新潟8Rはシャレードに賭ける。

藤原英厩舎はリーディング上位の常連。ところが昨年は33勝(20位)、今年は20勝(14位)と苦しんでいる。

なぜか?

「日本人騎手育成」に勤しんでいるんだ。

もっと限定すればその育成対象は岩田望来。自身の愛弟子に対し、これでもかと良い馬をあてがっている。リーディングジョッキーランクで6位につける結果は、紛れもなく師匠のお陰だ。

とはいえ、岩田望来はまだ若い。人気を裏切ることはしょっちゅうだし、全幅の信頼を得られているかと言われれば答えはNO。だからこそレース内での育成を目的に岡田祥嗣を起用するケースもある。そこから乗り替わり=「刈り取るタイミング」が最大のチャンスってワケだね。

今回、その役割を担うのは戸崎圭太。藤原英×戸崎コンビといえばストレイトガールが有名だ。他にもステファノスやラジオNIKKEI賞3着のディープキングもいる。れっきとした勝負騎手だよ。

夏の左回りは新馬戦を勝った条件。当時の鞍上・福永祐一が新潟にいるにもかかわらず戸崎起用・・・違和感を抱いて当然なんじゃないかな?

プロ投資馬券師・月影はシャレードに投資する。

人気ブログランキングにアイビスサマーダッシュの注目馬を載せといた。人気ブログランキングはチェックしてね。