チョン・ウソン、ソン・イェジン主演
私の頭の中の消しゴム来たぁー、韓流純愛ストーリー、って言いたいところですが、日本のドラマ「ピュアソウル」が原作である。
しかし、韓流純愛ストーリーにまとめ上げたのは最高。
涙なくしては観られない。

出だしはコメディー調に結構笑わせてくれます。
主人公の2人が歯がゆかったりもして、ハッピーな気分に。
それが、途中から一転して、お涙モード。
でも、お涙頂戴的な作りではない。
心にジーンとくる作りなのだ。
オーバーに盛り上げず、実際に愛し合う2人を丁寧に描いている。
だから、余計にジーンときてしまうのです。

テーマは若年痴呆症。
ズッシリと重く物語が進んでいきます。
愛するものを忘れていく悲しみ。
それすら忘れてしまう主人公。
観ている方が辛くなります。
更に、そんな主人公を愛する夫。
どうにもならないと分かっていても、愛する者への想いは断ち切れない。
辛すぎます。
チョン・ウソン、今回は槍をハンマーに持ち替えて振りかざす。
更に加えて、ぶっきらぼう。
でも、それが何故かさまになる、不思議な男です。

ソン・イェジン、包丁を持ち出して家を出るシーンが怖。
痴呆症ですから、何をするか分からない恐怖がありました。
迫真の演技!?ちょっと違うかな。
冒頭の濃い化粧は似合ってなかったな。