aamall

2018年08月15日

Aiko8の加工キャラクターでもう1本動画をつくってみました

Genesis 8 FemaleのAiko 8をZBrushで加工したキャラクターを使って、歌舞伎町一番街で水鉄砲を撃つ少女の動画をiClone 7でつくりました。
このキャラクターは、3日前にアップした着物少女と同じキャラクターですが、化粧を変えました。
後半はCyberLink ColorDirector 6でToonレンダリング風に加工しました。

使わせていただいたアイテム
1. Aiko 8 Pro Bundle
2. Bounty Huntress Outfit for Genesis 8 Female(s)
3. Melite Hair
4. Japanese Alley
5. サウンド 音楽の卵さんの「マシュマロ」
6. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra  

   


tsukitaku at 22:19|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年08月12日

Aiko8の加工キャラクターで動画をつくってみました

Genesis 8 FemaleのAiko 8をZBrushで加工したキャラクターを使った動画をiClone 7でつくりました。
後半はCyberLink ColorDirector 6でToonレンダリング風に加工しました。

キャラクターの名前がまだ決まりません。最近は、Marine(真凛)ちゃんにしようかなと思ったりしています。

この動画で使った着物はG2F用で、着せられることは着せられるのですが、袖を綺麗に揺らせることはできません。
袖の下がキャラクターの腰当たりに引っ張られるのです。ウエイトマップを塗り直そうとしましたが、上手くいきません。袖を綺麗に揺らせることができるようになるのは、いつの日になることでしょうか(遠い目)。

使わせていただいたアイテム
1. Aiko 8 Pro Bundle
2. Mei Lin 6 Geisha Bundle
3. MIKO Hair
4. サウンド 音楽の卵さんの「raina」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra 



tsukitaku at 21:45|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年08月09日

DAZベンダーへの道 (9)

いろいろ路線変更することにしました。
まず、キャラクターの名前を変更することにしました。TT RikoかTT RurikoかTT Rikakoなどに変えるつもりです。
それからGenesis 3 & Genesis 8用ではなく、Genesis 8用だけにしました。
Genesis 3でずっとやってきましたが、これからはGenesis 8の時代なので、DAZ 3Dの審査に受からない可能性が高いためです。
月川の今の技術ではキャラクターをGenesis 3 と Genesis 8で同じ形にするのが難しいことも関係しています。

最近はテクスチャをつくっています。
肌色を好みの白にするのに時間がかかりました。眉毛やアイラインを手書きするのはまだいいとしても、バンプやスペキュラーの画像をつくるところまでは手がまわりません。
来週あたりにGenesis 8 Female用のSkin builder が発売になるそうなので、それを買ってから本格的にテクスチャをつくり始めようと思っています。

今日の絵はGenesis 8 FemaleのAiko8をZBrushで加工したものです。
★Riko Geisha 1

★Riko_Kimono2
★Riko_Dress


tsukitaku at 23:29|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年08月05日

2018独立美術京都作家展に行ってきました

京都府文化芸術会館で開催されている「2018独立美術京都作家展(洋画)」に行ってきました。

実は、独立美術協会の女性会員による「第2回 The REGINA」展が大阪の高島屋で開催されていたのですが、勘違いして京都の高島屋へ行ってしまったところ、別の展覧会が開催されていたので、そこも鑑賞してきました。

京都府文化芸術会館で開催されている「2018独立美術京都作家展(洋画)」では、山根須磨子さんの蓮と女性の「光彩の溢るる中で」シリーズの3枚の組み絵が華やかで美しかったです。みずみずしい若い女性の肌や衣服の質感は大変見応えがありました。

それから、平育子さんの古代魚シリーズも進化していました。魚の色の強烈さや今にも建物を破壊しそうな勢いのあるポーズが印象に残りました。

今日の絵は、山根須磨子さんの絵に触発されて蓮と女性の絵をCGで描き、後でCybekLink PhotoDirectorで加工したものです。

                  日本画風に加工した蓮と女性

★★★蓮の妖精HDR 秋楓


2018年08月02日

VRoid Studio ベータ版がリリースされました!

VRoid Studioベータ版「VRoid Studio Version 0.1」が、7月31日(火)についにリリースされました!
そして今日、さっそくアップデートがありました。一般公開は、8月3日(金)の予定です。

一般公開より前に、ダウンロードリンクをインターネット上へ公開したり、再配布するのは禁止されていますが、自分でつくった作品は、ハッシュタグ #VRoid を付けてTwitterやSNS、instagram等に、どんどん投稿することが奨励されています。

【VRoid 公式Twitterアカウント】

VRoid Studioはすごい人気で、2018年6月29日にVRoid Studioの提供開始を発表後、なんと45,000人以上の人が先行利用の申込みをしたそうです。

このソフトでは、ベースの女性キャラクターモデルをもとに、目や口といった各パーツの位置をスライダーでカスタマイズできます。現在アレンジできるのは、女性の顔と髪形だけで、エクスポートはVRM形式のみです。全体の保存とは別に髪型だけプリセットとして保存・読み込みすることも可能です。 VRMで定義されたボーンを自動生成する機能も備えているそうですが、VRM形式のアイテムに慣れていない月川には絵に描いた餅のようで、キャラクターを使った本格的な遊びができません。

しかし、今後は、男性キャラクターの追加、体型のカスタマイズや髪の毛などの揺れるものを設定する機能、表情デザイン機能、衣装デザイン機能、FBX/OBJ形式へのエクスポート機能などが追加される予定だそうです。さらにベースモデルの衣装の拡充、顔や体型の形状編集機能の強化なども行われるそうです

個人的には、シンメトリー機能の追加をしてほしいなと切に感じました。なによりも大きな可能性を秘めたソフトなので、今後が楽しみです。VRoid Studioで作ったキャラクターを早くiCloneに移植して動画をつくりたいです。

今日の絵は、VRoid Studio ベータ版でつくった初めてのキャラクターです。

                      VRoid Studio初絵

VRoid1


2018年07月30日

DAZベンダーへの道 (8)

今日はまたDAZ 3Dでプラチナクラブのバーゲンがあったので、Genesis 3 と 8 Femaleの両方に使えるキャラクターのサンプルとして Marianne for Genesis 3 and 8 Femaleを買いました。ついでにG8F用のスリップドレスやアラビアの宮殿などのバンドルも買いました。

買い物18.7.30

RenderosityのバーゲンでもLittle Princess Bedroomなどを買っているので、今月は2万円位買った計算になります。DAZ 3Dでの支払いはギフトカードで先払いしているので、散財しているという実感は乏しいです。

それからG3からG8へのモーフの移植について、役に立ちそうな動画やサイトをピックアップしました。

G3F to G8F その2
G3からG8へのモーフ:DAZのForum
このForumのp15にあるG8_Morph_TransfersR1をDropbox経由でもらってきました。


tsukitaku at 23:25|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月29日

DAZベンダーへの道 (7)

今日は、DAZ 3DでMarika HD for Genesis 8 Femaleという勇ましいお姉さんキャラクターが発売になりました。

なので、TT Marikaという名前はやめた方がいいかなと思っています。商品にする時は、Genesis 3 and 8 Female(s)用にする予定なので、Marikaという名前がかぶるのはよくないですからね。

話変わって、昨日の続きです。
Diffuse Colorの色を変えて、すべての肌の色を一気に変えている動画がありました。


今日は、この方法で一気にすべての肌の色を白くすることができないものかなと思って試行錯誤してみました。Diffuse Colorは白なので、これ以上白くできないことが分かりました。それで、Translucency Colorを薄い色に変えてみると、キャラクターの肌の色がめでたく白くなりました。

この肌のままSkin Builderを起動させると、すべての画像を書き出してくれます。アイラインやアイシャドーを描き加えることもできました。

しかし、眉毛は元の眉毛を消すことなく描き加えられてしまうので、変化させることができません。口紅もはみだしているっぽいし、眼球の黒めの周りの線も気になるので、まだまだ改良しないといけないです。

★肌色変え3

★肌色変え5

                  色白の加工キャラ


化粧6



tsukitaku at 23:23|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月28日

DAZベンダーへの道 (6)

今日は、Skin BuilderでMarikaのテスト版を色白にしてみました。

Translucency Colorをいろいろ変えて色白にしてみましたが、顔の下半分の肌がまだらで汚いので気に入りません。

藤田嗣治さんの描かれた女性の「乳白色の白」と呼ばれる独特の肌の色・質感を再現したいので、もっと頑張ってみます。今日の絵は、クリックで拡大できます。

                Skin Builder で化粧した加工G3F 2

Skin builder2


tsukitaku at 23:17|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月27日

DAZベンダーへの道 (5)

今日は。一昨日買ったSkin Builder 3 for Genesis 3 Female(s)を使ってみました。

Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s) の使い方というサイトの情報がすごく役に立ちました。

このサイトでも書かれていたのですが、色白にするのは他のソフトの力を借りなければならないなと感じました。どうしても芸者さんのような白い肌を作ってみたいので、なんとか工夫して白くするつもりです。そういえば、色の白いは七難隠すという諺がありましたね。

いったん好みの化粧をほどこすと、一気に全テクスチャに名前をつけて書き出してくれる機能は、神業のようです。

Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s)は、まだ少ししか触っていないのですが、パワフルな威力を感じました。

今日の絵は、Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s)で化粧を施した加工G3Fです。背景は自動で書き出された画像です。

               Skin Builder で化粧した加工G3F


化粧3



tsukitaku at 23:14|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月25日

DAZベンダーへの道 (4)

DAZでバーゲンをしていたので、Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s)を買いました。このアイテムは、Genesis 3 Femaleのテクスチャを変えて、マーチャントリソースとして販売することもできるという優れものです。目や口紅、眉毛などを簡単に修正できるそうです。ベンダーの商売道具のようなものなので買っておいた方がいいなと思っていたので、バーゲンになってよかったです。

使い方は、Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s) の使い方というサイトで詳しく書いてくださっています。

使い方の動画もあります。


Skin Builder Pro for Genesis and Genesis 2 Female(s)も少し前に買ったので、Genesis 2 Femaleのテクスチャも修正できる準備が整っています。まだ使っていませんが。。。

Skin Builder Pro for Genesis and Genesis 2 Female(s)の使い方は、スキン作成スクリプト Skin Builder Pro for Genesis and Genesis 2 Female(s)というサイトで詳しく書いてくださっています。

ついでに、Growing Up for Genesis 3 BundleGrowing Up Bundle for Genesis 8 Female(s) and Male(s)も買っておきました。ZBrushがあるので、これらはあまり使わないかもしれません。

★DAZ18.7.25

tsukitaku at 23:57|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月23日

DAZベンダーへの道 (3)

TT MarikaはAiko 7、Genesis 3 Female Head Morphs、Genesis 3 Female Body MorphsそしてZBrushを使って加工したものです。しかし、Aiko 7、Genesis 3 Female Head Morphs、Genesis 3 Female Body Morphsという3つのアイテムを持っている人にしか買ってもらえないというデメリットがあります。なので、Aiko 7を持っている人に気軽に買ってもらえるように、Genesis 3 Female Head MorphsとGenesis 3 Female Body Morphsは使わずにZBrushだけで加工することにしました。

それから今回、自分でつくったモーフを登録する方法についてかなり調べたので、参考にさせていただいた記事のリンクを下に貼っておきます。つくったモーフは保存しておかないとなくなってしまうので、非常に大事な情報です。記事を公開してくださった方々に感謝します。

参考にさせていただいた記事
【D|S】自作モーフを登録する方法 1
【D|S】自作モーフを登録する方法 2
Genesisでキャラを作る1(モーフの作成)
Genesisでキャラを作る2(アイコンの作成)
純少女 Take17 Genesis 8 自作モーフの作り方【Blenderを使う場合】

今日の絵は、Aiko 7をZBrushだけで加工したキャラクターの1つです。他にもいろいろ作りました。
テクスチャもAiko 7のテクスチャを加工して作りました。
                    TT Marikaイメチェン

Marikaイメチェン1



tsukitaku at 23:03|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月19日

DAZベンダーへの道 (2)

DAZベンダーになる方法は、[BECOMING A DAZ 3D PUBLISHED ARTIST]に詳しく書かれています。

昨年DAZベンダーになられた「とうふさん」が実際にベンダーになられたことで解決した疑問について書いておられる興味深い記事もあります。

DAZで商品を出品しているベンダーは、PA(Published Artist)と呼ばれ、次の特典が与えられています。
1. プラチナクラブ会員特典が受けられる
 → ただし、この権利は商品を概ね6ヶ月間リリースせずにいると消滅するそうです
2. プラチナクラブの割引を超えてさらに20%割引してもらえる
3. PA専用の特別なフォーラム(掲示板)に参加できる
4. 製品の販売による純収入の50%を受け取れる
5. ボーナスとして、毎月上位15人のアーティストが15%のボーナスを、上位16人から30人のアーティストが10%のボーナスを受け取れる

1と2の特典だけ見ても、おいしい話ですね。
ただ、審査があるので、いい製品をつくらないとPAにはなれません。
まず、自分の作品の画像をpa@daz3d.comに送って、製品の概要を説明することが第一の関門になっています。

今日の絵は、TT Marikaの水着審査用のプロモ画像(のつもり)です。テクスチャはまだ借物です。

                  水着の茉莉花

Aiko73Delightテクスチャ



tsukitaku at 23:18|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月17日

DAZベンダーへの道 (1)

いつかDAZ 3Dで素材を販売したいと言いながら、これまで一度も行動を起こさなかったのですが、今年はやや本気になって、最低でも2作、挑戦することにしました。

販売用に初めてつくったのが下のキャラクターで、Aiko 7をZBrushとモーフスライダーで少女風に加工し、TT Marikaと名づけました。漢字で書くと「茉莉花」です。岡田茉莉子さんの名前の一部を拝借しました。

テクスチャはまだ借り物なので、これからToon調のものなどをつくっていきたいと思っています。
着物とかつらは既製品です。

使わせていただいたアイテム
1. Aiko 7
2. Peony Kimono Textures
3. Sayuri Hair
4. Sayuri Expansion Pack

今日の絵は、販売用に初めてつくったキャラクターです。

                  TT Marika

★Marika9


tsukitaku at 23:17|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年07月13日

Kenjiを使ってiClone7で動画をつくってみました

10日ほど前にTeen Kaylee 8 Pro Bundleを買った時に無料でいただいてきた Kenjiを使って、ゴージャスな室内にいる美青年の動画をiClone 7でつくってみました。
ストーリーなどはなく、豪華なシーンをお見せしたいと思って作りました。

使わせていただいたアイテム
1. Kenji 7 Pro Bundle
2. Sophisticates for Grantham Hall Suit
3. Montespan Interior Scene
4. Melidae Crown
5. Architectural Garden Plants for Daz Studio Vol. 1
6. サウンド Areyou鮎さんの「祈り-inori-」
7. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra 


2018年07月07日

ZBrushの新型XMD Toolboxの導入

昨年、 Michael DunnamさんのXMD Lifetime Membershipという1000を越える膨大な数のブラシを一生使える権利を買いました。

一週間ほど前にXMDブラシを簡単に管理できる新型のXMD Toolboxが公開され、無料でダウンロードできるというお知らせが届きました。

月川は、このToolを入手するための初期の対応をしくじったためにメールアドレスをブロックされ、Michael Dunnamさんに直訴するなどかなり遠回りして、やっと昨日、所定の場所にインストールすることができました。

クリック一つで好きなブラシをすぐにZBrushで使えるようになり、胸をなでおろしています。

★XMD





tsukitaku at 17:21|PermalinkComments(0)clip!ZBrush 

2018年07月03日

バーゲンでTeen Kaylee 8 Pro Bundleなどを買いました

今日はDAZ 3Dで、Teen Kaylee 8 Pro Bundleと関連製品を3個買うと50%引きになって、Select Daz Original Bundlesの中から3つまでが無料になるというセールをやっていたので、いろいろ買いました。

Select Daz Original Bundlesが、かなり豪華で、183.95ドルもするKeiko 6 Mega Manga Bundleなど3つのビッグなバンドルが無料になったのは嬉しいです。Kenji 7 Pro BundleとSunny 7 Pro Bundleももらっときました。というか、これらのバンドル製品が3個も無料になるので、Teen Kaylee 8 Pro Bundleなどを買ったようなものです。

Teen Kaylee 8 Pro Bundleを普通に買うと134.95ドルですが、今回633.65ドル分のアイテムが全部で73ドルになりました。結果的に約90%引きになりました。DAZ のプラチナクラブのセールマジックですね。
買い物18.7.3

たくさん買ったので、iCloneに移植するのは、かなりの時間がかかりそうです。気に入ったものだけをひとまず移植することにします。

今日の絵は、Teen Kayleeの初レンダ。褐色の肌の元気そうな少女です。
★Kaylee2


2018年07月01日

Pixivから3Dキャラクターを簡単に作れる無料ソフトが発表されました

PixivからVRoid Studioという名前の3Dキャラクターを簡単に作れる無料ソフトが発表されました。

ピクシブではこれまで、主に2Dの創作活動をサポートしてきましたが、今後は3Dに関わる創作活動を支えるサービスも提供していくそうです。

「3Dを使ったコンテンツを、誰でも創れるようにしたい。想像力と表現力をすでに備えたクリエイターが、3Dという新しい創作に挑戦することを、テクノロジーの力で応援したい。」というのが、VRoidプロジェクトのコアコンセプトだそうです。

リリース時はまずVRM形式のエクスポートにしか対応していませんが、今後は他の形式もサポートしていくそうです。
VRM形式のアイテムは、現時点では3DXchangeでは読み込めないので、iCloneに移植するにはFBX形式のファイルに変換できるソフトが必要になってきますね。
リアルタイムプレビューしながら展開したテクスチャにペイントも可能とのこと。
商用でも無償で利用可能というのは嬉しいですね。
2018年7月末にオープンベータ版がリリースされる予定です。
先行クローズドベータの提供も予定されていて、公式サイトでは応募フォームで募集が開始されていたので、事前登録しておきました。

参考サイト
無料3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio」を2018年7月末に公開します
pixiv、お絵かき感覚で3Dキャラを作れる「VRoid Studio」発表! 7月末リリース
VRoid Studio - Pixivから3Dキャラクターを簡単に作れる無料ソフトが発表!

header


2018年06月28日

昔の日本の遊郭をテーマにした動画をつくってみました

iCloneのBase Femaleを加工して、テクスチャもZBrushのSpotlight機能を使って描き変えようと計画して10日余り試行錯誤しましたが、挫折しました。

iCloneのBase Femaleの顔のテクスチャは非常に特異的で、現段階の月川の実力ではZBrushのSpotlight機能で描いたテクスチャはUVマッピングできないことが分かりました。DAZキャラクターならできますが、UVマップの展開図を加工した方が綺麗に描けそうだと感じました。

どちらにしても商品にできるレベルには、まだまだ到達できそうにありません。
時間がかかる割に思い通りのものができないのでストレスを感じます。

それで、気分転換で、昔の日本のある遊郭を訪れた侍の体験をiClone 7で動画にして、ストレス解消をしてみました。

使わせていただいたアイテム
1. Mei Lin 6 Geisha Bundle
2. Immortal Ronin
3. Kimotana
4. Japanese Corridor and Bedrooms Environment
5. Tsurekomi
6. サウンド 甘茶の音楽工房さんの「ヴァンパイアの目覚め」
7. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra  


2018年06月16日

「I Love Travel 2018」ビデオコンテストが開催されています!

サイバーリンク開催の、旅をテーマにしたビデオコンテスト「I Love Travel 2018」が始まりました!

ビデオの投稿と投票: 2018年9月5日迄
審査期間: 2018年9月10日~2018年9月25日
結果発表: 2018年9月28日

サイバーリンクの動画編集ソフトを使い、サイトで配布されているオープニングビデオを挿入した1分から6分までの長さのYouTubeもしくは Vimeoにアップロードされた動画作品が審査の対象です。

参加規則
賞品
優勝賞品はノートパソコンやドローン、サイバーリンクの動画編集ソフトのセットなど、とても豪華です。作品賞として、最優秀賞や優秀賞賞、特別賞、佳作10本の他、人気投票賞部門、ラッキー投票賞もあります。
さらに、日本人ユーザー向けの特別賞としてノートパソコンやペイントソフト、ビデオカメラなど、魅力的な賞品がたくさん用意されています。

編集のヒントや過去の受賞者の作品などもチェックできます。パソコンの前に座っていながら、世界中の美しい風景と人々を見ることができる非常に楽しいコンテストです。今年も参加しようと思っています。

現在投稿されている作品はこちらです。

製品を持っていない人も、無料体験版の PowerDirectorやActionDirector、モバイル版の PowerDirector を利用して参加できます。

unnamed


tsukitaku at 21:18|PermalinkComments(0)clip!コンテスト情報 

2018年06月12日

ZBrushのスポットライト(SpotLight)を使ってテクスチャを変更し出力するまで

ZBrushのスポットライトは、ZBrush上でテクスチャを編集できるツールです。
三次さんの新マトリョーシカ(3Zi_MatryoshkaDoll)を使わせていただいて、ZBrushのスポットライトでテクスチャを変更し、出力するまでの手順をメモしてみました。新マトリョーシカは、UV設定がすでにされているアイテムです。下図の左。
変更用のテクスチャは、CLIP STUDIOで2048x1024ピクセルの大きさにして自作しました。下図の右。
1元絵

手順

1. 右上方のツールのインポートをクリックしてobj形式の新マトリョーシカを読み込む
2ツール
2. 上方のEditをクリック
3Edit
3. 上方のマテリアルからSkinShade4を選ぶ
(マテリアルを白くして、これから読み込むテクスチャの色を綺麗に反映させるため)
6マテリアル
4. 右のツールのサブツールで新マトリョーシカを選んで、ジオメトリのディバイドでSubDiv5 位にする
(ポリゴン数が少ないとテクスチャの解像度が低くなるので、ポリゴン数を増やしておくため)
4Subdivide
5. 上方のテクスチャのインポートから新マトリョーシカのテクスチャを読み込み、V(上下)反転しておく
(オリジナルテクスチャが貼られている位置を確認するための作業の初め)
5元テクスチャ
6. 右のツールのテクスチャマップの四角の空のサムネイルをクリックし、出てきたQuick Pickの中から新マトリョーシカのテクスチャを読み込む
(オリジナルテクスチャが貼られている位置を目で確認するため)
6元テクスチャ適用
7. テクスチャマップの四角の空のサムネイルをクリックし、Texture Offにしておく
(新たなテクスチャをつくって貼り付けるための準備)
8. スポットライトを使う前に、上方のZaddをクリックしてオレンジ色の表示を消し、RGB表示をクリックして有効にしておく
6RGB
9. 上方のテクスチャのインポートから貼り付けたいテクスチャを選んで読み込む
7 新テクスチャ
10. このテクスチャを選んでスポットライトへ追加する。
8
11. スポットライトのダイヤルが出てくる:テクスチャ画像の編集が可能になるので転写する
9スポットライト
12. テクスチャを転写したら、右のツールのテクスチャマップの四角の空のサムネイルの下にある●作成をクリックしてポリペイントから作成をクリック
10ポリペイント
13. テクスチャが作成されているのでこのテクスチャの右の上から2番目のテクスチャ複製をクリック
(この操作でCurrent Textureの中に新たに作ったテクスチャが入ります)
14. テクスチャを出力で適当なフォルダーを選んで保存します。OKをクリック
(テクスチャーサイズは上方のテクスチャをクリックすると幅と高さのスライダーが出てくるので変更できます)
11エクスポート
下は、新しくできたテクスチャ。UVマップが施されたアイテムなので、UVマップ上に描かれています
新テクスチャ
15. 3DXchangeで新マトリョーシカを読み込み、新テクスチャを適用します
テクスチャが正しくマッピングされていないので、MaterialのOffset とTilingの右にある右下のMirror Vを1回クリックすると、正しくマッピングできます
12 3DXchange
16. キャラクター形式の新マトリョーシカにZBrushでつくったテクスチャを貼り付けてポースをつけてみました
13 iclone
(15.と16.はiCloneを使っている人向けです。)

スポットライトの使い方の要約:詳しいことは、下の参考にさせていただいたサイト1を参照してください。
ダイヤルの内側をドラッグで画像とダイヤルを移動できる。
ダイヤルが出ている時にZキーを押すとダイヤルが消え、ポリペイントとしてオブジェクトにテクスチャを転写できる。
さらにZキーを押すとダイヤルが出てきてテクスチャ画像の編集が可能になる。
つまり、スポットライトを起動している時は、Zキーでダイヤルモード/ペイントモードの切り替えができる。
Shift+Zを押すと、スポットライトモードから通常モードに切り替わるので、転写されたテクスチャを確認する。
転写は画像編集モードで不透明度を下げると見やすく出来る。
テクスチャを複数読み込んで作業することも可能。
SpotLightに読み込んだテクスチャは、別ファイルとして保存することもできる。
ドラッグ中、望まないエリアまで色を塗りつぶしてしまった場合、ドラッグの方向を逆にすれば戻せる。
Nudge(ゆがみブラシ)を除く大半の機能はCTRL+Zでは戻らないので、戻したい時は編集のアンデューカウンターで戻す。(癖でCTRL+Zを押すとモデルに影響が出てしまう。)

参考にさせていただいたサイト
1.ZBrush-SpotLight(スポットライト)の使い方と各機能
2. 新感覚のテクスチャ転写型3Dペイント機能、SpotLight(ZBrush4)紹介とざっくりした使い方
3. 画像転写機能とトレス
4. Zbrushメモ_テクスチャ制作
5. ZBrushのスポットライトを簡単にまとめてみました! 昔 作成した再投稿ですー 

参考にさせていただいた動画



小石の写真を転写して凸凹までつけておられます。これはすごいです!

tsukitaku at 22:33|PermalinkComments(0)clip!ZBrush 

2018年06月11日

DAZ の和風バーゲン品を買いました

最近、何をしているかといいますと、ZBrushのSpotlight機能を使ってキャラクターや小道具にテクスチャを描いたりしています。最終的には、DAZやiCloneキャラクターをToon風のキャラクターに加工して動画で使いたいと思っています。なかなか上手くいかなかったのですが、やっとspotlight機能を使ってテクスチャを変更し、出力するまでの操作ができるようになったので、ブログでまとめておくか、動画解説にしようかなと考えていました。

しかし、なんだかんだと言いながらも、DAZではひっきりなしにバーゲンが行われているので、毎日毎日それをチェックするのに多大な時間を取られています。新製品を買うと、関連製品が70%引きになるという魅力的なバーゲンもあります。それにつられて今日も次の3アイテムを買ってしまいました。定価で買うと129.86ドルもしますが、プラチナクラブに入っているので、6ドル割引クーポンも利用すると3つ合計で31.07ドルになりました。ギフトカードという名前の前払い金をDAZに預けているので、支払いはありません。去年の暮れに、ギフトカードが20%引きの時があったので、約10万円分のギフトカードを買っておきました。会計処理の時、クレジットカードやペイパルを使う必要がなく、大変便利です。まだ半分くらい残っています。また安い時に買い足しておこうと思っています。

Japanese Alley        $34.95 → $17.13
Mei Lin 6 Geisha Bundle    $49.95 → $7.34
Mei Lin 6           $44.95 → $6.60  

芸者バンドルの着物は、前から欲しいなと思っていましたが、Mei Linも買わないといないので決断がつきませんでしたが、これだけ安くなると買う決断がつきました。

今日買ったアイテムで一枚レンダリングしてみました。DAZ StudioのIrayレンダリングです。

              歌舞伎町一番街の、なんだか妖しいお姉さんたち

Japanese Alley



2018年06月03日

CyberLinkのAI スタイルプラグインで動画の加工

CyberLinkのAI Style Pluginを使って、動画を印象派やゴッホの名画風に加工してみました。

加工用の動画は、自分で撮影した風景や、iCloneでつくった動画を使いました。

サウンドはFree BGM DOVA-SYNDROME さんの「その手に花を(作曲:haya)」を使わせていただきました。

CyberLink PowerDirector 16 Ultraで編集と出力をしています。



2018年06月01日

第12回 和風展参加賞の弁財船の動画をつくってみました

第12回 和風展参加賞の弁財船(by HONEYさん)を使わせていただいて、嵐の海で漂う弁財船の動画をつくってみました。

弁財船は、「べざいせん」あるいは「べんざいせん」とも読み、安土桃山時代から明治にかけて日本で広く使われた大型木造帆船で、俗称として千石船と呼ばれている船のことです。

HONEYさんのモデリング技術の高さに圧倒されるアイテムです。

船をテーマにするからには、舞台となる海を用意しなくてはならず、いろいろ調べました。

アニメーションが付いた海は、iREAL Animated Ocean Water System(29.95ドル)がありますが、これはDAZ Studio用のアイテムで、aniMate2(59.95ドル)も買わねばなりません。このアイテムを使うためには、動画自体をDAZ Studioで作らなければならず、モーション付けやレンダリングも大変になります。

iClone用のアニメーションが付いた海としては、Sea Model EZ Sets(4,595 DA、 約5000円位 になります)が綺麗で使いやすそうです。このアイテムを買おうかなと思ったのですが、今回は、無料の海モデルでなかなか素晴らしいものがあったので、使わせていただくことにしました。

使わせていただいたアイテム
1. 第12回 和風展参加賞の弁財船
2. Ocean Plane
3. Immortal Ronin
4. サウンド 甘茶の音楽工房さんの「暗雲」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra 
    


2018年05月26日

学校の制服をテーマにした動画をつくってみました

色んな学校の制服をSakura 8に着せて、動画をつくってみました。
iClone 7でToon Renderingした動画をCyberLink PowerDirector 16でさらにToon加工しました。

使わせていただいたアイテム
1. Sakura 8
2.【配布】セーラー服半袖セット for G8F
3.【配布】JK制服セット for G8F
4.【配布】セーラー服2セット for G8F(dFORCE)
5.【配布】ウェットMat for JKブラウス & JKスカート
6. H&C School Uniforms for Genesis 8 Female(s)
7. TS Classroom
8. MAGIC CHALKBOARD
9. サウンド 音楽の卵さんの「妖精達のお祭り風景」
10. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra   


2018年05月22日

カオスさんの制服とIH Kangさんの学校の制服

pixcivで無料配布されているカオスさんの制服とIH Kangさんの制服(こちらはDAZ 3Dの有料製品)をiClone 7に移植しました。

iClone7をアップデートしてから、まともに3DXchangeを使えなくなっていたのですが、3DXchangeを最新版の7.22にアップデートしたら、再びまともにFace Keyが入れられるようになって、自動でFacial Animationできるキャラクターに変換できるようになりました。よかったです〜

カオスさんの制服は1から4
1. 【配布】セーラー服半袖セット for G8F
2. 【配布】JK制服セット for G8F
3. 【配布】セーラー服2セット for G8F(dFORCE)
4. 【配布】ウェットMat for JKブラウス & JKスカート
5. H&C School Uniforms for Genesis 8 Female(s)

        左4体はカオスさんの制服で右だけIH Kangさんの制服:モデルはSakura 8

★制服1Toon


2018年05月20日

第12回和風展の参加賞をいただきました

第12回和風展の参加賞をいただいてきました。

今年は、sannziさんのホオズキです。
緑、赤、茶色の実の他、植木鉢に植わっている4種類の成長段階のホオズキが入っていました。
赤いちょうちんがぶら下がったような姿が、とても可愛いです。

今日の絵は、第12回和風展の参加賞、sannziさんのホオズキを使って描き、DAZ StudioのIrayレンダリングしました。

その他の使わせていただいたアイテム
Hotaru for Sakura 8
【配布】浴衣 for G3F/G8F(dFORCE) 
 
G3F/G8F用の浴衣は、iCloneに移植しましたが、袖が上手く揺れてくれませんでした。

                      ホオズキ娘

★ほおずき3


2018年05月19日

ボイスロイドの「琴葉姉妹の動画作品コンテスト」が開催中!

エーアイさん主催の琴葉姉妹VOICEROID動画コンテスト2018が開催中です!
応募期間は5/15から8/20までです。「VOICEROID+ 琴葉 茜・葵」(価格 12,800+税)もしくは「VOICEROID2 琴葉 茜・葵」(価格 17,800+税)のソフトを使用した未発表オリジナル動画作品であれば一人何作品でも応募可能とのことです。

琴葉姉妹VOICEROID動画コンテストは、2014年に一度実施され、結果が発表されています。

その時のニコニコ動画への応募作品はこちらで、YouTubeへの応募作品と合わせると、全部で18作品の応募があったそうです。

上は優勝作品です。

公式MMDモデル(銀獅式)の他にお宮さんがつくられた3Dモデルも配布されています。

[賞金及び賞品]
グランプリ   賞金10万円+琴葉姉妹グッズ
準グランプリ  賞金3万円+琴葉姉妹グッズ
琴葉姉妹特別賞 琴葉グッズ詰め合わせ
AHS特別賞   受賞作発表時に発表
京町セイカ賞  キャラクターグッズ、特産品等


tsukitaku at 13:14|PermalinkComments(0)clip!コンテスト情報 

2018年05月14日

第12回和風展に投稿しました

第12回和風展に次の3作を投稿しました。

花魁さんの一人遊び 
初デートは和食レストラン
澤の屋の女将さん

ほんとは、Genesis 8 Female(G8F)に振袖を着せた作品を投稿しようと思って、ここ数日試行錯誤していたのですが、Genesis 3 Female(G3F)に続いてまたもや振袖を着せられずに撃沈しました。

G3FやG8Fに振袖を着せられないのは、月川の技術が未熟なためで、達人なら着せておられるのかなと思って、ネットで検索しましたが、成功したという報告は1例しか見つけられませんでした。

DAZ 3DのForumの「Looking for Genesis 3 compatible yukata/casual kimonos and karate uniforms.」というトピックにその困難さが書かれていました。

ただ、will2powerさんだけが、AutofitせずにDForce Physics使って実験的にG3Fに着用させておられました。
DForce Physicsのことをまだよく知らないので、勉強しようと思いました。

今日の絵は、投稿しなかった没作品です。iClone 7でレンダリングした画像を、CybeLink PowerDirector 16でCatoonエフェクト処理し、本の挿絵風のあっさりした絵にしてみました。

                    絵葉書風の江戸の町

★ブログ用江戸1


2018年05月10日

スマートフォン撮影のビデオからつくれるモーションキャプチャ

スーツやセンサ等は不要で、スマートフォンを用いて撮影したビデオをアップロードすれば、全身3Dモーションをつくってくれる「Radical Motion」というiosアプリが、無料リリースされました。

アップロードしたデータは、fbxとしてダウンロードもでき、アニメーションやゲームエンジン間ですぐに使用することができるそうです。

これは動画をつくっている者にとっては、革命的な出来事で、今後、モーションを買わなくても済むかもしれないですね。

Radical

関連サイト
RADiCAL Motion - スマホ等で撮影した動画から人体3Dモーションデータを生成できるクラウドサービス&アプリ!
Radically Simple: AI Startup Makes 3D Motion Capture a Breeze for All