aamall

2018年03月22日

Painter 2018体験版をダウンロードしました

ソースネクストで「Corelシリーズご登録ユーザー様限定」のPainter 2018(標準価格 49,800円)の70%OFFバーゲン(14,800円になる)をやっているので、買うかどうかを決めるために、Painter 2018 体験版をダウンロードしました。

Painterは、絵を描くことに特化した、とても使いやすくていいソフトなので、バージョン宗9)までは、アップデートを繰り返して使い続けてきました。しかし、バージョン宗9)以降は、あまり進化していないように感じたので、アップデートしていません。

今回、Painter 2018体験版を試したところ、インターフェイスや効果に関しては、バージョン宗9)との画期的な違いがなかったので、少々がっかりしました。

目新しいブラシは、オーディオ表現設定という、音に反応するブラシが増えたことくらいで、ブラシの種類はあまり増えていないように感じました。

しかし、実際に描いてみると、描画速度が速くなったことに驚きました。また、ブラシのバリエーションも増えていました。

魅力を感じたブラシを挙げておきます。
クローンブラシのスペックル ケーキデコレーション:メシベのような形が描ける
        インパストクローンジッターエッチング2
リキッドインクのパーティクル(パインツリー)
粒子のファーとチェーン/スモーク:透明感のある薄衣のようなものが描ける
   スプリング、スマートストロークの水彩幅広ブラシ

イメージホースのノズルライブラリにも面白い絵柄が増えていました。

まだまだ面白いものがあるかもしれないので、買うかどうかを決断するまで時間がかかりそうです。

なお、公式ページには、新機能として、 厚塗りペイント、クローン作成、テクスチャ合成、2.5D テクスチャブラシ、Natural-Media ブラシと書いてあります。厚塗りペイントやクローン作成は昔のバージョンでもあったので、どう違うかも調べてみたいです。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔