個人的には 約3年ぶり だけど・・・ 変わらぬ 美味しさ!
DSC00649

訪問日: 2019/09/14
【 
更新履歴 / 市場カレンダー2019年 / ニュースつきじろう料理帖
【 このブログの筆者 「つきじろう」 にメールを送るなら → こちら!

土曜といえば、豊洲でお仲間にたくさん会える曜日なのだけど。
今月、たまたま仕事休みの土曜は1回だけなので迷わずGO!

まずは施設管理棟の 「八千代」 へお邪魔を。
以前にも触れた通り、ただいまの営業設定は平日が朝7時から、そして土曜と開市日の祝日だけ朝5時から。
DSC00634

この日の開店直後。 まだ、お仲間の姿は無い・・・ か。
壁のメニューを眺めれば、ちょっとした新メニューを発見☆
DSC00620

これ、「やじ満」 のラーメンに入れてみたいなぁ(笑
などと考えつつ、注文したのは個人的に呑める日の大定番、えびあたま。
DSC00629

シアワセな休日の始まり、始まり。
七味を振って、かぶりついたらビールで流し込む!
DSC00625

夢中になって食べていると、不意に厨房のご主人がワタシの隣席に向けて 「お知り合いですか?」 と声をかけて。
あわてて、そちらを見れば 「愛養」 のKさん!!
DSC00632

お店が6時からなので、その前にこちらで腹ごしらえなのだとか。
さっそく諸々の話題で盛り上がり、来てよかった!の1軒目。

続いて水産仲卸棟に移動して・・・ はい、「米花」 の店内へ。
DSC00642

やはり、こちらは朝6時あたりから馴染みの面々が多数来店☆
例によって “おまかせ” を堪能しつつ、おたがい興味シンシンの情報が飛び交うのでした。
DSC00640

築地時代の、ウラ話も多数あり(笑
これまた、(ある意味では)来てよかった!の2軒目。

いったん帰宅して、ひと休みしたら。
ちょいと用事もあるため、今度は築地場外市場へ。

「ぷらっと築地」 に立ち寄り、さて昼ごはんは・・・ と超お久しぶりの 「鳥藤 分店」 へ。
DSC00660

ひっさびさ!の、シンガポール・チキンライス。
名物である親子丼の陰に隠れて目立たない印象だけど、じつは個人的にココで食べるなら冬は水炊き定食、そして夏はシンガポール・チキンライスをぜひ☆、と。
DSC00652

ああ・・・ ご無沙汰してたけど、やっぱり美味しい、すごく美味しい。
DSC00649b

この、とんでもなく柔らかくジューシーに仕上がった鶏肉が素晴らしい。
DSC00657

添えられた3種のタレで、さらにウマさ増幅。
DSC00654

・・・ で。 かなり久しぶりなので以前と何か変わってるかな?と気になったので帰宅してから過去記事を見直してみると。

当ブログに載せた 2016年の写真。お皿の形が違うだけで、ほぼ今のまま!
20160623

あと、以前はテイクアウトもあったよねー。これは 2013年、場内店で買ってきた商品の写真
20130615

なお上の写真で 「鳥藤」 の商品は左下の丼だけなので念のため。
ほかの小鉢やお汁は、家族介護のためワタシが作ったもの でした。
海ブドウとか “ハモきゅう” とか、ご興味があれば 元記事 を・・・☆


その他、シンガポールつながりで関連ご参考。
成城石井では、この夏はシンガポール・フェア!ということで。
DSC00092

テレビ東京 「ガイアの夜明け」 でも紹介されていた、シンガポール風ソイソース・チキンヌードルは税込み755円。現地では、だいたい日本円で500円ぐらいの屋台メニューだと言うので成城石井なら妥当な設定かな。
DSC00094

「鳥藤」 のシンガポール・チキンライスに比べると、鶏肉はしっかり歯ごたえのある食感でタレの味は濃いめ。それと麺は、延びにくいよう固めの仕様。う~む、これは現地でも食べてみたいなぁ。


そんなこんなで・・・ 一気に涼しくなった秋風の中、会いたかった人にもたくさん会えて。
あれこれ美味しゅうございました。 ごちそうさまっっっ♪