なにはともあれ、食べてみよう♪

_DSC9794

訪問日: 2017/01/14
 【 参考リンク:  更新履歴 / 市場カレンダー2017年 / ニュースつきじろう料理帖

「江戸川」 があった店舗スペースが改装を終え、お寿司と海鮮丼の
「晶(しょう)」がオープン。

_DSC9796

開店までの経緯とか、いろいろ情報を聞いて気になっていたので
さっそく訪問を。

_DSC9793

特色のあるメニューとしては、海鮮を出汁でお茶漬けにする「六法」とか。
ネタを特製の醤油で漬け込んであり、そのまま途中まで食べて後半から
出汁をかけてどうぞ、というもの。
形としては「虎杖」グループの 海鮮ひつまぶし と似たイメージかな?

それと、うに椀の「小」ってのもボリュームがどの程度なのか気になるね。

ともあれ初訪問の今回は、基本の「握り」をいただくことに。
ちょっと奮発して、いちばん豪華な「特上」を注文。

最初にアオサ海苔のお味噌汁が登場。

_DSC9769

以下、出てきたラインアップの写真を。

今回のトップバッターは真鯛。
最初に出てくる握りの味って、お店の名刺のようなもので
それがお店の印象を決めるってことがよくあるね。

_DSC9770

「味はついてますので、そのままどうぞ」 と。
ふわりと香る下仕事。これは印象GOOD!

続いて本マグロの赤身。シャリの存在感が適度に調整されており、
さきほどの真鯛と同様にネタとシャリのバランスが良いなと感じる。

_DSC9772

長崎のサバ。

_DSC9775

中トロ。

_DSC9778

ふと気づいてみれば、どれもワサビの存在をほとんど感じない。
もしや「サビ抜き」かと思ったけど、握ってる様子を見ると、ワサビも
手をつけている。このぐらい控えめにするのが当店の流儀かな。

さらに、「3時間ほど蒸しました」というアワビ。

_DSC9779

千葉の地ハマ。
こちらは最小限の加熱かと思われ、たいへん柔らかな仕上がり。

_DSC9781

「ゆでたての車エビです」と。

_DSC9783

軍艦巻きは北海道産の無添加ウニと、イクラ。
海苔の風味が良いので聞いてみると、「青まぜ(青海苔を混ぜてある)」だとか。

_DSC9787

ちなみに職人さんたちは、基本的に寡黙な印象だけど質問すれば
丁寧に説明してくれる。

べったら漬け。
昨日の 「高はし」 と同じく、お酒にもお茶請けにも良いね。

_DSC9788

巻物は、カンピョウ。それに玉子焼き。

これ以外に、アジとコハダと焼きアナゴの握りが美味しかったけど
写真忘れ(汗。
特に焼きアナゴは柔らかなまま上手に焼いて、デリケートな香りを
引き出していた。

以上で4,200円。美味しかったね。ごちそうさまっっっ♪


食後に休憩していると、メールが着信。
じつは来週お会いしましょうと約束しているゲスト様が今、
羽田から築地に向かっています!と。

_DSC9800

それなら、せっかくなので本日お会いしましょう♪ってことになり
先方のご希望でラーメン食べましょうか、と。

ならばと 「やじ満」 の様子を見れば・・・ うわ!、すごい行列だ。
すべて、市場関係者ではない一般のお客様のようで。
先週テレビに出たそうなので、その影響かな。

_DSC9798

なので場外で待ち合わせ、無事対面。

_DSC9801

お時間の都合もあるとわかったので
美味しくてスピーディーに食べられる 「若葉」 の中華そばを、
ご一緒に。

_DSC9804

喧騒のなか、あわただしく味わうラーメンの美味しさよ。
温まったところで ごちそうさまっっっ♪

_DSC9807

ゲスト様と別れて見上げれば、曇り空。というか雪雲だねー。
予報のとおり、気温も下がってきたので退散、退散。


ところで今日は、何か忘れていたような気が・・・
例の ニュースの件 ?、いや違う。

あ!
仕事休みなのに、築地で朝酒を呑まなかった!!(笑