グッドピープル

大井町勢Lycee(故)ブログ、通称グッドピープルでございます。 最近はシャドバの記事とか・・・

現在の生存者:つぐも・キッター

だんだん適当になってるとかいわない
どうも、つぐもです、今回はドラゴンとヴァンパイアです。 


ドラゴン

竜呼びの笛 レジェンド 3 B
配置時、覚醒状態なら手札と以降手札に加わるコスト3以下のカードを2/4/3突進に変化させる
変化なので墓地は増えない、コンセプトカードとしては弱いがドラゴンデッキに投入することで低マナカードを強力なカードにすることができる。
反面ワイルドハントでしか突破できない状況でワイルドハントを引いても強制的に変わる。
これだけをコンセプトにすると環境次第ではタフネス3を処理されやすい場合は強さを感じず、少数しか積まないと強さを実感できない気がする。2枚目以降の竜呼びの笛が腐らない点は評価できる。


竜巫女の儀式 ゴールド 3 A
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、カードを1枚引く。
2枚以上のコンボになることは確定だがそれでも書いてあることがおかしい、新たなる運命で手札を倍に出来るのは非常に強力で、冥府の起動も視野に入れられる。
ただしドラゴンは初期手札から特別にカードが増えるものもないので1枚目の運命でも手札がパンクするかも怪しいところ。差し引いてもこのカードは強いのでどう環境に食い込むか期待している。


ネプチューン ゴールド 7/5/5 B
守護もち、登場時オルカ(2/2/2)を登場させる、進化時本人のスペック上昇は+0/+0だがボードの全てのオルカを進化させる
進化枠であり進化させることで5/5守護と4/4が並び、両方相手のフォロワーに触ることができる。
素だしでも2/2と5/5守護が並ぶのでスペックは合格点、単体除去が多い環境で素だしが使い物になるかは微妙。


連なる咆哮 ゴールド 9 C
自ターン開始時、5/5速攻を1体出す。
コンセプトカードになりうる1枚、2匹目が出れば特だ、ただファフニールと同マナで悠長にアミュレットを置く暇があるかは別の問題で、マナ加速が順調でこのカードが除去られなければサタン以上のゲームエンドカードとして起用できる、ちなみに素で速攻なのでウルズでもうワンパンできるしサタンと異なり山札もそのままでマナも消費しないので配置できるか否かである。


ドラゴニュートフィスト シルバー 2 A
ランダムな相手フォロワー1体に2点×2回、手札からコスト最小をランダムに破棄
4点割り振りは凶悪、相手の場がタフネス4が1体でもこれで処理できる、ただし消費手札は2枚。
高マナのスペックが良好なドラゴンで低マナを1枚余分にきるのはそこまで痛手ではないだろう。
ちなみに捨てる手札がなければ踏み倒せる。


ジークフリート シルバー 4/3/3 A
登場時、ダメージを受けてる相手フォロワー1体を破壊
文句なしの強カードで進化してドラゴンウォーリアよりスペックが高いです。2枚のカードに触れるので進化合戦でドラゴンは優位に立てるが小物が大量に並んでる場合は活躍できない、代わりにフィストがあるので問題ないだろう。レアリティーゴールドでもよかったのではというほど強い。


ノクシャスロアードラゴン シルバー 4/4/3 D
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき他のフォロワー全てに1ダメージ
新たなる運命とのコンボで自分以外をおおよそ焼き殺せる、でも実際使ってみると全然強くないというイメージだ。騎竜兵でコストを下げれば実用的なマナになるが、他のカードでボード制圧のほうが優秀に見える。
1/1が大量に沸くデッキが台頭すればお呼びがかかるかもしれない。


異変の巨竜 シルバー 5/4/5 E
進化時、覚醒状態なら、自分の他のフォロワーをドラゴン(5/5)に変身させる
どう使うのだろうか、少なくとも進化合戦の真っ只中自分の場にフォロワーがいないと話にならない。
本人がそこそこのスペックだが、ディザスタードラゴンのほうがまだ活躍できるだろう。


荒牙の竜少女 ブロンズ 2/2/2 A
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき相手リーダーに1ダメージ
運営はドラゴンが手札を1ターンに大量に捨てられないと判断してのこのデザインだろうか・・・
竜巫女が置かれてる状況で彼女と新たなる運命を2回使えば10点以上入るであろう。
天翼と同時出しは8マナになるが、正直コレはナーフなりエラッタが必要不可欠に感じている。
ちなみに竜巫女のほうが大抵先に置かれるので発動順でデッキが0になることも考慮して使おう。


ムシュフシュ ブロンズ 2/2/2 C
他のフォロワーが進化するたび、+2/+0
ドラゴンの2/2/2枠はこいつも強そう、相手が進化を切ると4/2にあがるのでいろいろと使い道がありそう・・・に見えてあんまり使われなさそうである、タフネスは増えないのであらかたの進化枠に簡単に処理されてしまう、そしてジークフリートは1点でもダメージが入っていれば処理できるのでファイアリザードの枠は奪い取れないだろう。


鉄鱗の竜人 ブロンズ 3/2/3 B
登場時、自分の場に進化フォロワーがいれば相手のフォロワーに2点
2/2/2を徹底的につぶしにいく優秀そうなドラゴン、アイラと同マナなのが弱点ではあるが1~2枚は入るだろう。
本人が3/2/3なのでアグロ対策にもなる。


竜の知恵 ブロンズ 4 D
手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨て、カードを3枚引く
手札が1枚増える、4マナ・・・使う場面があるかは微妙であるが隙を見て使えれば悪くは無い。
4マナ悠長プレイが出来ないドラゴンだからこそ使うのはむずかしい。


クイーンサーペント ブロンズ 5/4/4 D
登場時、覚醒ならオルカ(2/2/2)を出す
5マナで合計スペック6/6というライトニングベヒモスを彷彿とさせるカードだ。
本人がツバキの対象外というのも評価できる、が、伝令でこいつが来たらがっかり感がやばそうだ。
ゴブリンマウントデーモンとどちらに軍配が挙がるかといったところ、私はゴブリンのほうに1票


アイランドホエール ブロンズ 6/5/7 E
テキスト無し
好きですよ、こういうの。騎竜兵が強すぎたため入らないはず・・・
なにか考察する際の指標としての価値はありますね。標準よりスペック高いですし。


ヴァンパイア

ブラッディ・メアリー レジェンド 5/4/5 A
場にいる限り自分のターン中、自分のリーダーが受けるダメージは自分ではなく相手が受ける
強力なテキストですね、進化してラビットネクロマンサーを殴り潰すと相手に2点入ります。
他のカードとのコンボが楽しいカードで、相手がこいつを放置するとゲームが決まりそうですね。
登場ターンに同時に使えるカードだと鋭利な一裂き、ダークサモナー、ヴァンパイアライカンあたりが活躍を見込めそうだ。
ボードに何かの間違いでダークサモナーやヴァンパイアライカンが残っているとアホみたいな火力を叩きだせる。蝙蝠ビートで相手は処理しなくてはいけないカードが多いのでありえたりするだろう。


吸血鬼・ヴァンピィ ゴールド 2/2/2 A
自分の場にフォレストバットが出るたびに相手リーダーに1ダメージ、進化したときフォレストバットを1体出す
2コストとは思えないぶっ壊れ性能、そして避雷針としても優秀で先述のブラッディ・メアリーのためにライカンやサモナーを残しにいく戦術も取ることができる。


吸血鬼の古城 ゴールド 2 DorB
自分のターン終了時、ボードにフォレストバットがいれば追加で1体出す
ターンを終了するとき自分の場にフォレストバットを含み、カードが4枚ならバットの数だけ相手のリーダーにダメージを与えこのカードを破壊する

以上がテキスト、発売前にテキスト修正が入り弱体化した
この「ターンを終了するとき」というテキストが不可解であり、ターン終了時よりも手前に位置するフェイズなのか、ターン終了時と同義だが全てのカードをチェックする1度しか来ないタイミングなのかが不明だ。
これにより複数の古城が置かれているときの処理がわからず評価に困る。
以前のテキストであれば2枚の古城を置くことで爆発的な打点を生み出せたが、テキスト改定でバットを増やすほうがメインの仕事といったところであろうか。
ちなみにターンを終了するときなので相手ターンにウルズ等でヴァンパイアバードを破壊され、バットがいる状況になった場合も発動する・・・はずである。テキストどうりであれば。

では、「ターンを終了するとき」をターン終了時の前に存在するフェイズと仮定したならば、本体の効果でバットを出せる場合は後述のテキストは処理できず、後述のテキストが処理できる場合はバットの増援が出ないというすごく残念なカードになっている気がします。
加えて複数の古城がある場合でもバットがボードに1枚いても追加で2体沸くだけになりますね、そうなった場合のこのカードの評価はDです。
「ターンを終了するとき」がターン終了時と同義であればこのカードの評価はBかなって思います。 


アザゼル ゴールド 8/7/7 E
登場時、お互いのリーダーのライフを10になるように回復かダメージを与える
ルシフェル・フリアエに勝る点が見つからないのが問題であり、テキストは自分のライフを10にしてしまうのが問題。
登場ターンに詰められる以外では使い物にならず、悠長に置けば間違いなく死亡します。
8マナの時点で相手の選択肢にガブリエルが入るという点を考慮すれば相手のボードの攻撃力を最低でも5以下まで減らさなければいけません、彼にその能力はないのでルシフェル・フリアエでいいでしょう。


貴き血牙 シルバー 1 A
相手の場のフォロワーの数だけ自分のリーダーにダメージを与え同数のフォレストバットを出す
1マナとは思えない能力です、適当な余りマナでボードに1/1を出す、サモンスノーもびっくりのカードですね。
実際には相手の場のフォロワーが2枚以上で投資に見合います。もちろん復讐やメアリーを考慮すればもっとですが。
相手のアミュレットは含まないのでビショップのアミュレットフォロワーには注意、ちなみに相手の場が0でも漆黒の契約で手札がパンクしないように消化することもできますね。


メドゥーサの魔眼 シルバー 2 C
ターン終了時まで自分のフォロワー1体に相手のフォロワーを攻撃指定した際に対象を破壊するを持たせる
メデューサさん本人のアビリティですね、2マナ+1フォロワーの攻撃権で除去です。
使えるとは思いますが他の手段が豊富なヴァンプだからこそ強力には見えません。


ラビリンスデビル シルバー 4/3/4 C
進化時、復讐状態なら相手のフォロワー1体を破壊
進化前提ですが復讐状態であれば本人のスペックも合わせていい働きをしてくれると思います。
低マナで出来ることが多いヴァンパイアですが進化はドレインに使用することが多いため進化が残っている可能性を考えると使いどころがあるかは微妙なフォロワーですね。


ジャガーノート シルバー 7/7/8 D
登場時、復讐でなければ自分に4点
いいスペックしています、アルカードがいるせいで採用は怪しいですね、ただユニークな戦術として、無傷のジャガーノートがいれば進化して上から黙示録ぶちかましてボード制圧ができたり。前提がほぼありえないですが。
基本的には使い物にならないでしょう、ビーストドミネーターやソウルディーラーでファッティは間に合っていますね。


享楽の悪魔 ブロンズ 2/2/2 B
登場時、自分の場に進化フォロワーがいれば+1/+0ドレイン
一応無視できないドレインは強力ですね、4コストダークサモナー進化から享楽の悪魔で4マナの動きとしては強いとおもいます。


サーペントチャーマー ブロンズ 2/3/2 A
死亡時自分に2点
ウルズに悪戯されると痛い目を見ますが1マナ上のスペックを持っているのは強力です、3/2/3を一方的に葬れる、進化込みで守護突破にも向いていると悪いことがないですね。
3マナフェンサーへの回答になるのでロイヤルの2マナを処理できない場合は出したいですね。


鮮血の口付け ブロンズ 2 B
相手フォロワーに2点、自分を2点回復
2マナでは破格、ブラッドレイジを採用しているデッキはこっちに変えたい。
コントロールヴァンパイアでは漆黒の契約から進んでカードを多くプレイして次の契約を結べると強いので軽量除去はあればあるほど選択肢にあがるとおもいます。


ソウルミニデビル ブロンズ 3/3/2 D
他のフォロワーが進化するたび相手に1点、自分は1点回復
テキストは地味、登場と同時に進化を使えれば相手が進化で返すしか無い場合4点稼いでいると考えれば仕事しているように見えなくもない、結局ボードのアドに干渉できないのが欠点だろうか。


ソウルナビゲーター ブロンズ 5/3/5 E
自分のターン終了時、自分のリーダーに1点、フォレストバット1体を出す。
どうせ自分のターン終了時にこいつが生きてることは1回しかないのでスペックで評価するのだが、標準を下回っているのでお話にならない。フォレストバットは終了時登場で進化できないので部下に露払いさせることも出来ない。


デモンスラル ブロンズ 6/5/6 C
登場時復讐状態なら+2/+2
あれ、ここにジャガーノートが6マナでいるんだが・・・なんで俺はわざわざジャガーノートの考察を書いたのか・・・
6マナの競争相手はデモンストーム、クイーンヴァンパイア、7マナよりは分がありそうななさそうな。ビーストドミネーターの次のターンに登場させ、ファッティーの暴力で叩き潰すデッキもおもしろそうだ。


以上で全部考察できたかな、発売にはギリまにあったね。







 

ネクロマンサー

蝿の王 レジェンド 7/4/4 A
登場時と自ターン開始時、4/4/4守護・4/3/2突進必殺・4/2/3疾走ドレインからランダムにだす
バウンスで処理できない系フィニッシャー、進化尽きた後に対応を迫れる強力な効果であり、6マナ祝福があるので満を持して登場する、単体除去を搭載してないデッキはこいつに刈られてしまうだろう。
逆にこいつが対策されるとモルディカイが強くなるのではなかろうか。


死霊の宴 ゴールド 3 C
カウント2、配置時墓地+13、離れたとき墓地を0にする
コストは3だが実質使えるのは6マナ程度だろうか、デスタイラントやネクロマンスカード使い始めてアドバンテージに繋がる。で、おばあちゃんやケルベロスという修羅場をくぐりそれをこえて使えるカードがあるかというと、デスタイラントくらいしか無いのではないだろうか。ソウルハントのほうが強いという印象。


魂の再利用 ゴールド 3 A
カウント2、自分のターン終了時にカードを1枚引き、ネクロマンス効果を使用するとカウントが増える
コントロール型で使えるドローソース、ファントムハウルで実質ゲーム終了時まで使い物になるドロソ、軽量除去も多めになり新たなる運命と合わせて冥府やデスタイラントといったデッキを可能にする、もちろん蝿の王もコントロールデッキで採用しやすいのでアクセス手段としてもいいだろう。


ケリドウェン ゴールド 5/5/4 A
進化時、いままでで破壊されたコスト最高のフォロワーをランダムに選び同名を場に出す
順当にいけば悪戯なネクロマンサー、専用デッキでは骸の王ではあるが、どちらも無視できないのである。
進化を使うに相応した効果でありケルベロスは6マナで出しても強いので進化枠として申し分ない。


死者の帰還 シルバー 2 C
いままでで破壊されたコスト最高のフォロワーをランダムに選び手札に加える
あんまり強さがわからない、スペルは使えば墓地に行くので使うとなると冥府ネクロやデスタイラントでベルエンジェルを使いまわすことくらいだろうか、使い道があるだけいいと思われる。


ボーンキマイラ シルバー 3/1/1 C
死ぬと1/1を2体だす
ソウルコンバージョンや墓地肥やしに使え、ウルズで回すと骸の王も出る。
専用デッキ構築になりそうだが決して弱くはないだろう、ただ流行りはしないだろう。


カローン シルバー 5/4/5 D
進化時ネクロマンス6で4/4/4が出る
ネクロデッキで進化をこいつに回せるような状況は無いと思われる、ただ本体も標準スペックなので使われてみると強い、が、使ってみると弱いってパターン


アンドラス シルバー 9/5/9 D
必殺持ち、ネクロマンス4で疾走を得る
出ると強い、でもファントムハウルがある以上アミュレット依存のデッキでしか活躍の見込みはないだろう。
死への近道+ファントムハウルで十分な気がする。
 

ダークコンジュラー ブロンズ 2/2/2 B
登場時、進化フォロワーがいればゴーストを出す
無難に強いのではなかろうか、ゴーストは死への近道やソウルコンバージョンの種に出来るしエルフの少女・リザに関わらず1点を好きな場所に投げ込める。ネクロマンスを限定的に利用するのであればレッサーマミーよりは優先されそうである。


死の一閃 ブロンズ 3 B
体力3以下の相手フォロワー1体を破壊、またはネクロマンス4で相手フォロワー1体を破壊
単体除去として機能する3マナのスペル、進化合戦の腰を折って蝿の王の眷属のために進化を残すのであればこのカードは使いやすいかもしれない、ただネクロマンスの無駄遣いは出来ないので注意。


死を追う者 ブロンズ 3/2/3 C
他のフォロワーが進化するたび、墓地+2
マダムリッチやルーキーネクロマンサーは誤って墓地を消化してしまう場合出せなくなるので2/2/2環境であれば一考の余地がある・・・


スパルトイソルジャー ブロンズ 3/1/4 B
守護持ち、死亡時墓地+2
強いのではなかろうか、死ねば墓地+3なので無理やり墓地を増やす場合は検討できる、負の嵐の妥協撃ちと合わせて葬れるレンジはそこそこあるはずだ。
ドラゴンナイトアイラを殺さない、いいと思います、ウルズされたらこっちもウルズできますし。


マリスゴースト ブロンズ 4/4/2 D
死亡時ランダムな自分のフォロワーに+2/+0する
ファントムドラゴンを採用するデッキで検討できる潜伏ビート用の守護突破要員、でもスタンダードなデッキで採用する理由はあまりないので評価は低い、ワイトキングでいいじゃないか。


デストロイヤーズコマンダー ブロンズ 5/3/5 D
守護もち、登場時、ネクロマンス4で+2/+1
違う、そうじゃないってスペックだが、エリニュススペックは使いやすい、問題はゴブリンマウントデーモンの存在とネクロの5マナ争いは熾烈という点だ。


 ビショップ

封じられし熾天使 レジェンド 8 C
カウントダウン1、次のアミュレットをだし3度繰り返すと特殊勝利のカウント1アミュが配置される
特殊勝利、ロマンであり構築次第ではこのデッキは大いにありうる、しかしライフを削るほうが早いとはいってはいけない。
フィニッシャーであり通過しませんでしたは洒落にならない、きすぎましたも洒落にならない


エイラの祈祷 ゴールド 3 A
自分のリーダーが回復するたび、自分のフォロワー全てを+1/+1する
つぐもが今回の弾で一番推したい一枚、カウントフォロワーにユニコやヒーリングエンジェルを合わせてスペックを上昇させて勝負することになる。複数置く事で相手にスペックの暴力を押し付ける。


カグヤ ゴールド 6/5/6 C
進化上昇1/1、進化すると死亡時に、カウント3自ターン終了時攻撃力最大の相手フォロワーの攻撃力を1にする。アミュレットを配置する。
相手ターン中に死ぬと実質カウント2じゃないか!!
メンヘラウサギやテミスの審判とマナが被り、進化してもスペックが1段階しか増えないのは困り者。
結局のところ、劣勢はテミス、優勢はアルミラージと役割があるため微妙なラインだ。


天空の守護者・ガルラ ゴールド 6/4/4 C
登場時、アミュレットのカウントを3進め、相手のリーダーに3点
なんていうか、さっきもいったが6マナはテミスで流す、よって7マナ以降である、スカルフェインと同スペックなのが哀愁を漂わせる。


獣姫の呼び声 シルバー 2 A
カウント3、カウント終了時2/1疾走と4/4を出す
2コストなので虹の輝きで戻される・・・、それ以外弱い点は見当たらない、見習いシスターや気高き教理で早めるのが理想だが教理は他にもカウント系を多く積まないと事故る。
1枚で2フォロワー出るのは強力ではあるがカウント3は遅い。


スレッジエクソシスト シルバー 3/2/3 D
進化上昇無し、進化時相手のフォロワー1体を破壊 
相手のスペック関係なく破壊、いわゆる進化フォロワーがいるとき系と合わせられる。
進化時スペック上昇無しがなんともいえないバランスでおそらく弱いだろう。


禁じられた儀式 シルバー 3 C
カウントダウン1、カウント終了時体力2以下の相手フォロワー全てを消滅
消滅というのが強力でロイヤルメタとして使われるであろう、エルフはエンシェントで逃げられるのであまり意味が無い。


レディアンスエンジェル シルバー 5/2/4 D
登場時自分のリーダーを3回復し1ドロー
スペックがエイラの祈祷前提のスペックである、ドロー持ちなので低マナに寄せたデッキでは活躍の余地があるかもしれないが進化してパワー4は貧弱だろう。


神鉄の翼 ブロンズ 2 B
カウント4、味方が進化するたびカウント1減少、カウント終了時3/5突進が出る
1枚目が強く、2枚目から恩恵が得られなくなっていくタイプ、カウントが4なので祈りの集約とも相性が悪い。
ただし登場するアダマントバードは使いやすいスペックであり進化合戦を有利に導いてくれるだろう。


僧侶の聖水 ブロンズ 2 D
味方1体を2点回復、1ドロー
リーダーを回復できる、ドローできる、でもそれだけ。エイラあれば2マナで激励の枚にドローが付くが果たしていかがなものだろうか、使ってみないと邪魔かどうかはわからない、多分邪魔。


天界の忠犬 ブロンズ 2/2/2 A
登場時、進化後のフォロワーがいれば+0/+2守護
レディアンスエンジェルさんに見習って欲しいこのスペック、2/2/4守護とか化け物だが最序盤にも出せるという安定性、事故防止からキーパーソンの防衛まで手広くこなせる。


スカイスピリット ブロンズ 3/2/3 C
登場時、自分のほかのフォロワーに突進付与
テミスまたぎでカウントフォロワーを利用したりする場合に有効なカード、素のスペックもそこそこ。
ただビショップの低マナも増えてきたので競争が激しい。


ホーリーフォックス・グリモー ブロンズ 4/3/4 B
相手の能力で選択できない
2マナ2点が標準装備な環境では進化枠として活躍できるだろう、相手から対象を取らせないマイニュやこいつは祈祷でパンプすると凶悪であり、守護はないがなかなかに期待出来る。


翼の王子 ブロンズ 5/4/5 C
登場時、自分のアミュレット1つのカウントを1進める
高貴なプリーストと異なり1つしか触れないが複数出すようなデッキでなければこいつで十分、見習いシスターと違い、陽光で守護を持つため進化してテミスまでの時間を稼ぐのには十分に使えるだろう。

続きです、ロイヤルとウィッチの新カードを考察していきます。

ロイヤル

アレキサンダー レジェンド 8/6/7 D
突進、相手のリーダーを殴れずフォロワーを1ターンに14回殴れる
ユニークなテキストだが8マナで出してなにをすればいいのだろうか、相手の埋まった場を消し去れるかもしれないが状況が好転するかといわれるとそうでもなかったりする。
地味に指揮官なのでアサシンで潜伏を持たせられる。

 
盗賊の極意 ゴールド 3 E
自ターン終了時、潜伏状態の自分のフォロワー全てに+1/+1
貼るタイミングが見当たらないが決して弱くはないだろう、ただ1マナや2マナのニンジャエッグやクノイチエッグはベイビーエルフメイに抜かれるのであんまり信用できない。
4マナの暗殺者をあてにすると3マナでこのカードを出した時点で生き残れないだろう。
潜伏型は最前線を採用したほうが適用タイミングが多そうだ。


ホワイトパラディン ゴールド 3/3/2 B
守護、進化時上昇1/1、新化時相手の場のフォロワーの数だけ守護持ち1/1兵士を出す
ロイヤルの3マナは相変わらず強い、進化メリットも強力であるが中盤以降の余剰マナで登場する守護の数が増えるのもうれしいところ。


レオニダス ゴールド 9/7/8 C
死亡時、 登場フォロワーに+3/+3突進が付与されるアミュレットを残す
9マナや10マナは次元の超越がある限りデットラインなのでそのラインまで生き残る前提でデッキに投入するのはリスキーではあるが、レジェンド並みのぶっ飛んだ効果を持っている。
死亡後に乙姫でほぼ勝ちであるが、レオニダス本人に守護が無いためターンは帰ってこないだろう。
モルディカイでもきついのに9マナは無理があると思われる。


ガンナーメイド・セリエ シルバー 2/2/2 A
進化時自分の場に指揮官がいれば+1/+1
2/2兵士なだけで強い、5マナや7マナで能力は使いやすく、フェンサーで6/6までいく。


渾身の一振り シルバー 2 A
相手の場のフォロワーが自分より多いならナイトを出し、それとは別に相手のフォロワーに2点
ロイヤルの2点バーンは強力でおまけ付きとくれば弱いわけが無い、かゆいところに手が届くようになる。


冷酷なる暗殺者 シルバー 3/1/1 B
必殺持ち、登場時指揮官がいれば疾走
生きる除去、ゴブリンマウントデーモン他あらゆるものに刺さる、相手のボードにフォロワーがいなければ殴ればいいので新化で処理できれば新化で、出来なければぶつければよい。
地味にロイヤルミラーで先手4マナで置いておけば新化フローラルに対策しやすい。


コウガクノイチ シルバー 7/3/3 C
潜伏もち、登場時同名キャラを出す。
潜伏があるので場もちがいい反面7マナでこいつを出す余裕があるならガブリエルのほうが強い気もする。
兵士で最高マナなので御旗型や指揮官厳選型の高マナとしては一考。

 
師の教え ブロンズ 1 A
自分か相手のフォロワーをターン終了時まで+1/0、したときカードを1枚引く
マナ余りを1点火力に出来る、後攻初手でも相手の場にフォロワーがいれば圧縮できる。
高マナに重点を置くミッドレンジロイヤルに高マナの総数を減らせる圧縮カードは優秀の一言。
先攻5マナフローラルでもこいつでタフネス5まで対応できる。


勇敢なる旗手 ブロンズ 2/2/1 C
他のフォロワーが進化するたびナイトを出す
4マナで置いておけばお互いが進化を切ってぽこぽこナイトが沸く、が。本人のスペックは貧弱である。


スウィフトペネトレイター ブロンズ 3/3/2 C
登場時、進化後のフォロワーがいれば+1/0潜伏
デッキを選ぶが強力な3マナ4点パンチャー、ガブリエル+進化で10点割ができる。
ただし順当にミットレンジロイヤルのフォロワーをドラフトしていけばこのカードの枠なんてありえない。


ミラージュディフェンサー ブロンズ 4/3/4 B
守護
兵士、3/4守護、3マナが強いロイヤルでは4マナのタフネス4守護は十二分に採用県内。
進化してパワー5は他のデッキの進化枠に対抗でき、無難なスペック、地力の強いロイヤルでは強力なはず。


アサルトコマンダー ブロンズ 5/4/4 E
登場時、自分の兵士全てに+1/0
兵士のみなので風神かセージでいいだろう。オーレリアや白騎士セリエのほうが状況を有利にしやすい。


アドバンスブレーダー ブロンズ 5/3/4 C
登場時、デッキから兵士を2枚加える
1マナ分低スペックで2アド、メイドリーダーは指揮官だがこっちは兵士を加える、ウィニー構築では活躍するだろう。


ウィッチ

太陽の巫女・パメラ レジェンド 5/4/5 B
登場時、秘術使用、このターン終了時、生存してれば他の自分のフォロワーに×2/×2する
秘術型待望のフィニッシャーである、のののを先に置いておけば6/6守護も作れる。進化したガーディアンゴーレムを10/10に出来るので進化を残して使うのがいいだろう。
6マナ破砕、7マナののの、8マナパメラといったところであろうか・・・
あんまり強そうに感じないのは気のせいだろうか


古き魔術師・レヴィ ゴールド 2/2/2 C
進化時1マナ3点のスペルを加える
進化すると効率のいいスペルが手に入るが、どんなデッキに投入されるのか検討が付かない。
正直ルーキーアルケミストのほうが強そうにも感じる。


白霜の風 ゴールド 5 D
1+スペルブースト以下の体力の相手フォロワーを手札に戻し、同数のスノーマンを出す
戻せるのは1体、スノーマンの進化で3/3、これだけで対処できれば強力で対処できなければ劣勢に代わりはない。サモンスノーも3マナでは出せる数が限られるのでこちらのカードも一考の余地があるが、5マナ消費はファイアーチェインでも重いと感じるのに重すぎだろう。


破砕の禁呪 ゴールド 6 A
体力2以下の相手フォロワーを全て消滅、秘術で5以下まで
全体除去として、いままでアルケミックロア・ミスリルゴーレムともに重すぎたため6マナで全体に触れるのは大きく、テミスとちがい味方を巻き込まないのもすごい性能だ。
乙姫のようなファイアーチェインやガーディアンゴーレムで対応しずらいものにはこの除去が光る。
冥府カウントを増やさない消滅なのもえぐい。


氷像の召喚 シルバー 3 A
5/5守護、攻撃不能を出し、相手ターン終了時に破壊される
パワーを持った破格の壁は強力だ、ペンギンを守ったり進化の返しなどお茶を濁すにはうってつけ。
5マナで置いておけば相手が突破に体力を減らし、破砕で消滅といった戦術も取れる。


デュアルウィッチ・レミラミ シルバー 4/3/4 A
進化時、秘術でガーディアンゴーレムを出す
練成を加えるわけではなく直接出します、なのでを使用できれば強力で自身の進化も5/6と他の進化フォロワーへの返しとしても十二分、秘術ウィッチの欠点であった専用進化枠がきたので期待したい。


シャドウウィッチ シルバー 6/5/5 B
登場時、秘術で相手のボード1枚をクレイゴーレムに変える
守護突破に使え、本人のスペックもウィッチではそこそこ。進化を使用しないで起動できるが秘術使用なのが微妙なライン、単体で使用できないのが曲者で地裂弾+ガーディアンのほうが安定性はある動きに見える。
秘術ウィッチが前のめりに押せる場合は強力であろう。


連続実験 シルバー 7 E
クレイゴーレムを1+スペルブースト分出す
守護も無いし専用サポートも現状ないので使用する利点が見つからない・・・


くず鉄の練成 ブロンズ 1 A
配置時、0/2守護を1体出す
土の印持ちの1マナ、破格の性能で秘術用の土の印としてぶっ飛んでいる気がする。
0/2守護が1マナから出るのは最序盤の被打点軽減に役に立つ。


炎熱の術式 ブロンズ 2 C
配置時、相手のフォロワーに2点
2/2/2にブラスト以外で即処理できるようになった、秘術型で枠があれば強力であるがクラフトウォーロックがいるので採用されるかは微妙なところ。


ベビーウィッチ・エミル ブロンズ 3/2/2 D
スペルブーストでコストが1下がる
利点は0マナ2/2が出る、欠点はマーリンがこいつを持ってくる、それが全てを台無しにしかねない。


魔女の雷撃 ブロンズ 3 B
相手フォロワーに4点、進化フォロワーがいれば1ドロー
かゆいところに手が届きそうな3マナ4点、状況を選べばドローできるがしなくても十分だろう。
問題は枠が取れるか、炎の握撃の代替をウィンドブラストに任せ、こちらをブラスト感覚で使うのもいいだろう。
マーリンのサーチ枠を絞れるのが強みであり、スナイプ+ミサイルのほうがスペブは稼げる。


水晶の魔撃手 ブロンズ 4/3/4 E
他のフォロワーが進化するたび、スペルブースト
スペルウィッチは相手が事故らない限り登場フォロワーを進化させない選択肢は無く、こいつを悠長においてエンドは取り返しの付かない結末を迎えかねない。


グランドガーゴイル ブロンズ 5/4/5 C
死亡時土の魔片
クラフトウォーロックさんと違いスペックの劣化は無くなった、意外と5マナで秘術を使用したいことが多い反面場に土がないのであればこいつを出すのはかなりリアル、問題はそんな枠を捻出してまでやるかどうか。
レミラミが4マナで土を消化した場合は活躍のチャンスはありそうである

このページのトップヘ