-8272DDBA14D0


食事も兼ねた施設ですが、その隣りに建つ食事処が「お食事処 香山(こうざん)」です。

439DB0EA-F670-4F35-BC41-C11695C6D6CF


建物の構造上、お店から瑠璃光寺を眺めながら食事をすることはできませんが、山口県の名物でもある「瓦そば」の提供をするお店です。このお店で「ちゃんぽん」が食べられると聞きやってきた次第。ちょうどお昼時と言うこともあり、訪問時には満席の看板が立っていましたが少しばかり時間を潰すと満席の看板がどかされました。このタイミングで入店します。

FD1C9236-7903-4BAE-8EDE-45A8E418F952

90162DF1-F74F-4438-A646-38758D5CA902


このお店の看板メニューは「瓦そば」と「担々麺」それから「豆乳ちゃんぽん」です。このお店ならではのメニューを、と思い「豆乳ちゃんぽん」を注文しました。メニューによると『ほりちゃんとうふ』の豆乳が使われているようです。『ほりちゃんとうふ』?何だそれ?って事で『ほりちゃんとうふ』の検索に掛かります。

D3070CF9-8212-4D49-A5E4-0E81A909EC1E


検索した結果『ほりちゃんとうふ』は「堀豆腐店」が作る豆腐の事だと分かりましたがそれ以上の情報は乏しく、あまり詳しくは分かりませんでした。ともかく「ほりちゃんとうふ」製の豆乳を用いたと思われる「ちゃんぽん」が着丼しました。これを早速いただきます。「豆乳ちゃんぽん」を食べました。

963E94BA-23F2-444B-95DA-E46824234D17


ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

B9DF2B34-0D8B-415D-8307-5DAB6A2C0088


スープは乳白色です。パット見、豚骨ベースのようにも見えますが、実際に口にしてみると豆乳の風味が柔らかく口の中に広がり、まったりとそれでいてさっぱりとした食感の優しい味わいでした。具材の魚介の風味や濃厚さはありませんが、豆乳の柔らかく優しい風合いはかなり独特で、これはこれでアリだなぁというのが正直な感想。個人的にはかなり美味しく思います。

F4E8DF74-F868-4E46-B8FF-5BA79A0A6129


豆乳ベースのスープといえば、岩国市の「G.labo Noodle」で「広島産牡蠣とキムチの豆乳鍋焼きヌードル」を食べたことがありますが、具材として添えられたキムチの酸味に疑問を感じたことがあります。

▼つけものいしが食べた「G.labo Noodle」の「広島産牡蠣とキムチの豆乳鍋焼きヌードル」

06442467-0D4C-4541-809E-D1FE5090D624


せっかくまろやかでトロリとした口当たりの豆乳スープなのに、ここに刺激のあるキムチの酸味が加えられていて違和感を感じて疑問に思ったのですが、この「豆乳ちゃんぽん」からはそのクセのある酸味は感じられません。改めて思いますが、このまろやかな豆乳スープには酸味は必要ないと思います。この方が断然美味しい。

BCF73C2C-9BE1-49A0-B660-6838438F95DD


丼の縁の付着物から豆乳を感じることができます。

DC3BAFEB-7CE9-4D15-AC4F-CE394E27028C


麺はもっちりとした食感の、強い弾力のあるストレート中太麺です。「ちゃんぽん」の麺としては王道ですが、その道を踏み外すことなく、弾力と柔らかな質感を楽しめるドンピシャの麺です。麺量は少なめですが、スープもよく絡みますし美味しく食べることができます。

EADADA42-8355-4CD9-9F16-0B792258DE5C


具材はちゃんぽんなので豊富ですが、豚肉、あさり、キャベツ、人参、ピーマン、キクラゲ、蒲鉾など。

22583415-7423-4403-9457-9A341526D13C


特筆すべきはピーマンで、あちこちのちゃんぽんを食べてきたつけものいしをしてもピーマンを具材として使っていたと認識しているのは周南市の「お食事処 木村屋」「食事処 木香里」のみ。

4192AFAD-94BC-4993-8B3C-C30E41023E39


意外とちゃんぽんの具材としては珍しいピーマンが入っていました。つけものいしはピーマンオーライの人なのでこれには満足。魚介独特の苦味なども好きなので、それらの味わいが感じられないのは残念でしたが、変わりに豆乳の豊かな風味を感じることができました。必然として「ほりちゃんとうふ」にも興味が湧きましたがこちらを試すのは先の話になりそうです(笑)「お食事処 香山」ご馳走さまでした。

カキーン!「お食事処 香山」制覇!

お食事処 香山(こうざん)
083-921-1118
山口県山口市木町1-6
9時から16時 ※ただし食事は11時から14時の間のみ提供
休みなし
駐車場あり
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索