夏への扉。 ・・・ って、猛暑を避けてるうちに9月も末だけど(汗。

DSC05948

それでも今だけ、ココロは 青春18きっぷ!

訪問日: 2014/09/28
 【 参考リンク:  当ブログの更新履歴2014市場カレンダー ニュース検索 / ブログ検索
  / 鮮魚最新情報(場外市場Web ) 】


前日の見舞いで、母のリハビリが予想より順調っぽく見えたことに気をよくして。
日曜は朝から遊びに出てみることに。 空は秋晴れ、お出かけ日和だね!

ピクニック・バスケット ならぬ 市場カゴ(笑 を抱えて、日本橋タカシマヤの「東北展」 へ。

DSC05942

例によって八戸の虎鯖棒寿司も出店しており、板長さんのブログによれば、今回はレギュラー商品の虎鯖に加えて 平目の棒寿司も新登場!とか。

ほかにもいくつか、買い物をすませて東京駅からJR京浜東北線に乗車。
・・・ 走ること30分弱、鶴見駅で 「鶴見線」 に乗り換え。

DSC05943

首都圏の鉄道の中でも、いささかマニアックな知名度があるという鶴見線。
再び走ること12分ほど・・・ その終点が、これまたマニアックな存在だという 「海芝浦駅」。

どんな理由でマニアックなのか?は、手抜きで悪いけど → ネット検索でどうぞ☆

ともあれホームに降りると、

いきなり 眼のまえ一杯に広がる 海~~~!

DSC05949

そして、空!!

・・・ 見はるかす対岸は、京浜工業地帯。

DSC05954

無骨なコンビナートの群れなのに、まわりじゅう 
光があふれて、潮風が吹いて、空が広い!

DSC05955

・・・ 夏の思い出に、青春18きっぷなんかで来るのにも相応しい場所かも、と思うけど。
これが実に、東京駅から片道388円(ICカード料金)で来られるんだからネ♪

DSC06026

ちなみに今回、ご一緒にと誘ってみた 鶴見在住の友人(♀) は、昼ちかくまで寝てたそうで。。。
まあ、当日いきなりの誘いだったから無理もないけど。


「 夏休みは、寝坊が一番もったいない。」
(2001年)
 ↑
余談になるけど 青春18きっぷ の広告は、キャッチコピーに秀逸なのが多いよね。
ちょっと引用など交えつつ・・・


「 あの頃の青を探して。」(2005年)

DSC06025

「 学校を卒業すると、春は黙って行ってしまうようになる。」(1999年)

DSC05986

「 いつかは、急がなければいけない日がくる。」(1990年)

DSC05987
(  昼間の電車は、2時間に1本  )

「 駅に着いた列車から、高校生の私が降りてきた。」(1998年)

DSC05985

( この駅は私有地だけど、一般者も楽しめるようにと小さな公園が設けられている。
 外に出なくても往復の運賃は必要なので、切符を買うか、Suicaの簡易ゲートにタッチ!
 飲み物の自動販売機やトイレもある親切仕様♪ )

DSC05984

「 大人には、いい休暇をとる、という宿題がある。」(2009年)

DSC05981

「 列車を降りると、かならず誰かのおなかが鳴った。」(1995年)

DSC05961

「 空気は、読むものじゃなく、吸い込むものだったと、思い出しました。」(2013年)

DSC05969

・ 虎鯖と平目の棒寿司 (1,620円 → 1,520円)
・ 鮎のわっぱめし (1,300円 → 1,200円)
 ※ Webクーポン 持参による割引価格。

お酒もタカシマヤで購入したもので、石川の 「白山」1,080円。
ビールは鶴見駅の売店にて購入。あらかじめ保冷剤の用意は必須!

【 追記(おわび) 】
誠に申し訳ありません。こちらには 「飲酒はご遠慮下さい」 との掲示があるそうで、
うかつにも今回の訪問時には気がつきませんでした・・・!

DSC05966

そんなわけで潮風に吹かれつつ、おひとり様の 昼宴会 でござい♪

次の列車まで 2時間ちかく、ほんとうに一人っきり。
ヨコハマ在住時代に海を見ながらお弁当を食べた山下公園の人混みとは別世界・・・(汗


虎鯖のウマさは言うまでもなく・・・ ニューフェイスの平目は、やさしく昆布で締めてあり、美味。
ただ、お米もヒラメも白いもの同士なので、単独で売るには見た目のインパクトが弱いかなぁ。
写真では、遠慮なく醤油をかけてしまって失礼☆

鮎のわっぱめし、これも良かった。
注文してから蒸すこと数分間、熱々で柔らかな状態で包んでくれる。
そのため1時間ほど旅をしても、じつに美味しく食べられた。
ごはんの中にも、ほぐした鮎の身がたっぷり混ぜ込まれていたのがGOOD!


おかげで、いささか昼酒がすすんで困ったけど(笑
ごちそうさまっっっ♪

・・・ そんなわけで、なかなか悪くない小旅行だったかも。

DSC05950


「 僕らが降りた終着駅は、誰かの旅の始発駅である」(2013年)


< 動画(2分33秒) > ← 今回、鉄っちゃんムービーっぽいかも☆



※ ご注意: JR海芝浦駅は、正確に言うと(株)東芝が所有する京浜事業所の一部であり、その敷地内の駅舎をJRが使用しているもの。
このため電車から降りても、改札から先は東芝の従業員または東芝の許可を得た人でなければ立ち入ることはできません。
上記のブログ記事内にある公園スペースは、改札を出なくても鉄道ホームの延長上で一般者が楽しめるように、との配慮で東芝が設けたもの・・・ だそうです。