貝出汁の塩スープに、レモンをぜひ♪ 
PXL_20240419_060420205_edited-1
訪問日:2024/04/19
【 このブログの筆者「つきじろう」にメールを送るなら →
 こちら! 】
【 更新履歴 / 市場カレンダー / News築地豊洲 / つきじろう料理帖 / 動画 】
 
天気晴朗なれど、やや強風
PXL_20240419_013527678

しかし「長生庵」の店内に入れば。
DSC09926

これぞ静謐...☆ と、思いたかったけど。
DSC09924_edited-1ab
いささか、賑やかな女性3人のグループ客もいらっしゃって。
お仕事の話題で... あれならストレスも解消するだろうなぁ(汗


それはさておき、本日1軒目のお目当てはこちら。
DSC09925

春キャベツと牛モツの南蛮そば。
醤油と豚背脂の香りが、食欲を直撃しまっせ~☆
DSC09912

しっかり脂抜きして、心地よい食感の牛モツ。
ちかごろ高値が報じられる春キャベツに、豚肉も入ってます。
DSC09920

そして、自家製の中華麺は延びにくいので。
これぞ濃厚!のスープともども、じっくり味わえます。
DSC09916

うまかったなぁ~・・・さ、次いこう!
「フォーシーズン」では、今度こそ店内静謐でした(笑
PXL_20240419_024304861

個人的に定番のローテーションに従って。
前々回は和風、前回はカレーだったので、今日はナポで☆
PXL_20240419_021532473_edited-1
ああ、おちつくぅ~♪
一巡して完成する、ワタシの中の秩序って感じ...

いったん帰宅して。
お天気が良いので、冬物衣料を収納するまえに虫干し!など雑用を。

ちょうどいい感じに小腹が減ってきたら、また築地へ行きま~す♪
PXL_20240419_055524275a

「らぁ麺 牡蠣と貝」。
去年の暮れ、新オープンの情報を「やじ満」のお姉さんから教えてもらって。
あのときは濃厚牡蠣らぁ麺を食べに来ましたね。
PXL_20240419_055524275

当店の、もうひとつの看板メニューが。
塩スープ貝出汁らぁ麺なのです。
PXL_20240419_061504506a

もっぱら牡蠣らぁ麺の存在感が強くて、いささか目立たないのですが。
ものは試しと、このさい食べてみることに。

牡蠣らぁ麺とは素材も構成も、ほぼ別物らしいですね。
→ 比較参考は、過去記事をご覧ください☆ )
PXL_20240419_055818839

さて、登場しました。特徴的な丼は、牡蠣らぁ麺と同じですが。
PXL_20240419_060345685

牡蠣らぁ麺よりも透明度の高いスープに、薬味は刻みタマネギなど。
PXL_20240419_060352487

牡蠣らぁ麺が濃厚スープに合わせた中太ストレート麺だったのに対し、
こちらはスープに絡みやすい手揉みの縮れ麺。
PXL_20240419_060409374

チャーシューは両者共通のようですね。
レアな状態から、スープに浸るうちに熱が通ってきます。
PXL_20240419_060549262

いずれも、美味しゅうございます。
しかし、しかし!、本日最大のインパクトを受けたのがこれ☆
PXL_20240419_060930938

卓上の解説では、牡蠣らぁ麺のために置かれているレモン汁
これが何と、貝出汁の塩スープにも抜群に効果的!! 
PXL_20240419_061045212_edited-1

思えば... 春から夏にかけて「カルディコーヒー」の店頭には。
ずらり!と塩味が中心の“瀬戸内レモン味”の商品シリーズが揃いますが。
81ab020d
( 写真クリックで過去記事へ )

そーなんです。
“塩+レモン”って、ひじょーに相性が良くて美味しいのです!
そこに特製の貝出汁って... 美味しくないワケがない☆

知らなきゃ損する!、このウマさ。
牡蠣らぁ麺だけでなく貝出汁らぁ麺にも、ぜひお試しを!!

ごちそうさまっっっ♪