【 勝手に応援告知! 】 原作: おざわゆき様の 『凍りの掌(こおりのて)』 がNHK-BSプレミアムにて実写ドラマ化!!、8月10日(土) 午後9時から放送ですっっっ☆


さてさて。 この朝の訪問先は・・
平日限定、
朝のシアワセ♪
DSC00189

【 ご案内 】 豊洲市場、8月10日(土)の限定イベント♪
DSC00219

訪問日: 2019/08/09
【 
更新履歴 / 市場カレンダー2019年 / ニュースつきじろう料理帖
【 このブログの筆者 「つきじろう」 にメールを送るなら → こちら!

来週後半は市場がお盆休み、それに台風も接近中☆・・・ ってことで。
DSC00178

食べたいものは、なるべく食べましょ今週中に!と(笑
DSC00179

この朝の訪問先は・・・
築地時代の喫茶店が豊洲に移ってから天ぷら専門店に変身、遅ればせながらの初訪問となった 「天ぷら 愛養」。
DSC00197

高級価格帯の路線かと思われたけど、先日から “平日の朝9時半まで限定、980円(税別)のサービス天丼” 提供が始まったので、これはぜひ食べねば!と。

築地時代の名店 「喫茶 愛養」 を支えたレジェンド、Kさん にご挨拶。
( リンク: 『dancyu』様・公式facebook )
ホール担当になった現在も、シャキッ!と背筋が伸びた姿は素晴らしい。

じつは個人的に、こちらのお店スタッフの皆様には偶然ながら月島の 「岸田屋」 でご一緒させていただく機会があり、そのうちお店にも行かねば!とワタシ自身が内心ではアセッていたという(略

そして新しい店内は、サービス天丼の効果もあってか日本人だけでなく外国人客も入って、上々の賑わい・・・♪
DSC00181

そして、お待ちかねのサービス天丼。
丼とお椀はフタをかぶせて登場。下の写真はフタを外したところです。
DSC00186

香ばしきかな、江戸前の流儀!
先日、コメント欄で定点観測者様が教えて下さった のは “ 海老2、魚2、野菜 ” という構成だったけど。この日は “ 海老2、魚1(キス)、イカ、野菜2(ナス、シシトウ) ” でしたね~。
DSC00192

その、お味は。
あくまでも個人的な印象として、しかも10年以上も前の記憶なので曖昧きわまるため、参考程度なのですが・・・

以前、築地で好対照な味わいの天ぷら店 として、築地場内の 「天房」 と、場外市場の 「黒川」 を挙げたのだけど。
DSC00196

“ 甘辛が強めのタレで、しっとり薄衣の食感 ”
これは、その曖昧な記憶としては 「黒川」 系に近いかも。( あくまで、つきじろう個人の主観です )

その意味では、同じ豊洲市場の天ぷら専門店 「天房」 と、これまた好対照!な存在 かと思われ・・・

お味噌汁の具は、アサリ。
うーむむ、これもシジミ汁の 「天房」 と好対照だぞ☆
DSC00194

なにはともあれ、すっかり遅くなったけど来てよかった、食べて良かった!の新生 「天ぷら 愛養」 なのでした。

ちなみに・・・ 根拠は!?と問われれば薄弱きわまりなく、ものすごーく勝手な想像だけで考察するのだけど。
江戸時代からの庶民が親しんでいた天ぷらは、「黒川」 タイプだったのでは、と。
つまり “食材は豊富にある。だけど流通が未発達だった環境に適した調理法”・・・ しかし、もちろん流通が良くなって鮮度抜群のネタが入るようになってからも、その調理と味付けの流儀は愛され続けている、というもの。
そして近代以降の、巨大な中央卸売市場の中で営業するお店として特異な発達を遂げたのが、「天房」 タイプの天ぷらだったのでは・・・ と。
しかし両者いずれのタイプも、何度も食べ慣れてしまえば、その流儀が客自身の嗜好に転嫁するのです。
これは、ちょうど 「八千代」 をはじめ 「洋食たけだ」、「豊ちゃん」、「かとう」 などの “築地アジフライ” の系譜にも重なる構図で・・・。
さらには現代でも、立ち食い蕎麦の大手チェーンの味が最初ちょっと 「自分の好みじゃない」 と感じられても、何度も食べているうちに 「これでいいじゃん♪」 と、慣れてしまうという・・・


閑話休題。

そのまま興奮さめやらず、の状態でクールダウンは 「福茂(茂助だんご)」 。
DSC00208

夏メニューの全制覇をめざす!?ってな意図は無いのですが(笑。
本日は抹茶ラテを、いただきまーす。
DSC00202

これ、いいですよ! ・・・抑制が効いた、大人の味。
いまどきの新しい店が “濃厚インパクト系の抹茶感!” をウリにするのとは正反対の方向で。

原色ギラギラのイラストレーションではなく、いささか古びた歴史遺産のフレスコ画というか。
新しいのに、老舗の余裕。そんな逸品。
DSC00206

ちなみにデフォルトでは、甘みは入っていません。
最後のひとくち・・・ という段階でシロップを投入すれば、これが最高のデザートに。

さて、そのあとは。
ラーメン1杯ぐらい食べられそうだな!?(笑
DSC00214

「やじ満」 にて、ひさびさの・・・ そして永遠の定番、ニラそば。
DSC00210

“薄味指定” は、いつもの通りだけど。
今日は “麺を少なめで” と、お願いしたよ。
DSC00212

なにしろ猛暑の、この時期。
あえて意識しながら “水分の大量摂取 ( + ほどほどに食塩も摂取 )”、というわけで。
水分のために、胃袋にも余裕を空けておこうかなと。
DSC00215

その水分として、「木村家」 で麦茶のペットボトルを購入しました。

この朝は施設管理棟の3階で、ひと続きに並んでいる 「天ぷら 愛養」、「福茂(茂助だんご)」、「やじ満」、「木村家」 という4軒ハシゴだったなぁ(笑
ごちそうさまっっっ♪


【 補記 】 豊洲市場の案内地図:
ちかごろ、このブログで 個人的なネガティブ・トーク が増えているようで我ながらお恥ずかしいのだけど・・・ それでもなお、今日もまたひとつ。

豊洲市場の正門 “南” 前にある、この案内板。
DSC00222
そこに示された、地図 なのですが。
「ここは一般の見学者は入れません。一般者は、(この地図にある) 歩行者デッキから お入り下さい」、とのこと。
DSC00221

 でも、でも、でもネ・・・
これを見るとき、来場者は 南を向いて立っている のに、この案内図は 北を上にした地図 なのですよ。

つまり 来場者から見て、
この図は上下左右が逆 なのです!


DSC00221a

「来場者は、ここからは入れません。歩行者デッキから入って下さい」、って。
この図を見れば、まず大半の人が “現在地から に行けば歩行者デッキがある” と思いませんか?

違います、だめです、アウトです。
歩行者デッキは、現在地から にあるのです。この地図は、来場者から見て上下左右が反対ですからね。

・・・ まったく。
誰が 「この地図は、あなたから見て上下左右が反対ですから注意してネ♪」 なんて。
そんなこと、当たり前のように認識できますか!?

豊洲市場の開市から、いったい何カ月が経過していることか。


今日は忙しいので時間が無くてダメだったけど、こんど行ったら守衛所に話してみよっと。