ちょっと、築地場外市場 へ。
DSC05400
訪問日: 2020/12/26
【 このブログの筆者「つきじろう」にメールを送るなら → 
こちら! 】
 更新履歴 /
市場カレンダー:2020年2021年 /
築地News/豊洲Newsつきじろう料理帖 
えーっと、まず私事ですが近況は。
DSC05401

いちおう、エッセンシャル・ワーカー などと言われつつ。
受験勉強 のかたわら、大晦日は12時間以上の現場勤務が確定で。
きついぞ(笑

いささか息詰まる心地もあり、今日は仕事休みで天気も良いから外の空気を(マスク越しに)吸おうと、勝どき橋を渡ってきました。

年末商戦モードの、築地場外市場。
DSC05457

しかし・・・
かつて場内もあった頃の大混雑から思えば、信じられないほどの “3密回避” 状態かと。
DSC05423

あの頃は、いったん人の流れに乗ったら途中下車不能の “人間ベルトコンベア” みたいに押し流される勢いだったからな~☆

築地魚河岸ビルは、出入り口を 「入口専用」 と 「出口専用」 に区切り、非接触型センサーでの検温と手指消毒を実施中。
DSC05415

・・・ で、まあ中はホドホドに賑わっているというか。
DSC05412

個別の写真は略しますが、あちこちのお店で久しぶりにお会いする人が多かったので、(相手は忙しいから)ご挨拶は簡単に済ませつつ。
DSC05411

買い物も少々。「田所食品」 のイクラや数の子とかも欲しかったけど・・・
ひとまず、受験生としては お酒がすすんでしまう “危険物” は敬遠を(笑

食品だけでなく、「酒美土場」 では フタ付きのワイングラス が便利そうなので、これも購入。
DSC05436

ちなみに 「酒美土場」 には、この漫画 を読んでから行くと楽しいかも。
ネタバレになるので、内容は伏せますが☆
DSC05454

なかには、今年で閉めるという店もあり、すでにシャッターを下ろして「貸店舗」の貼り紙のあるスペースもあり・・・

さて場外市場を出て、平成通りのほうまで足をのばしてみれば。
以前、住友銀行があったところは100円ショップとドラッグストアに。
そして鶏肉の 「宮川食鳥鶏卵」 は開店待ちの行列が。
DSC05428

「天まめ」 では、おやつをテイクアウト。
DSC05429

場外市場に戻ると、路上でのランデヴー。
超ひさびさ(笑)、“なべひろ&つきじろうコンビ” のツーショット!
DSC05433
( マスク着用のまま、会話は15分以内! )

さらに 「つきじ芳野 吉弥」 の店頭では。
換気のため、入口の戸を開け放って営業なさってますね。
今日などは、特に天気が良くて暖かいので快適だ。
DSC05440

あの “海鮮ばらちらし弁当” は販売終了したけど、定番の穴子弁当に・・・
おや!?、穴子の “幕の内弁当” なんてのが。
DSC05439
 
“迷ったら両方!” の原則により、両方とも買ってみたよ(笑
DSC05442

例によって例のごとし!の、穴子弁当に。
DSC05446

幕の内は、穴子とのコンビで鯖か鮭か銀鱈を選べるのだね~。
今回は鯖をチョイス。穴子の佃煮や、穴子が入った玉子焼きの “穴玉”、
きんぴらにお浸しに紅白カマボコなどなど、ごはんが見えない具沢山♪
DSC05445
 
んで結局、お正月の準備みたいなものは全然ナシだけど。
「天まめ」 だけは、ちょっと黒豆がおせちっぽいかも!?
DSC05452

今年は春以降、思いっきり更新が停滞しましたが。
それでも、たまには覗いて下さる方もいらして恐縮です(汗

来年は、まず受験を済ませて、あとは世間の情勢しだいかな・・・
ぜひ豊洲市場にも行きたいからな~☆
( もちろん、自分自身が無事ならば!だけど )
願わくば、気持ちも明るい春を迎えられますように。

今年もお世話になった多くの方々に感謝を捧げつつ、皆様のご健勝とご多幸をお祈り致します。良いお年を!

そんなわけで今年も、ごちそうさまっっっ♪



【 ネット参考記事 】 随時追記します・・・

・ 店頭での声掛け自粛、宅配充実 築地場外市場、新型コロナで静かな年末商戦
( リンク:東京新聞様 )

・ 築地で聞いた、年末買い出しで密を避けてお買い得品を買うコツ
( リンク:ダイヤモンド・オンライン様 )

・ 飲食店に対する営業時間短縮の要請が間違っている3つの理由
( リンク:グルメジャーナリスト東龍様 )

・ 築地市場からノーベル賞経済学者が学んだこと
( リンク:東洋経済オンライン様 )

・ 蕎麦がき、その真の実力
( リンク:蕎麦がき研究入門様 )
 → TBS「マツコの知らない世界」 出演の “片手袋” の人、こんな楽しい研究分野もお持ちだったのか!!

・ 身近な匂いを香水の説明文で表現する
( リンク:デイリーポータル様 )
 → 個人的に最近、いちばん感動した記事。そもそも香水の説明文については作家の故・開高健氏も、その底知れぬ深遠さについて述べていた通り・・・
いわゆる マンション・ポエム
にも似てますが体感的に “わかる!” 的な。
テレビ番組のグルメ特集では、「この香りをお届けできないのが残念です!」 ってのが昔からの決まり文句になってますが。
だったら、コレぐらい工夫してやってみなさいよ!!と言いたくなる(笑