志太こころ

・・・だかしん??

いよいよ本命ブルーの登場です。
この位置からの撮影は初めてですが、周囲にカメラマンがいないところをみると、どうも良いポジションと言えないかな…っと、思ったら案の定でした(笑)

2018-05-20-0654XT2

2018-05-20-0692XT2

2018-05-20-0758XT2

2018-05-20-0813XT2

2018-05-20-0823XT2

2018-05-20-0839XT2

2018-05-20-0907XH1

2018-05-20-1015XH1

2018-05-20-1169XH1

静浜飛行場の展示に初めて行ったのはいつの頃だろう。
子供の頃、父に連れられ行ったことは憶えているが、それが航空祭といったかどうか覚えていない。
どんな航空機が飛行したのかも覚えがないが、合間に行われたラジコンショーだけは脳裏に焼き付いている。
ショーはゼロ戦とP38の模擬空中戦だったが、シナリオ通り?ゼロ戦がP38の後ろをとって、追い回す
様子に観衆は大喜び。
だが、次の瞬間、会場が凍てついた。勝利目前だったゼロ戦がもんどり打って滑走路に激突。
白煙をあげる様子に全員が声を失っていた。
まだそういう時代だったから、憎い米軍機をやっつけるゼロ戦に快哉を叫んでいた子供心にショック
だったし、皆も落胆しただろう。
その後も航空祭には何回となく行っているが、滑走路を見るたびにあの静まり返ったあのシーンが
蘇ってくる。

補記
P38はライトニング「双胴の悪魔」と呼ばれていた。かの山本五十六大将の乗る一式陸攻を撃墜した刺客だ。戦争を知る世代や戦記を読んだ人々にはそういう思いがある機体ともいえる。うちの父は何故かP38の模型ばかり集めていた。リアルで訃報に接した人にはよほど印象が強かったのかもしれない。


 

病み上がりでしたが近くまで車で連れて行ってもらい撮影してきました(笑)
が、昨年度より更に地味〜な展開・・・
あのF16(2007年だっけ?)くらいのド派手なやつをブチかまして欲しいものです(笑)
2018-05-20-0081XT2

2018-05-20-0149XT2

2018-05-20-0255XT2

2018-05-20-0314XT2

2018-05-20-0327XT2

2018-05-20-0429XT2

2018-05-20-0585XT2




徐々に撮影ペースも上がってきました(笑)
2018-05-20-087D500

2018-05-20-097D500

2018-05-20-102D500

シミシミ鳴いていますが、囀っていても同じ場所でジッとしていません。
2018-05-20-129D500

2018-05-20-148D500

当初は見ることは出来そうにない鳥と諦めていましたが、粘り強くセールストーク?(笑)
してくれた写友に感謝です。お陰様で出会うことが出来ました!\(^o^)/

D500 AF-S 500mm f4G ED VR


 

藪雨と書くそうです。

前回ブレブレのリベンジとばかり、ISOをバンバンに上げた設定にしたところ、
上がりすぎてノイズだらけでディティールも潰れた画像に ( TДT)
良いところにとまってくれただけに残念・・・
2018-05-20-016D500

2018-05-20-045D500

とはいえ、全身現してくれれた、この子に感謝。
2018-05-20-060D500


2018-05-20-062D500

2018-05-20-068D500

続く

D500 AF-S 500mm f4G ED VR


航空祭前日でしたが、臥せっておりまして・・
爆音に我慢できず窓から見上げるとブルーの編隊。
なんと自宅真上を三回も通過しました(笑)

2018-05-19-022XH1

2018-05-19-014XH1

2018-05-19-033XH1

2018-05-19-043XH1



このページのトップヘ