aamall

2018年07月01日

Pixivから3Dキャラクターを簡単に作れる無料ソフトが発表されました

PixivからVRoid Studioという名前の3Dキャラクターを簡単に作れる無料ソフトが発表されました。

ピクシブではこれまで、主に2Dの創作活動をサポートしてきましたが、今後は3Dに関わる創作活動を支えるサービスも提供していくそうです。

「3Dを使ったコンテンツを、誰でも創れるようにしたい。想像力と表現力をすでに備えたクリエイターが、3Dという新しい創作に挑戦することを、テクノロジーの力で応援したい。」というのが、VRoidプロジェクトのコアコンセプトだそうです。

リリース時はまずVRM形式のエクスポートにしか対応していませんが、今後は他の形式もサポートしていくそうです。
VRM形式のアイテムは、現時点では3DXchangeでは読み込めないので、iCloneに移植するにはFBX形式のファイルに変換できるソフトが必要になってきますね。
リアルタイムプレビューしながら展開したテクスチャにペイントも可能とのこと。
商用でも無償で利用可能というのは嬉しいですね。
2018年7月末にオープンベータ版がリリースされる予定です。
先行クローズドベータの提供も予定されていて、公式サイトでは応募フォームで募集が開始されていたので、事前登録しておきました。

参考サイト
無料3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio」を2018年7月末に公開します
pixiv、お絵かき感覚で3Dキャラを作れる「VRoid Studio」発表! 7月末リリース
VRoid Studio - Pixivから3Dキャラクターを簡単に作れる無料ソフトが発表!

header


この記事へのコメント

1. Posted by sannzi   2018年07月05日 23:50
私もVRoid Studioに応募しておきました。
実物を操作しないと、どれだけ自分のオリジナル要素が出せるか分かりませんが、私には難しい髪作りが簡単に出来そうで、そこを一番期待しています。
後は衣装造りも出来るように調整中という事ですが、それがどれほどの物かとか。
エクスポートがどれだけの種類に対応するのかとか。
いずれにせよ無料なので、使わない手は無いですね。
2. Posted by 月川拓海   2018年07月07日 17:11
そうですよね。
私の経験から言いますと、どのモデリングソフトも独自の決め事があって、面倒くさがり屋の私には難しいので、直感的に使えるモデリングソフトの登場は諸手を上げて大歓迎です。
ZBrushは、モデリングソフトの中では一番いいソフトだと思いますが、キャラクターや小道具を読み込んだ時、テクスチャは一緒に読み込まれず、1枚づつ手作業で読み込まないといけないという前近代的な面も持っているので疲れます。何十枚もテクスチャがあるアイテムを加工する場合は途方に暮れてしまいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔