aamall

2019年01月01日

DAZベンダーへの道 (28)

明けましておめでとうございます。
昨年から引き続き、元日も男性キャラクターの加工をしていました。

最終的には、女性キャラクターはMarryBell、男性キャラクターはJulianと名付ける予定で、テクスチャつくりにも取り掛かっています。

昨年の12月29日につくった男性キャラクターは、RareStoneさんやEJ Body Shape And Detail Morphs For Genesis 8 Male(s)という市販のモーフなどを使って作ったのですが、今日のキャラクターは、G8MをZBrushだけで加工したものです。

市販のモーフを使ってつくったキャラクターと今日作ったものが似ているのは、自分の好みを優先させたためです。
こうやって見ると、市販のモーフは、買う必要がなかったのではないかなと思います。
しかし、大きいサイズでレンダリングしてみると、ZBrushで作ったキャラクターの眼球の形が少しおかしいことに気づきました。明日、修正します。

下の絵は、左がオリジナルのG8Mで右がZBrushで加工したJulian4です。
Julian4は、オリジナルよりも小顔、釣り上がり目にし、ウエストを細くして足を長くしました。肌の色も変えています。
★比較
                   Julian4でつくった年賀状

★謹賀新年

年賀動画の方は、まだまだ先になりそうです。


tsukitaku at 22:52│Comments(2)clip!ベンダー関係 

この記事へのコメント

1. Posted by sannzi   2019年01月02日 23:30
明けましておめでとうございます(#^.^#)。
DAZベンダーにチャレンジ、凄いですね。
モデリング力だけではなく英語力も相当必要なのではと思います。
ZBrushで加工したJulian4ですが、アニメの男子キャラみたいで、より日本人好みに仕上がっているなと思いました。
大変だと思いますが応援しております。
本年も宜しくお願いします。
2. Posted by 月川拓海   2019年01月05日 21:24
明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい、申し訳ありません。
Julian4に限らず、もっとバリエーションを増やして最善のもので審査に臨みたいと思います。
明日から、Inoidでの動画つくりに取り掛かる予定です。
今年もよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔