プロ投資馬券師・月影だ。

月曜日に書いた記事にたくさんのコメントありがとう。みんなが真剣に競馬に取り組んでいるってことが再確認できて本当に良かった。俺は競馬を投資というツールで捉えているけど、それぞれに「想い」があるならプラットフォーム化する方向もありなのかもしれないね。

青臭い言い方だけど、ネットであっても互いの意見をぶつけ、本音で話せば真意は伝わると思ってるんだ。たとえ汚い言葉や意味のない言葉に映ったとしても、相手の立場になって気持ちを読み取れば真実は透けてくる。ブログを通じて人として成長できる機会を与えてもらって、みんなには感謝しかないよ。

さて、今週はオークスだね。

今年は非ノーザン馬のデアリングタクトが断然人気。大手牧場じゃないところから怪物が誕生するのってキタサンブラック以来じゃないかな?極悪馬場で本領発揮するあたりも何だか似てる。

正直言うと、デアリングタクトは桜花賞でそこまで高い評価をしていなかったんだ。桜花賞デーに書いた見解がこれ。

>正直ここまで人気になるとは思わなかったかな。エルフィンSは掛け目なしに強いレースだったと思うよ。

>でも、非ノーザンファーム馬が間隔をあけたローテで臨むのはあまり賛成できないな。決して恵まれた施設を使えるわけじゃないし、杉山厩舎もロードマイウェイとかウインテンダネスとか使いつつ良化を示す厩舎。そうだなぁ・・・俺のなかではあまり評価していない1頭だね。

そう、ひとつ叩いたオークスが良いんじゃないかなと思ってたんだ。

オークスがノーザンファームの一大イベント化してるのは過去の結果が示してる。それに風穴をあけるレアな勇者がデアリングタクト。そんなイマジネーションを膨らませてたら先に勝たれてしまった。しかも、とんでもない強さだ。

俺がオークスを投資対象にするとして、社台ノーザンファームの馬から選ぶと思う。先週アーモンドアイじゃないところから行ったのもオッズによる影響がゼロじゃない。自分のなかの「range」をインプットさせておかないと本質とぶれちゃうからね。

ゾッとするような落馬があった松山弘平は幸いにも軽傷で済んだ。復帰後も前と遜色ない騎乗ぶりを見せてる以上、普通に乗ればこの馬で仕方ないかな、と思ってる。

唯一、社台ノーザン包囲網が発動する枠や並びにならなければいいんだけど・・・そこだけが俺の不安材料かな。マイネル・ウイン軍団でなんとか対抗できないものか。彼らのブレーンは作戦指示が緻密だからね。

最後まで読んでくれたお礼に、→人気ブログランキングに最新のオークスの投資候補リストを更新しておいた。人気ブログランキングは必ずチェックしてね。