aamall

2017年07月22日

2017年07月22日

G3FにG2Fの振袖を着せるのに悪戦苦闘中

昨日のブログで、Genesis 3 Female(G3F)にTransfer Utilityで無理やり着せたGenesis 3 Female(G2F)の振袖がiClone 7で上手く動かせない(図1)ので、袖のウエイトマップを塗り直す予定だと書きました。

しかし、DAZ Studioに遡ってワイヤーフレームにして振袖の状態を見ると、すでに袖の形状がガタガタである(図2)ことが分かりました。

それでZBrushへエクスポートしてメッシュを整えてDAZ Studioに戻すと、UVマップやウエイトマップがなくなっていましたが、見た目はよくなりました(図3)。しかし、3DXchangeにエクスポートすると、形もダメ(図4)ということが分かりました。

要するにお手上げ状態になってしまったのです。

解決策として、G3FにG2Fの服を着せることができる次のアイテムを購入することが頭に浮かびました。
Wear Them All - Autofitting Clones and Clothing Smoothers for Genesis 3 Female(s) 24.95ドル
あるいは
Genesis 3 Female for Genesis 2 Female(s) 19.95ドル

しかし、もっと単純に考えると、G2F用の振袖なんだから、G3FにこだわらずにG2Fの顔をZBrushで加工してiCloneに移植すれば、ちゃんと動いてくれるはずなのです。どうもG3Fにこだわりすぎていたようです。

               G2F用の振袖をG3Fに着せた場合
 
iCloneでの袖4連

tsukitaku at 23:01|PermalinkComments(0)clip!3Dに関するもの