二〇一四年文月廿一日

坂本龍一 ソーラーパワーで奏でる。


このブログ、存在を忘れていました。
超不定期になりますが、思い出した時に更新していきたいです。

今回取り上げたのは㈱エクソルという京都に本社を持つ太陽光発電システムのトータルプロデュースを実現する会社のCMです。

この会社は2012年から坂本龍一氏とコラボしたTVCMを公開しています。
2014年のテーマは「ソーラーコンサート」
太陽光発電により、全ての電力がまかなわれる坂本龍一氏の演奏。太陽光パネルと楽器の極めてシンプルな構図で、ソーラーパワーの力強さを伝えています。
冒頭の映像は60秒ver.となっております。
楽曲名は「Uclicht」 日本語で言うなら「原光」でしょうか。


30秒Ver


15秒Ver





この映像はこのCMのプロジェクトムービーです(メイキング)


坂本龍一氏のスペシャルインタビュー

XSOL 01



































今回の広告ポスター


2013年「パワー・イノベーション」篇
「未来のあたりまえを、いま、つくる。」というメッセージを掲げ、太陽光発電を未来のあたりまえにするため、邁進する志を表現しています。

XSOL 02







































2012年「ストロングメッセージ」編
「ないなら、つくろうよ。」という、シンプルかつ力強いメッセージとともに、太陽光の可能性を坂本龍一さんに語っていただきました。

XSOL 03




































今回は以上となります。また気紛れに更新するかもです。

tsukiyochakai at 01:54|PermalinkComments(0) 国内CM 

二〇一三年卯月十五日

石狩LNG基地、稼働。


今回は北海道ガスの石狩LNG基地が完成、稼働を開始した際のCMです。
クジラが泳げるほどのタンクの大きさは見ていて圧巻されます。

tsukiyochakai at 19:18|PermalinkComments(0) 国内ローカル 

二〇一三年卯月十日

美味なる音を楽しもう


2009年頃の日本ハム(株)のシャウエッセンのCM。
シャウエッセンと聞くとこのCMの雰囲気がありませんか?

ミュージカルの軽快な雰囲気と「パリッ!」と響く音。
見た人が思わず一緒に踊りたくなるようなCMに仕上がっています。
このCMが撮影されたのは、ニューヨークの「The Down Town Association」(1859~)
150年の歴史がある名門プライベートクラブとなっていて、かつてはあのルーズベルト大統領もメンバーだったと言われています。

ミュージカルの大事な要素である「ダンス」と「音楽」のために、一流の振付師と作曲家を迎えました。
ダンスを司る振付師は、舞台・映画をメインに幅広く活動し、数々の受賞歴を持つジョン・カラファ氏。ブロードウェイではトニー賞にもノミネートされた大物です。
音楽は、映画「マジックアワー」で2009年日本アカデミー賞優秀音楽賞に輝いた荻野清子氏に依頼。このCMのために、オリジナルの曲を制作してもらいました。(HPより)



tsukiyochakai at 19:26|PermalinkComments(0) 国内CM