aamall

2018年12月08日

PD Howler 11で地形を作成し、iCloneに移植しました

PD Howler 11で地形をつくり、iClone7に移植しました。

制作方法
1. Height Map(高さマップ)をterrain.partyHeight Map Generatorで作る。
2. それらをPD Howler 11に読み込み、3D デザイナーで3D objectをつくる。
3. PD Howler 11でつくった3D objectはポリゴン数が200万以上になったので、ZBrushで1/10位に減数する。
4. 3DXchangeに読み込んでiPropに変換し、iClone 7に移植。

下の上の方の画像は、terrain.partyのHeight Mapからつくった地形で、下の方の画像は、Height Map Generatorでつくった地形です。

                  PD Howler 11でつくった地形

★富士山

★test5%


2018年12月06日

PD Howler 11 - Project Dogwaffleのチュートリアルを買いました

1週間ほど前に PD Howler 11 - Project Dogwaffleという、静止画や動画の他、地形をつくることができるソフトを買ったのですが、なかなか思うような地形や絵が作れませんでした。

昨日、DAZでチュートリアルのバーゲンをしていたので、思い切って次のチュートリアルを2つ買いました。

1. How to Create Stunning Landscape Scenes with PD Howler 
2. 20 Powerful Postwork Procedures with PD Howler 

1.では、Tiffanie GrayさんがPD Howlerを使って、3Dデザイナー、Puppy Ray、ペイントという3つの異なる方法で素晴らしい風景を作成する方法を紹介しています。おまけとして水や山を描くための32個のペインティングセットと高さマップが3枚が入っていました。

2.では、Tiffanie Grayさんが20の重要なポストワークを示しながらPD Howlerを使用する方法を紹介しています。1.5時間以上の2つのチュートリアルとPD Howler用のパーティクルブラシのボーナスパックが入っていました。

どちらのチュートリアルも初心者向けの英語のライブ映像で、質疑応答部分も多く、よく理解できましたが、見てすぐにいい絵が描けるようになるとは思えませんでした。特にペイントは絵の才能がないとダメっぽいです。

making a river canyon in Howler 9 5 - 3D Designerに使われたような、山あり川ありの地形ができる高さマップが1.のおまけに入っていることを期待して買ったのですが、そういうものはなかったので、少しがっかりしました。
チュートリアル


2018年12月04日

忍者村と日本の小家屋を買いました

忍者村日本の小家屋を買いました。

リアルで忍者村や日本の小家屋を買ったら、数億円以上かかると思いますが、CGなので、2つ合わせて定価で62.9ドルです。

月川はこの1年で、DAZ 3Dでは約15万円の買い物をしているので、Loyality Discountがあって、プラチナクラブの割引からさらに30%割り引いてもらえ、約67%引きの27.06ドルで買うことができました。

これらのアイテムの制作者はsugatakさん。DAZ 3Dで一番上手いベンダーさんであり、アーティストだと思います。忍者村だけで1時間もののアニメが作れそうなほど、細かい部分まで作りこんであり、感動します。

すぐに動画をつくりたい気分もするのですが、DAZの予備審査を通過できるようなアイテムを1個つくることを優先しようと思います。

地形かヘアをつくろうかと思ったのですが、G8Fキャラクターの加工をしていると楽しいので、またキャラクターの加工をしたいなと思ったりもしています。

今日の絵は、最近買った忍者村と日本の小家屋です。iClone 7でレンダリングしました。
★忍者村

★日本の小家屋


2018年12月02日

第86回独立展に行ってきました

京都文化博物館で開催されている第86回独立展に行ってきました。

第86回独立展の受賞者・賞候補者発表はこちら

山根須磨子さんの作品は、今回は1作だけでしたが、大変美しい作品でした。ミュシャのポスターを彷彿とさせる、濃い赤と金色の装飾的な背景の前に蓮の実や玉などを持って立った、目を見張るほど美しい3人の若い女性の像で、何としてももう一度見たいと思って、ネットで検索しまくりましたが、見つけることができませんでした。

独立賞を受賞された児玉沙矢華さんの「逆さの世界の鳥になる」や井阪文紀さんの「Personal space」は、生きにくさや息苦しさといったメッセージ性があって、印象に残りました。

廣瀬淳志さんの「石抱く榕樹—幻影—」のダイナミックな生命力、鳥羽祐二さんの「くうねるあそぶ-18」の寓話的な犬が面白く、大津佳代子さんの抽象画も心に響くものがありました。

今日の絵は、山根須磨子さんの絵を少し真似して、金色の背景で作品を作ってみました。
キャラクターはAiko7を加工しました。

                金色の背景

★★Aiko7加工2
★★Aiko7加工1

2018年11月30日

Genesis 8 Femaleの新キャラクターを3体買いました

DAZ 3DでLoyalty Discountや6ドル引きクーポンがあったので、次のGenesis 8 Femaleの新キャラクター3体を買いました。

左からAnat for Genesis 8 FemaleBelinah HD for Genesis 8 FemaleAndrea for Genesis 8 Femaleです。

いずれもすごい美人なので買ったのですが、レンダリング技術が下手だと、あまり美人に見えないようです。

プロのベンダーさんたちは、ものすごいアーティストなんだと思います。

今日の絵は、新しく買ったG8Fキャラクター3体です。

                   Anat、Belinah、Andrea

Anatなど3人


2018年11月28日

PD Howler 11 - Project Dogwaffleを買いました

DAZのBlack Fridayの半額セールでPD Howler 11 - Project Dogwaffleを買いました。

このソフトは、アニメーション機能を備えたラスターグラフィックスエディターで、静止画、アニメーション、動画をつくることができます。

このソフトを買う前にPD Artist 11 - powered by Project Dogwaffleというアニメーション部分のない方のソフトを買っていて、いいソフトだなと実感していたので、上位版であるPD Howler 11を買いました。

PD Howler 11では、地形、雲、水などをつくることができて、PropsをテクスチャのついたObj形式で出力することができます。

まだ不慣れなために、カッコいい地形は作れませんが、3DXchangeを介してiCloneにすぐに移植できました。

このソフトでつくった静止画や地形などのオブジェクトを販売してもいいのかどうかを制作者のPhilipさんにメールでお尋ねしたところ、2Dなどの付属の画像を再配布してはいけないけれども、Landscpeは販売してもよいという返信をいただきました。

VueやPlant Factoryは出力した3D Objectの販売は、一切認めていないので、このソフトとZBrushでiClone用のカッコいい地形をつくろうと思っています。



2018年11月26日

セクシーボイスロイド「東北イタコ」を買いました

セクシーボイスロイド東北イタコを買ったので、iClone 7で動画をつくってみました。

Live2D用、Blender用、MMD用などのモデルデータがおまけについていたのですが、どのモデルもiCloneに上手く移植できませんでした。

仕方ないので、Live2Dというソフトをダウンロードして少し使ってみましたが、「FaceRig 東北イタコデモ動画」以上のことはできないように思ったので、深入りせずに馴染みのあるDAZキャラクターを使ってiCloneで動画をつくることにしました。

東北イタコは、怒りや悲しみといった感情表現はできないのですが、セクシーボイスがすごく気に入ったので、発売されてすぐに買いました。ダウンロード版は、税込み 12,744円でした。

使わせていただいたアイテム
1. 東北イタコ
2. Japanese Courtyard(https://www.daz3d.com/japanese-courtyard:リンク切れ)
3. Kimotana
4. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra



2018年11月25日

「没後50年 藤田嗣治展」に行ってきました

京都国立近代美術館で開催されている「没後50年 藤田嗣治展」に行ってきました。

質、量ともに、ものすっごくよかったので、大満足しました。

画集やネット検索で見る画像と比べて、(矯正)視力1.5で本物のカンバスを見ると感動の質が明らかに違いました。

藤田嗣治さんは、美術学校の学生時代には吉原に通いつめ、5度の結婚をされたという経歴にも興味を持ちました。

ネットで調べると、藤田嗣治5:高田馬場でマドレーヌ夫人急死という記事の中で、4番目の奥さんであるマドレーヌと一緒に日本へ帰国し、彼女が一時フランスに帰国している時に5番目の奥さんの君代さんと親しくなったと書いてありました。女房運が悪くて困ったと言っていたそうですが、最後の奥さんになった君代さんとは上手く添い遂げられてよかったなと思います。

今回の展覧会では、藤田嗣治さんの日記も展示してあったのですが、1935年の日記帳の表紙に「君代と出会う」と書いてあったので、君代さんと出会ったことは人生の一大事だったのだなと思います。

今回の展覧会では若い時の君代さんの絵はなかったように思うので、ネットで調べると若い時の君代さんの写真がありました。君代さんは、日本橋の料亭仲居をされていたそうで、純日本風の美人です。2015年にはオダギリジョーさん主演の、藤田嗣治さんの生涯を描いた映画「FOUJITA」が作られたので、見てみたいなと思いました。

藤田嗣治さんの作品の中では、やはり「乳白色の肌」の裸婦シリーズの美しさと躍動感に満ちた猫の絵が印象に残りました。「乳白色の肌」を3Dで表現したいと思います。

今日の絵は、藤田嗣治さんの絵を真似して大急ぎで描いてみたものです。

                    横たわるアイ子

★★Aiko7_5
下は、CyberLink Color Directorで加工したもの。

★★スタイル07
★★モザイク
★★スタイル10



2018年11月24日

Lee 8 Pro Bundleを買いました

Lee 8 Pro Bundleと関連アイテムを2個以上買うと、無料になるアイテムがたくさんあったので買いました。
無料になったアイテム:Lee 6 Pro Bundle、Lee 7 Pro Bundle、melting potのアイテム10個、ironmanonethreeさんのアイテムが2個

関連アイテムは着物やそのマテリアルなど3個買ったので、合計で92.04ドルになりました。
無料になったものを合わせると641.40ドルだったはずなので、86%引きで買えた計算になります。

Mei Lin 8 の時もそうでしたが、着物の形が変です。仕方がないので買いましたが、ちゃんとした形のG8用の着物が欲しいです。

今日の絵は、今回買ったアイテムなどでレンダリングしてみたものです。dForce Hanfu Outfit Texturesのテクスチャ(左から1番目と3番目)が大変綺麗です。
背景はMEC4D HDRI Antique China Super-Megapackです。

                     Lee 8 デビュー

Lee集合



2018年11月22日

DAZベンダーへの道 (25)

DAZの予備審査チームにTT Rikoのプロモ画像を提出して約3週間後の昨日、やっと次のような返事が決ました。

While we see potential in these characters the team has decided not to move forward with publishing them.

直訳すると、「我々はこれらのキャラクターに潜在性(将来性)を見るが、チームはそれらを出版することで前進しないことに決めた。」

つまり、二次審査へ進むことなく、落ちてしまいました

3週間の間に、次のような質問などを受けました。
あなたはどうやってこれらのキャラクターを制作しましたか?
あなたのバックグラウンドは何ですか?
あなたがベンダーであれば、他にどのような製品がありますか?
異なるサイズのキャラクターをどのように作成していますか?
スキンの作成に使用している参照画像や素材は何ですか?

このような質問をされたということは、予備審査チーム員は、プロモ画像を見て即刻、落とそうとされたのではなく、少しは悩まれたのではないかなと思います。

BECOMING A DAZ 3D PUBLISHED ARTISTの「よくある質問」のところに、出版拒否された理由について書いてあります。

・レンダリング画像の品質が悪い
・キャラクターが古い
・既存の製品に似ている
・魅力的ではない

この中の「キャラクターが古い」と「既存の製品に似ている」という項目は当てはまらないと思うので、Rikoの場合、レンダリング画像の品質が悪くて魅力的ではないということなのだと思います。

要するに、売れる製品を求めておられる予備審査チームの好みに合わなかったということなんですね。
そばかすや静脈が浮き出た皮膚のキャラクターが全盛の時期に、ドール肌のRikoは、確かにリアル路線のDAZ向きではありませんでした。自分の好みを優先させた結果だと思います。

でも、Rikoをつくったことによって、かなり勉強になったので、この経験を今後に生かしたいと思います。

それで、今後の方向について考えてみました。
・予備審査チームの好みに合うようなリアルキャラクターをつくる
・地形、ヘア、衣装、アクセサリー、ポーズ、テクスチャ、背景画像などをつくる

DAZの製品は、キャラクターでもポーズでも、つくるのはすぐにできても、登録するのがすごく面倒で時間がかかります。背景画像くらいなら、あまり時間がかからないかなと思ったりします。

実際、プロモ画像をつくっている時に、いい背景画像や素敵なポーズがもっと欲しいなと思ったので、需要はあると思うので、これらから取り掛かろうかと思っています。

                 幻のメイン画像

幻のプロモ画像


tsukitaku at 22:49|PermalinkComments(2)clip!ベンダー関係 

2018年11月18日

猫町の動画をつくってみました

DAZの予備審査の結果がまだ分からないので、三次さんのPoser用メスネコマスコット、ミミリータを使わせていただいて、猫町の歌舞伎町一番街で昔の恋人同士が再会する動画をiClone 7でつくりました。

使わせていただいたアイテム
1. ミミリータ(3ZI_MiMiLITA)
2. Japanese Alley
3. サウンド 音楽の卵さんの「暗がりに紛れて」
4. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 16 Ultra 
  CyberLink ColorDirector 7でHDRのタッチを加工しました。



2018年11月12日

DAZベンダーへの道 (24)

Content Package Assistを実際に使ってみました。

Content Package Assist は、DAZ 製品をマニュアルダウンロードしたフォルダに入っているデータを真似してつくったRikoのフォルダーから、確かにDIM形式のファイルを作ってくれました。
ManifestとSupplement

しかし、必要なデータを全部つくってくれるわけではなく、三次元おねーさんの記事にもあるように、インストールに必要な情報の書かれたManifest.dsxとsupplement.dsxの2つのファイルを生成するのがメインの機能であるようです。スマートコンテンツ用のメタファイル(付帯情報が書いてあるデータファイル)を生成する機能はありません。

Content Gathererはインストールに必要なファイルを収集するのが主な機能なので、やはりメタファイルを生成する機能はありません。

メタファイルを生成するのは自力でやり遂げるしか道はないようです。

とうふさん推薦の図入りMetadata tutorial サイトもあります。

メタデータを付け加える方法を解説した動画もあったので、下に貼り付けておきます。


と、ここで、もう一度 FREQUENTLY ASKED QUESTIONSを読み直したら、いいことが書いてありました。
DO I NEED TO ADD METADATA TO MY PRODUCTS BEFORE I SUBMIT?
No. We will add the Metadata information during the Q/A and store page building process.
「提出する前に製品にメタデータを追加する必要はありますか?
いいえ。私たちは、Q / Aおよびストアページ構築プロセス中にメタデータ情報を追加します。」
ですと。
つまり、提出する時にはメタデータは追加しておかなくてもいいということなんですね。
このことは朗報です。下手に変なところにパスをつくってしまったら、面倒なことになるところでした。
よかったよかった。



tsukitaku at 20:20|PermalinkComments(2)clip!ベンダー関係 

2018年11月11日

DAZベンダーへの道 (23)

今日はアイテムのPackaging(梱包)について調べてみました。

Packagingについての詳しい解説は、DAZ 3DのDocumentation Center/Creating Contentに書いてあります。

アイテムのメタデータをつけ加えたり、アイコンをつくったり、登録したりしなければならず、かなり面倒くさそうです。

初めて挑戦する者には高い壁のようにそそり立っていて、こんなことができるのだろうかとひるみました。

fbxファイルと替えの画像を送ればいいようになってほしいな〜と思います。

しかし、多くのベンダーさんがこの壁を乗り越えられているので、時間はかかると思いますが、挑戦してみたいと思います。

アイコンの作成については、いろは雑記さんのGenesisでキャラを作る2(アイコンの作成)でテンプレートのダウンロードの仕方から解りやすく解説してくださっています。

完全自動でパッケージをつくってくれるソフトというのは、今のところ、ないようなのですが、手助けしてくれるツールが販売されています。

Content Package AssistContent Gathererです。

Content Package Assistは、自作コンテンツをDaz Install Manager(DIM)形式にPackagingする際の手助けとなるツールです。

Content Gathererは、インストールに必要なファイルを収集してくれるそうです。このツールに関しては、Create3Dさんの【Daz3D】配布ファイルを作る。【Content Gatherer】という記事で詳しく解説してくださっています。

Content Package Assistは買いましたが、Content Gathererは必要ないかもしれないので、まだ買っていません。

下にContent Package Assistの使い方の動画を貼り付けておきます。




tsukitaku at 21:45|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年11月09日

DAZベンダーへの道 (22)

Mei Lin 8 Pro Bundleなど、新しく買ったアイテムを使って、Rikoのプロモ画像を追加してみました。

Rikoは、つくった厚化粧が似合わないようなので、アイシャドーをつけないことが多いのですが、薄化粧のアイシャドーを追加しようかなと思っています。

下の画像で使ったdForce Kimono Outfit for Genesis 8 Female(s)は、現段階では、iCloneに移植すると破けて肌が広範囲に露出し、袖を上手く揺らせないです。残念ですが、時間のある時に頑張ってiCloneでも使えるようにしたいです。

今日の絵は、dForce Kimono Outfit for Genesis 8 Female(s)とチャイナ服のCheongsam Dressを着用したRikoです。
★メイリン着物を着たRiko1
★メイリン着物を着たRiko2
★チャイナ服を着たRiko1


tsukitaku at 22:22|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年11月08日

Mei Lin 8 Pro Bundleを買いました

Mei Lin 8 Pro Bundleを買いました。

これを買うと、Mei Lin 6 Pro BundleとMei Lin 7 Pro Bundle、それと用意されたアイテムの中から10個が無料でもらえ、他にも格安で素晴らしいアイテムが買えるという特典がついていました。

明細を見ると、759.05ドル分買ったことになりますが、割引されて67.78ドル支払っただけで済みました。約9割引きなんです。病院の待合室とか診療室とか、近い将来には使いそうにないアイテムでも、物がよくて安かったら、ついつい買ってしまいます。これがDAZの商法なんですね。どんどんアイテムがたまり続け、使いきれません。でも、なんだか物持ちになったようで嬉しいです。

今日の絵は、今回買ったアイテムで1枚レンダリングしてみました。左からEmiyoMei LinYoshieZhi Ruoです。着物はdForce Kimono Outfit for Genesis 8 Female(s)です。
★メイリン4人組

2018年11月05日

DAZベンダーへの道 (21)

2日程前にDAZの予備審査チームへプロモ画像を投稿しました。
6時間後に、ウイルスが心配だからZipファイルは開けないので、Jpgで送ってくれという返信がありました。
それでJpg画像を送りました。

10時間後に、あなたがベンダーなら、他にどのような製品がありますかとか、あなたのバックグラウンドやあなた自身について教えてくれますかといった返信があり、返事を出しました。

キャラクターの提出に備えて、今日は、EyeClosed修正モーフを作りました。
かなり難しかったです。

参考にさせていただいたサイト
EyeClosed修正モーフの作り方
オリジナルキャラ作成時の目の補正 [改訂版]
【ZBrush】目を閉じるモーフを作る。1【Daz】
【ZBrush】目を閉じるモーフを作る。2【Daz】

修正前と修正後画像です。
★閉眼3
★閉眼 修正前


tsukitaku at 23:15|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年10月31日

DAZベンダーへの道 (20)

その後、 Easy Light and Render - Spectrum Studioなどのライトとレンダリングに関するアイテムとGenesis 8 Femaleのポーズアイテムなどを買い足し、DAZとRenderosityのセールアイテムを30個ほど買いました。

RenderosityのLumino Wings for G3F & G8FLumino Wings - Expansion Halloweenは感動的に美しいので、大変満足しています。

しかし、Rikoのプロモ画像に使えるようなアイテムは意外に少なかったです。

特に、一番大事な看板プロモ画像がまだ満足できない状況なので、もう少し試行錯誤してみます。

今日の絵は、Song for Mei Lin 7 というアラビアンナイトの衣装を着たRikoです。

             アラビア服を着たYoung TeenのRiko
★Young Teen アラビア服


tsukitaku at 20:40|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月23日

DAZベンダーへの道 (19)

Easy Light and Render - Spectrum Studioを買って、プロモ画像の一部をレンダリングし直しました。こういうアイテムを使うと、やはり光と影が綺麗に浮かび上がり、メリハリがついたインパクトのある絵になるなと思いました。

いよいよ投稿しようかなと思って、よく見ると、気に入らないところがあったのでモーフの一部を修正しました。

それに追随してテクスチャや設定も変えたのですが、重大な間違いを犯しました。
白目の部分は別テクスチャにしていたのに、虹彩などと同じテクスチャを使ってしまったのです。

白目が白すぎ、立体感がなくなっていました。

というわけで、肌の色、目の色など、白目に関している設定をすべてやり直すことにしました。

かなり時間がかかると思いますが、万全を期すために手は抜きたくないので頑張ります。

白目だけでなく、Eye Socketや歯などの色も見落としていないか点検します。

DAZやRenderosityのバーゲンも見落としなく、欲しいものはゲットしておこうと思います。

今日の絵は、Easy Light and Render - Spectrum Studioを使ってレンダリングしたものです。

                 くノ一姿のRiko

4 Older Teen_くのいち

tsukitaku at 22:37|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月21日

DAZベンダーへの道 (18)

いざ投稿するという段階になって、いろいろ不備が見つかったので、プロモ画像を作り変えていました。
テクスチャの名前がちぐはぐだったり、サンプルの順序がおかしかったり、絶対使わないだろうアイラインを削除したり、レンダリングをやり直したり。

Perfectly Imperfect Skin and Merchant Resource for Genesis 8 Femaleを買ってアイラインやアイシャドーを作り直したり。
しかし、これを使ったメイキャップは上手くいきませんでした。

Easy Light and Render - Spectrum Studioも気になってきたので、買おうかなと思っていたりします。

今日の絵は、投稿しようかと思っている画像で、解像度をかなり落としていますが、クリックすると拡大できます。
★5 Adult_3
★新6 Menu


tsukitaku at 23:10|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月17日

DAZベンダーへの道 (17)

プロモ画像が、だいたい出来上がりました。

Age 5、Age 10、Youger Teen、Older Teen、Adult の各年齢ごとに3枚とメニュー1枚の合計16枚作りました。

背景はBokeh Studio HDRPortrait Artist Backgrounds などや自分でつくったものを使いました。

明後日位に投稿したいと思っているので、投稿規定をもう一度熟読して、プロモ画像に添える英文を書く予定です。セールストーク文を書くのに慣れていないので難しいです。

今日の絵は、プロモ用には使わなかったものです。

               花冠をかぶった大人のRiko
★5 Adult 花冠


tsukitaku at 23:05|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年10月15日

DAZで2018 Platinum Club Plus Sale が始まりました!

DAZの2018 Premiere Artist Festivalが昨日終わったと思ったら、今日からすぐに2018 Platinum Club Plus Saleが始まりました!

プラチナクラブ(PC)会員向けの豪華な無料パックや9.99ドルのバンドルが1か月近く売り出され続けるので、チェックするのに忙しい季節になりました。

今日は、Japanese Courtyardという月川の好みにドンピシャのアイテムが発売になったので、思わずポチってしまいました。それからPC会員の会費が半額になっていたので買っておきました。その他にもいろいろ買いました。

Japanese CourtyardをおつくりになったNyan catさんは、他にChinese CourtyardとChinese classical sceneというアイテムも作っておられて、月川は2つとも持っています。Chinese Courtyardを使って「Chinese Courtyard 散策」という動画も作っています。

Chinese classical sceneに関しては、なぜか商品が撤去され、リンクが切れています。絶版なのでしょうか?

今日の絵は、Japanese Courtyardと騎馬武者のpng画像を合成したものです。

                  日本の中庭

★日本の中庭


2018年10月13日

DAZベンダーへの道 (16)

プロモ画像をせっせと作っている最中ですが、DAZ からFINAL WEEKEND - 2018 Premier Artist Sale のお知らせメールがきたので、それどころではなくなりました。

Still New Releasesアイテムを3個以上買うと、それらが半額になるとともに、Gift Cardが24%引きになるというのです。

Gift Cardは、DAZ ストアで使えるクレジットに変換して使えるので、絶好のチャンスです。1000ドル分買いました。

Still New Releasesアイテムは次の3個を買いました。
1. Gamer Girl Bundle         
2. Yiyi and Expressions for Genesis 8 Female    
3. CO Ichigo and Ichigo Hair for Genesis 8 Female(s) 
それから背景用にBokeh Studio HDRも買いました。 

服、ヘア、ポーズ、表情、背景などが増えたので、プロモ用の画像をさらに充実させたいと思っています。

特に、背景やライトが充実しているBokeh Studio HDRは、いい絵ができそうなので、頑張って使いこなしたいです。      

今日の絵は、ファンタジー服を着たOlder TeenのRikoを普通の白黒の背景とBokeh Studio HDRの背景でレンダリングしたものです。
★4 Dress 3
4 Older Dress1



tsukitaku at 23:05|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年10月11日

DAZベンダーへの道 (15)

最近は、プロモーション用の画像(プロモ画像)をつくっています。

プロモ画像は、何枚つくってもいいけれども、10枚くらいがいいと書いてあります。しかし、調べてみると、Victoria 8 ベースチャラクターは24枚、East Asian Men for Genesis 8 Maleは18枚もありました。

予備審査の段階では、やはり10枚くらいがいいのではないかと思うのですが、ここで落とされたら元も子もないので、100枚くらい作って、十数枚に絞って送りたいと思っています。

今日の絵も、プロモ画像のテスト版です。
               妖精服を着た5才のRiko

★1 Dress5
               水着を着た大人のRiko

5 Adult Mizugi


tsukitaku at 23:15|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年10月08日

Rikoが日本舞踊を踊る動画をiClone 7でつくってみました

Genesis 8 FemaleのAiko 8をZBrushで加工したキャラクターRikoにGenesis 2 Femaleの振袖を着せて日本舞踊を踊らせた動画をiClone 7で作りました。
最後の方のおまけは、CyberLink PowerDirectorのAI Style Pluginで加工したものです。

使わせていただいたアイテム
1. Peony Kimono for Genesis 2 Female(s)
2. Peony Kimono Textures
3. Streets Of Asia 3: Courtyard
4. サウンド 音楽の卵さんの「精霊の導き」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 17 Ultra   


tsukitaku at 23:02|PermalinkComments(2)clip!ベンダー関係 

2018年10月04日

Character Creator 3 の使い心地(2)

一昨日はCharacter Creator 3(CC3)を初めて使って、勝手にがっかりしましたが、今日は上手くできて上機嫌です。
★Riko着物 ブログ用

Genasis 8 Female(G8F)に近いDAZの着物アイテムは、Furisode Genesis 2 Female(s)Peony Kimono for Genesis 2 Female(s)の2つしかなく、どちらもG2F用です。

DAZ Studioの中では、どちらも普通の手順ではG8FキャラクターであるRikoにフィットさせることはできません。奥の手をいくつも出してきて、やっと着用しているように見せることができます。

しかし、CC3を経由させてiCloneに移植すると、わりときれいにG2Fの着物をG8FのRikoに着用させて動かすことができました。

方法は、次のチュートリアル動画を参考にさせていただきました。


具体的に言いますと、着物を着せたG2FをCC3に移植して、着物だけをObjectとして登録し、これを移植したRikoに着せるだけです。この着物にはWeight Map情報が書き込まれているので、Physics処理をすれば、袖が揺れるようにできます。

さっそく動画にしようかと思いましたが、下半身のWeight Mapの大部分が大腿のボーンに支配されているので修正が必要なことが分かりました。これを自動で直そうとすると、袖の方のWeight Map情報がおかしくなるので手動で修正するしかないようです。動画にするには、もう少し時間がかかります。

下の画像は前腕TwistのWeight Mapと大腿TwistのWeight Mapです。
下腿Twistなど、裾の部分のWeight Mapを追加しないと完璧な動きはできないです。
★前腕Twist
★太もものtwist


2018年10月02日

Character Creator 3 の使い心地(1)

非常に楽しみにしていたCharacter Creator 3(CC3)ですが、振袖の袖を綺麗に揺らせるという観点からみると、がっかりしました。→ 2日後に振袖の袖を揺らせることができました!

そもそも3DXchangeを経由させてiCloneに移植するよりも上手く着物を着せられません。袖を揺らせる以前の問題として、Genesis 2 Female(G2F)をCC3に移植すると眼球が飛び出します。まるでホラーです。服も3DXchange経由と比べてはるかにビリビリに破けます。これはパグとして報告した方がよさそうです。

Genesis、Genesis 3、Genesis 8では、一般的なキャラクターは上手く移植できます。しかし、G2Fの着物を着せると綺麗な着用状態にできません。

今日の絵は、Character Creator 3に移植したG2Fです。
上はチャイナ服、下は着物を着せたキャラクターです。
G2F チャイナ服
G2F Kimono

2018年09月29日

Riko が成長する動画をつくりました

Genesis 8 FemaleのAiko 8をZBrushで加工したキャラクターRikoの成長動画をDAZ Studioでつくり、Iray Renderingしました。10秒の動画をつくるのは10分で出来ましたが、レンダリングに約30時間かかりました。
後半はCyberLink ColorDirector 7で加工しました。

使わせていただいたアイテム
1. Aiko 8
2. Minami HD and Minami Hair for Genesis 8 Female(s)
3. Eolande Outfit for Genesis 8 Female(s)
4. サウンド 甘茶の音楽工房さんの「月と私」
5. 編集と出力 CyberLink PowerDirector 17 Ultra     


tsukitaku at 23:19|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年09月28日

Character Creator 3 がついに発売されました

Character Creator 3(CC3)がついに発売されました。

Iray Render Plug-in for iClone and Character Creatorも同時に発売され、CC Essential Morphs & Skin for CC3 のアップデートもできるようです。

すぐにも使いたい気分ですが、昨日の午後8時頃から始めたDAZ StudioのIrayレンダリングがまだ終了しないので、使っていません。ここでレンダリングが失敗したら困るので、我慢我慢です。

CC3のプロモーションビデオを見て嬉しかったことは、DAZ Studioから移植したキャラクターや服などのウエイトマップをCC3の中で塗り直したり、ポリゴン数を減らしたり、スカルプトして形を修正したりといった夢のような加工が簡単にできることです。

DAZ StudioやPoserででウエイトマップを塗り直したり、リギングしたりするのは、かなり大変なので、非常に嬉しいです。何を最初にやりたいかと言うと、振袖のウエイトマップを塗り直して袖を揺らしたいです。ウエイトの調整は難しいかもしれませんが、挑戦します!

Iray レンダリングができるというのも嬉しいです。Indigoレンダリングは問題が多くて、はっきり言うと失敗だったのではないかと思います。DAZ Studioと同じにIray レンダリングができるとなると、DAZ Studioで動画をつくるよりもiCloneで動画を作った方が、はるかにやりやすいです。

ただ、Iray レンダリングの性質上、レンダリング時間はDAZ Studioでのレンダリングと同じくらいになるのではないかと思います。



2018年09月24日

DAZベンダーへの道 (14)

肌6種類、頬紅5種類、目10種類、口紅10種類、爪10種類、年齢5種類のサンプル画像をつくりました。よくないものは、今後、差し替えるつもりです。
Riko icon ブログ用
プロモーション用の画像は、いくつつくってもいいようなので、10枚くらいつくりたいです。

あとはRead Meにとりかかって、アイテムの梱包(Packaging)についても調べ始めます。

今日の絵も、プロモ画像のテスト版です。

                  5才のRiko

iconブログ用2


tsukitaku at 23:15|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係 

2018年09月18日

DAZベンダーへの道 (13)

テクスチャに加えてモーフにも欠陥があることが分かりました。
5種類の年齢、6種類の肌の色と、欲張ったことがアダとなって、頬紅やアイシャドーなどをpng画像のままマテリアルとして登録することに難儀しています。
レイヤーとしてなら登録できるので、ひとまず登録しました。
しかし、アイシャドーはひどいので、もう少し時間をかけて納得がいくまで手直しします。

プロモ画像をつくるために衣装やヘアをボツボツ買っています。9月だけで22個ほど買いましたが、Rikoには似合わないというか、あまりしっくりこないものが多かったです。

昨日の自分は他人ですが、明日の自分も他人なので、今日できたムズカシイことはメモするようにしています。モーフやテクスチャの登録の仕方も近いうちにこのブログに書いておこうと思っています。

今日の絵は、プロモ画像のテスト版です。

                    小学生のRiko

教室no

tsukitaku at 23:28|PermalinkComments(0)clip!ベンダー関係