書きとめておきたいことが次々と起こりつつも
日々のわたわたや、いろんな行事ごと、家族だれかしらのプチ不調。。。
でもそんなこんなもひっくるめて、変化がいっぱいの今年の夏です。

さつき3歳、陽樹は1歳になり
去年度は3回しかしなかった、家族そろってのお出かけも、今年度に入ってはや4回。

お花見はタイミングを逸したけれど、
6月にピクニック。
7月に、バーベキュー、そして看護師さんの舞台を応援に。
8月はイオンモールデビュー。
われわれながら、レベルアップしたもんです。
まだまだ続く8月お出かけ、今年は地域の交流会にも参加予定。
そして9月には、初の一泊温泉旅行。 ひゃー。
近くとはいえ、ドキドキです。

さつきの体調は、絶好調!とはいかなくて、
むしろ在宅を始めた去年の今頃よりは、不安定で波があるし 謎の現象もあったりするけれど
とうちゃんかあちゃんが、家族が、レベルアップしているから
そういうのもありつつ、でも日常を楽しく過ごすのが上手になってきたようです。

今年のテーマは、「世界を広げる」。
去年は、とにかく在宅生活を軌道にのせて、安全第一で無理せずお家で過ごすことを中心に。
結果無事にオールシーズン経験できたので(大入院もしたけれど)
ひとつには お出かけの世界を広げる=今年はちょっと回数を増やして、距離ものばしていくことが目標。

着々実行中。

そして、ふたつめに、関わりの世界を広げる ということで
そのいち、念願の、在宅リハビリがスタート。
そのに、新しい医療福祉センターの見学と体験。
こちらも順調です。
願わくば、そのさん、地域の療育センターの門戸をたたく・・・まで
できればいいな。

書き連ねるだけでも、ちょっと嬉しい、そして夢がふくらむ気分です。

さらにこの夏は、医療者の方々に向けて、さつきのいのちや生活について
発信する機会をいただきました。
思いがけず、またさつきと家族の世界が広がりました。
秋にもまた、お話の機会をいただきます。
しかもその時は、さつき同伴でお話させていただける、初の機会になりそうで
考えただけでも、いまからちょっとワクワクです。
。。。準備はぜんぜんこれからやけど。
伝えたい思いはいっぱいなので、とりあえず時間配分には気をつけよう。

事故のことだけでなく、いのちのこと、在宅医療のこと、
さつきを通じて教えてもらったたくさんのことを皆さんにお伝えできるのは
本当にありがたいことです。
そして何より、どの機会でも自分がたくさん勉強させてもらえる。
それは頭とココロの栄養になって、また明日から頑張るチカラをもらえます。
素敵な出会いや嬉しい再会もあり、元気ももらえる。
そんなひとつひとつの場所に、感謝しつつ 大切に向き合っていきたいです。

先週は、この夏最大のイベント、関東遠征。
さつきの事故を中心に、保育研究集会の討論分科会に当事者として参加したり
厚生労働省のファミサポ担当課に面会いただき、事故の教訓を生かした制度改善のため
申し入れを行ってきました。
なかなか夫婦そろっては行けない関東、さつきショートステイの協力もいただき、
陽樹もつれて、えいやっ!と4日間。
すべての行程がとどこおりなく済み、ちょっとの観光と、お友達訪問も叶えて、
充足感?達成感? 満たされた気持ちと、ほどよい疲れの中で
家族4人がそれぞれの役割を果たした結果に、またひとつ前進した手ごたえを感じる
2013年の夏でした。

おっとまだ終わっていない

ここから先も、いいこといっぱいありますよう
一日ずつ、積み重ねていこう
ちょっと休憩もしつつ◎