志太こころ

・・・だかしん??

雨間にいつもの土手に行ってきた。
数日前に通った時は五分咲きくらいだったが、既にピークを過ぎてしまった感じ。

20220923-090847

20220923-091021-2

20220923-091539

20220923-092044-2

20220923-092552

20220923-093602

先日の豪雨で自宅周辺はかつて無い状況になった。
豪雨の中、雨音とは違う音に気付き外に出ると自宅前の道路が冠水どころか急流となっている。
家財の一部が流出したので早い流れに入ると脛くらいの水位で歩くのも大変な状態。
水嵩はどんどん増し、駐車場の車のタイヤまで来た時は冷や汗が出た。
すぐ横の水路も激流で溢れかえり道路と区別がつかないため、危険を感じ近寄るのをやめた。

雨がやんだ翌朝、周囲を見て回ったが、ところどころ土砂と瓦礫が堆積し冠水した痕跡がある。
時間が経つにつれ近所の床下床上などの被災情報が入ってきた。
ハザードマップでは水害エリアから外れていたが、他にも断水、停電の備えを再考しなければ
ならないだろう。

そろそろと思い、いつもの田んぼに行くと三羽ほどいるのを発見。

20220917-101505-2

20220917-093930-2

20220917-100112-10


20220917-101732-7

20220917-101828

20220917-101612-3



当日適当に撮ったら、ボケボケだったので翌日撮り直した。
が、全然鮮明に撮れていない。(泣)
普通の機材?ですんごい精細に撮ってる人いるけど、アレどうやって撮影してるんだろ??
20220911-201731

脚の件
先日から自転車通勤を再開した。
まだ脚の反応も鈍く不安もあるが、そこそこ漕げるようになってきた。
が、脚の疲労より息が途中で上がってしまい焦っている。





 

9月入り。
8月はほぼ何も撮影しないまま終わってしまった。
今月中旬頃には彼岸花も咲き始めるだろう。
その頃から再開といったところか。

2018-07-28-0480XT2

 脚の方だが、通常生活に戻そうと思い少し前から杖をやめた。
最初は怖々だったが、だいぶ慣れてきた。
ただ歩速はまだ遅い上、場所によってはすんなりとは行かない。
調子に乗って長く歩いたら、筋力が消耗したのか夜中に脚が攣って悶絶した。(泣)


朝方は幾分涼しくなってきた。
夕暮れになれば家の周囲から虫の音も聞こえている。
何となく秋への気配を感じるようになってきた。
が、日中はやはり暑くてやる気もおきず・・・全く撮影にいっていない。

20220702-0743_357α1



朝方はややすごしやすい休日だったが徐々に気温も上がり、結局自宅待機w
このところカメラも全然触ってない・・・
20220305-1113_105α1

「完治?」判定の脚だが大きな変化は見られない。
膝抜けはほぼなくなったが、力んでも筋肉が緊張するまでかなりタイムラグがある。

前回書かなかったが先生に聞いたところ、髄核が最初に「ドーン」と飛び出した際の
ダメージのため神経の一部が「死んで(損傷して)いる」そうだ。
私は圧迫物が消滅すれば神経機能が回復すると思っていたが違うとのこと。
で「死んだ神経」は当然復活しない。現状、麻痺は徐々に改善しているので周囲の
他の神経が代替するような働きをしているのかもしれない。
とはいえ、不可逆的な損傷となると、後遺症が残るかもしれないし、完全に戻るのか
ある程度まで戻るのか現時点では全く不明だ。







少し出かけてみたが、あまりの暑さに写欲も失せて撤収。
何処か涼しいところで撮影できないものか・・・
20220619-0738_026α1

20220619-0741_041α1







 


当日は夜半からの豪雨で新東名が土砂災害でまさかの通行止め。
やや出遅れで到着した現地の駐車場は早朝にもかかわらずほぼ満車だった。
ぎりぎり車を停めることが出来たが、天候も前記事の通りでしばらく車中待機。
ようやく雨もやみ花畑を歩いて探してみたが、鳥が少ない・・というかいない(泣)
諦めかけて駐車場に戻ったところで何とかノビ夫婦に出会うことが出来た。
残念ながらニッコウキスゲにとまるシーンは撮れなかったが、久々に高原気分を
堪能することが出来た。

まずはホオアカw
20220717-1006_333α1

20220717-1038_379α1

20220717-1042_408α1

20220717-1058_453α1

20220717-1113_498α1

20220717-1129_537α1

20220717-1142_596α1

20220717-1143_620α1

20220717-1159_734α1

 
20220717-1209_923α1

先日、外科の定期検診。
検査を終わって、先生がひとこと「治りましたね」
思わず「えっ???」っと声をあげてしまった(笑)
どうもこの程度なら医学的?には治った部類らしい。
確かに当初に比べたらかなり力は入るようになったが・・・
まだ膝抜けするし、階段は危なっかしいと訴えた?が、
「まぁ、その頻度も減って良くなりますよ」と。
拍子抜けしたような、もやもやした感じもしたが、
お医者様に治ったと言われれば治った気にもなってきた(笑)
まぁ、病人ぶらず平常運転に戻していければと思う。
次回の検診は三ヶ月後とのこと。














霧から霧雨、本降り、そして少しだけ晴れ間が・・
ニッコウキスゲは大満開終盤

20220717-0936_043α1

20220717-0934_022α1

20220717-0701_012α1

20220717-0702_016α1

20220717-0949_063α1

20220717-1030_348α1


20220717-0957_137α1

20220717-1033_367α1



意地は張っても心の中じゃ 泣いているんだ兄さんは・・・


20220703-0643_047α1

20220703-0645_067α1

20220703-0639_016α1

20220703-0630_001α1

20220703-0642_042α1

20220703-0643_044α1

20220703-0644_060α1

20220703-0641_031α1

脚の方はじわじわと回復基調。
ただし階段下りや坂道はまだNG。
回復速度が遅くて夏中に戻る気がしない・・・


このページのトップヘ