こんにちは!

新年明けて、おめでたいわぁなんて思っていたら
4年ぶりの大雪やら大寒波やら、あっちこっちで給湯器が~水道管が~
と慌ただしくしていたら
あっという間の2月です。

不動産屋さんの宿命ですよね。笑
皆様のお宅のライフラインはご無事でしょうか?
また今週雪が降るとか降らないとか。
どうかこの寒さを乗り切れますように。


近年、私は自然の中に出かけることが増えました。
周囲からは山ガールだなんだといわれますが
その自覚はありませんし、まったく畏れ多いと思っています。
いうなれば只の山好きなんです。

年をとればとるほど 山の雄大な景色や緑の青さや雨の匂い、雪の日の静けさに
じーんと 訳もなく 感動するようになりまして。

ですから遠くに山を仰ぐのも好きですし、
高原を散策したり、トレッキングでも十分満足。
たまには登りますけどね。
なぜわざわざつらい思いをして登るのか?
よくそういう話になりますが
うーん。考え込んでしまいます。
そこで導き出した自分の答えですが。

登山は、複数人で登っても自分の体や精神との対話があります。
危険や身を守ることに対して常に一定の緊張感と責任があり
大変に消耗するものでもあります。
image1 (2)

対して、山からしか見ることのできない景色の美しさや高地に咲く花々の力強さ、
すれ違う人とのふれあいに心が休まったり、
ひとかけらのチョコレートの美味しさ、
ストーブで沸かしたインスタントスープの温かさに感激したり。
下山した後のビールは格別だし。。🍺
image1

その一つ一つが強い印象として残るからではないかなぁ・・・。
登っているときのしんどさも下りた後には吹き飛んでしまっているし(笑)

要は・・・ 『そこに山があるからさ』 って言葉にすべてが集約されていると!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°(笑)

年末年始は八ヶ岳の方にいたのですが
外に出るたびに
山を見てはじーん。。
ふかふかの雪に寝転んでじーん。。
満点の星空にじーん。。
温泉入ってじーん。。(温まった)

雪山は寒いし、慣れないので危険なような気がして嫌厭していましたが
たまには良いな☆と思ったお正月でした。





スノートレッキングをしてきました。
北横岳の景色。
image1 (3)



2月は蝋梅の季節ですね。去年見た長瀞の蝋梅。青い空に華やかな黄色が映えます。
image1 (4)




リフレッシュできました!
今年も頑張ってまいります~(* ̄0 ̄)/ 

駅近・家具付き マンスリーで手軽に東京生活を!
月極俱楽部が全力サポートいたします!
お部屋選びはこちらをご覧ください!


 
↑応援おねがいします!!( ´・ω・`)