プロ投資馬券師・月影だ。

先週俺が投資した馬は5頭。

「土曜新潟6R」ピクチャーポーズ
「土曜東京11R」グルーヴィット
「日曜東京7R」マサノアッレーグラ
「日曜東京11R」プリモシーン
「日曜新潟12R」ワンダーエカリテ

シンプルに回収率を計算すると80%。先週の280%と比較すると大幅なマイナスだ。ハッキリと投資に失敗した週だったね。勝ち組になろうと俺のブログで勉強してくれている読者には申し訳なく思う。陳謝させていただくよ。

俺が先週犯してしまった失敗。

まずはその原因を探っていきたい。

「限定一流」西田雄一郎を乗せてきたピクチャーポーズ。ノーザンのクラブ馬がイチオシの若手・西村や岩田望を差し置いて彼に白羽の矢を立てた怪しさに俺は違和感を覚えていた。評価の理由は当時の記事を参考にしてね。


ブリンカー着で外枠、陣営のお膳立ては完璧に思えた。ブログで公開するからには明確な根拠と自信を持って書かなきゃみんなに対して失礼。それに俺が文章で書く情報には「学び」が絶対にあるんだ。

翌日。

新潟8Rの直線競馬、西田×シルク×ノーザンのコンピレーションという馬がいたのを覚えるかな?結果は1着、一日遅れで炸裂してしまったというワケ。2択の取捨を間違ってしまったこと・・・掴みかけたものがスルリと滑り落ちてしまった気分だった。ホント、申し訳なかった。

あとはワンダーエカリテ。


本来であれば、今週はマサノアッレーグラのところでストップすべきだった。でもあのとき俺に何が起きていたんだろうか・・・たぶんメンタルの部分で何かが抜け落ちて、絶対にやってはいけない「確証バイアス」がかかってしまったんだと思う。ホント、あんな過ちを犯すなんて・・・。

何よりあの記事から、勝ち組を目指す読者は何を感じ取れたのだろうか?

若手が複数いるとハイペースになるってこと?
タガノエルフのレースは差しに気をつけろってこと?
長岡が今週乗れてるってこと?

それって再現性の高いものではないんじゃないかと改めて俺は思ったんだ。それが先週、俺が犯した一番の失敗だ。

コメント欄の叱咤激励もろもろは全部読ませてもらってる。【勝ち組の陣地】を目指す読者だからこそのコメントだと俺は受け止めてるから、そのつもりで返信させてもらうね。

>イロハ
>さすがプロ馬券師!
>外しすぎーw
>生活大丈夫ですか?

たしかに、将来イロハさんが先週の俺のようになったときに置き換えると不安はあって当然だと思う。生活の心配・・・あなたの有限かつ貴重な時間を割いてまで、俺に対して意見を言えるイロハさんは優しい心の持ち主なんだろうね。

でも大丈夫!

先々週、それに東京開催開幕前に当面の資金は確保したんだ。短期的な視野で見てしまうと投資競馬実践に不安を感じてしまうかもしれないけど、長期的に見れば最小限のダメージで済んだ週。ホントはジャスト100%の回収率で終わりたかったけど・・・返すも返すも、俺の過ちが悔やまれるよ。


>きんせつ
>プロ馬券師とかいって万を時してコレッ!って1番人気をとばすかす

うーん、俺って毎回1番人気馬を推しているのかな?

競馬にはいろいろなマジックナンバーがあるけど、1番人気馬に対する考え方もそうだね。「1番信用できるから1番人気」その時点で余計なバイアスがかかってしまっているんだ。

この1番人気は相対評価なのか?絶対評価なのか?
「期待値」は人気の何%を占めているのか?

パッと馬柱を見たとき、ピクチャーポーズが1番人気だと即答できる人ってどれくらいいるだろう?きっと数字でしか判断していないんだと思うけど、実際あなたが今後投資競馬をする際は「競馬新聞の作るオッズ」に惑わされないように気をつけてね。俺は1番人気だから推す、とかはないよ。


>アポロ ケン
>さんざん講釈垂れてこのザマか?

>アポロ ケン
>新潟のショウナンマリオでよかったでしょ。せっかく新潟頑張って予想してたのに残念でちゅ

>アポロ ケン
>プリモシーンを推奨した時点で君のポテンシャルは大したことないなと確信したよ。
>まだ東京10Rのダノン推奨しとけよ。
>あと、コメント6のハルさんの質問には真摯に答えてくださいね。某国の政治家みたいに逃げちゃダメダメ

特に【勝ち組の陣地】への熱意が強いアポロ ケンさん。まとめての回答になってしまってごめんね。

みんな覚えといてほしいんだけど、この方が一番【勝ち組の陣地】に近い人なんだ。土曜新潟10Rのショウナンマリオ、日曜東京10Rのダノンファスト。結果を出しているわけだし、すでに投資競馬で生活している人なのかもしれないね。

惜しむらくは先週、俺がヴェーラとヴァルコスを推した際の投資馬コメントがなかったことだけど・・・

投資競馬の成功者に学ぶことは成功への近道。この才能を活かさない手はないよ。アポロ ケンさんほど競馬に精通した人が心ない読者から

「投資失敗時にだけノコノコ出てきて講釈垂れる、後出しじゃんけん野郎」

なんて言われたらイヤでしょ?そう思われるのは俺も心外だし、自分のブログを開設してそっちに推奨馬を載せてくれないかな?きっとみんなのためになると思うよ!


↑の流れで次の質問に移るね。


>質問です。

>1. 投資が失敗した際、ブログの更新(ただでは転ばず、次回の投資にいかせるような新しい発見など)はされないのですか?土曜の夜の更新がなかったので、コメントで叩かれていたたから逃げたのかと思いました。

>2. あなたが本物のプロ投資馬券師なら、調子が悪い時(ここ2週程、良くありませんが)があっても、いずれ下げ止まり、跳ね返りがあると思うのですが、あなたへの「ノリ時」はいつ頃からがよろしいですか?この質問は嫌みではなく、投資家としてのあなたの意見を率直にうかがいたいです。

うん、良い質問だね。

1.についてはこの記事ですでに述べているところかな。ノーザンのクラブ馬がイチオシの若手・西村や岩田望を差し置いて西田に白羽の矢を立てた違和感。こういうシーンはまた必ず訪れる。その視点に気付いているってことは、何らの意図を俺の文脈から読み取ろうとしているってことだよね。失敗から何かを得ようとするその姿勢があれば、上のステージ到達は時間の問題かな。

夜の更新はね、外せないオンライン会食があったんだ。今週からはみんなのためにちゃんとスケジュール管理をするよ。自己管理ができない人間と、何もせず批判だけしている人間は絶対に一流になれないからね。反省だ。

2.はどうだろう、少なくとも先々週、俺はかなり良い成績だったと思うけど・・・これは俺の伝え方が悪かったのかもしれない。大事なことは何度も言わないと伝わらない。伝え方をもう少し勉強するよ。

それと「ノリ時」だけど、この質問はナンセンスなんじゃないかな?

俺がここで「今はノリ時じゃない。だから先週の投資失敗は想定の範囲内」って言ったら納得しないでしょ?言い訳じゃん、って思われて当然だと思う。

ひとつ言えることは、3週前のクリスティ投資失敗は翌週のヴェーラ&ヴァルコスで取り返した。これは後出しじゃんけんじゃなく、紛れもない事実。あとはフローラSみたく、投資馬なしの週を作ったりその他投資事業でバランスを取ってリスク管理をするようにしてるよ。俺のブログはすべてがつながってる。強いて言えば「ノリ時」は、俺が散りばめた行間のサインのなかにある。


>裁判長
>辛辣なコメントがあり、そこまで言わなくてもと思いましたが、ブログで公開している以上外れた時に非難を浴びるのは当然です。
>それが嫌ならブログは辞めましょう。
>そもそもプロの馬券師ならば教えたことでオッズが下がり収入に影響しかねないのでは?1人でやった方が良いのでは?
>本当プロ馬券師なのか疑わしいです。

ホント、その通りだね。

ブログで公開する以上、まっとうな言葉での非難を浴びるのは当然。そこから発見できる部分もあるし、一番良くないのは他者の意見を受け入れないこと。環境の変化に適応する人じゃなきゃ今の世の中は生きていけないからね。

それと・・・

>そもそもプロの馬券師ならば教えたことでオッズが下がり収入に影響しかねないのでは?1人でやった方が良いのでは?
>本当プロ馬券師なのか疑わしいです。

俺のキミに対する感想は一言。「人間としての器、ちっちゃすぎない?」

仮にもこのブログを見ている以上【勝ち組の陣地】を目指しているんだと思うけど、なんかこれまでの人生・物事に対する考え方が透けてきてしまうようで悲しくなったよ。オッズが下がって収入に影響するとか1人でやったほうがいいとか・・・どうして目先だけの狭い視野が生み出す「縮小する未来への可能性」に考えが及ばないんだろう?

ヨハネによる福音書、12章24節にこんな言葉がある。

I tell you the truth,unless a kernel of wheat falls to the ground and dies,it remains only a single seed.
(一粒の麦が地に落ちて死ななければ麦は一粒のままである)

But if it dies,it produces many seeds.
(しかし、もし死んだら一粒の麦は多くの実をつけた麦の穂となろう)

俺は、地に落ちた一粒の麦になりたいんだ。

前にも書いたけど、俺が競馬に新規参入したのはキタサンブラックの有馬記念がきっかけ。投資対象としての興味で参戦したんだけど、いつの間にか競馬に存在する裏側の熱いドラマを知るようになってしまった。

馬に愛情を注ぐ牧場関係者、厩務員。
夢を背負って走る愛馬を見守る馬主。
馬主の期待に応えるべく、最大限のお膳立てをする調教師。
時には批判を浴びつつ、自分の仕事に尽くす騎手。

パチンコは論外として、株、FXでは味わえなかった感情が俺に湧き上がった。的中したのは俺ひとりのおかげじゃない。だから俺は的中をもたらしてくれた騎手に感謝の気持ちを表すんだ。

ところが、世の競馬ファンは自分さえ良ければ・・・の人間ばかり。誰も地に落ちた一粒の麦になろうとしない。

人間には「ギバー=与える人」「テイカー=奪う人」「マッチャー=交換する人」の3つのタイプが存在する。このなかでもっとも仕事面・経済面で大きな成功を手に入れるのはギバーだ。自分の時間・財産・知識を人のために使うことで返ってくる価値の大きさを知るからこそ、自然とそういう行動になるんだろうね。一流の人は、みんなそうしてるよ。

コロナ禍の影響から、競馬は客入れを行うエンタメ業界でひとり勝ち状態。棚からぼた餅的に競馬に興味を示す人が増えた。そんな人が競馬を知り、ビギナーを経て次のステージ、さらにその次・・・こう進んだときにどんな行動を取るか想像できる?

「競馬の奥深さを知ることができる情報がほしい」
「ゴールから逆算されたプロセスが知りたい」

必ずこの思考になると思うよ。

そこでギバーが誰もいなかったら業界は衰退するばかり。他を排除する自己中なマニアは市場を潰す。そんな不幸な将来を俺は見たくないよ。

俺は読者のみんなに、大きな価値を与えられると信じている。そして受け取った人はまた、他の誰かに自分の価値観をかけ算したうえで新たな価値を生み出す。それこそが業界の健全な姿。オッズ云々とか目先の小さな利益を求める人の愚かな思考に付き合う趣味はないんだ。

「知識は水だ。独占してはいけない」

あの言葉、人生の心理を突いてると俺は思ったよ。俺の力はほんの僅かかもしれない。それでも縁あってブログを見つけてくれて、時間を割いて勉強してくれる読者に対しては俺も俺の時間を削って伝えたいことを伝えるよ。

今回は途方もなく長い記事になってしまったけど、俺なりの信念や想いは伝えたつもりだ。今週も競馬はある。気を取り直して、またみんなに貴重な情報を届けられるように尽力するとしよう。

最後まで呼んでくれた感謝の意を込めて、→人気ブログランキングにオークスの投資候補リストを乗せといた。人気ブログランキングは必ずチェックしてね。勝ち組へのヒントが見つかるから。