2017年11月13日

ありがとう『ぐり』💖

かなり間が空いてしまいました

気にかけて下さってたみなさん、どうもすみません

ご無沙汰してる間、色々ありました。。。



中でもわたしにとって一番大きな出来事は、愛猫『ぐり』とのお別れ


8月に調子が悪くなり、一時は命も危ないと覚悟したものの、
自宅で毎日皮下輸液した甲斐あってかなり回復していましたが、
ちょこちょこ咳をするようになったので、検診も兼ねて約二ヶ月ぶりに受診

レントゲンをとってもらったら、胸水が溜まっているとのこと

そのせいで呼吸がし辛くなっているので、取り急ぎ胸水を抜いてもらいました


原因はいくつか考えられるけど、抜いた胸水を詳しく調べないとわからないとのことで、

翌日電話で結果を聞くということで帰宅

呼吸も落ち着いたように見えたのですが、翌朝なんか様子がおかしい。

もう一度病院へ。

レントゲンをとると、昨日抜いたのにまた胸水が溜まっていました


先生いわく、おそらく『猫伝染性腹膜炎』ではないか、とのこと。

確定するにはさらに別の検査をしなければいけないけど、もしそうだったとしても、

今は治療法がない病気とのこと。

ネットで調べたら、原因不明の不治の病って書いてありました

さてどうしたものか。。。


歳が歳なのでストレスをかける治療はせず、とにかくできるだけ余生を穏やかに楽に過ごさせてあげたい、

でもできる限りのことはしてあげたい。

悩んだあげく、入院はぜず自宅へ。

少しでも息が楽になるよう『酸素ハウス』をレンタルしました。

23584556_1322768441184148_34128655_n

嫌がるかなと思ったけど、案外あっさりハウスに入ってくれました。

本能的に、この中は安全で楽だとわかったんでしょうね

実際、酸素ハウスを使わなければもう少し早いお別れになっていたかもしれません。
 

とはいえ、病気が治るわけではなく、いつどうなってもおかしくない状態だったので、

仕事も何もかもお休みさせてもらって、ずっとそばにいたかったのが本音。

でもそうもゆかず、気が気でない日々が続きました

23574454_1322768171184175_740380065_n
(心配そうに見守る『ぼっくん』)


心配で心配で夜も眠れず緊張しっぱなし、苦しそうな姿に胸がしめつけられました

そんな中でもがんばってお水を飲んでくれたりご飯を食べてくれたり、

時には流動食の強制給餌を受け入れてくれたり、

声は出なくなってもこちらを向いてにゃーっと口を開けてくれたり、

がんばってトイレに行こうとしたり、

精一杯生きようとする毅然とした彼女の姿に逆に励まされ、ただただすごいなぁと感心しました。
 

今まで何匹かお見送りしてきましたが、こんなにがんばる粘り強い子は初めてです。

もう今日でお別れかも、と経験と勘で察した朝も、がんばって大好物のチーズをわたしの手から食べてくれました。

最後は痙攣したり苦しかっただろうに、声をかけなでるしかできなくて申し訳なかったけど、

心は通じてると思ったし、しっかりと命をまっとうした彼女は、本当にたくましく美しく見えました


出会ってから20年4ヶ月と一週間

誰よりも長く、ずっとそばにいてくれた『ぐり』。

それはそれはたくさんのしあわせを与えてくれ、

どれだけ救ってくれたことか

『ぐり』がいなかったら、今のわたしも『月陽』もなかったと言えるほど、

大きな大きな存在。


生まれたてでダンボールに入れられ捨てられていた時、偶然出会って

うちの子になってくれて、ありがとう

子育てさせてくれてありがとう
23515820_1322614624532863_957445587_n
(哺乳瓶でミルクをあげてました
 

赤ちゃんの時かなり衰弱して死にそうな状態から復活してくれて、ありがとう


『ぐら』との子供『ちゃい』&『ぼっくん』たちを産んでくれて、ありがとう
23574311_1322791331181859_1974016135_n


我が家に来たお客さんをもてなしてくれて、ありがとう


落ち込んだ時そっとそばにいてなぐさめてくれて、ありがとう

ダメダメな時もやさしくしてくれて、ありがとう


酔っ払ってハイテンションで抱っこしてもみくちゃにしても我慢してくれて、ありがとう


夫婦げんかの仲裁に入ってくれて、ありがとう


出かける時玄関までお見送りしてくれて、ありがとう


帰ってきた時かわいい顔で待っててくれて、ありがとう


毎日一緒に寝てくれて、ありがとう


心の準備をさせてくれて、ありがとう


最後の最後までがんばってくれて、ありがとう


たくさんの大切なことを教えてくれて、ありがとう


20歳までは生きてほしい、最後はキョーヘイ氏と一緒に看取らせてほしい、

そんなわがままな願いも叶えてくれて、ありがとう
23574094_1322769884517337_756777689_n
(20歳の誕生日は、大好きなケーキでお祝い



さみしさはハンパないですが、それ以上に感謝の気持ち、愛おしさ、そして尊敬の念でいっぱいです


『ぐり』はきっと今、痛みも苦しみもない平和で自由な世界で、『ぐら』&『ちゃい』と仲良く過ごしていることでしょう

残された『ぼっくん』が元気でしあわせに長生きできるよう、より一層愛情を注ぎたいと思います


今までかわいがって下さったみなさん、ご心配頂いたみなさん、励まし・労いの言葉を下さったみなさん、

本当にありがとうございました

これから寒くなりますので、みなさまもどうぞご自愛下さいね☆ミ

23584471_1322768914517434_1665387452_n
 ぐり、大好き
そして、ありがとう



tsukiyonyanko at 05:32|PermalinkComments(2)

2017年09月03日

今日も生きててくれてありがとう☆ミ

9月に入り、一気に秋らしい気候になりました

夏の終わりの、ちょっとせつないこの感じが好きです


それにしても、今年の夏はホントに暑かったですね

夏バテで体調を崩された方も多いと思います



厳しい暑さは人間だけでなく、我が家の老猫にも辛かったのか、

今まで食欲満点で元気だった20歳超の
『ぐり』が、

先月急に元気がなくなり、慌てて病院へ連れて行きました


もうかなりの高齢なので、

いつどうなってもおかしくないと覚悟はしていたし、


延命治療的なものにも抵抗があったのですが、


しんどそうなぐりを目の当たりにすると、


やっぱりいてもたってもいられなくなりますね



とにかく脱水がひどかったので、まずは点滴してもらいました。

あと、歯肉炎もあったので、炎症を抑える薬の投与。


先生は、腎臓病か、甲状腺の病気の疑いがあると言われたけど、


原因を調べるための血液検査は、


しんどい時にかわいそうだと思い、また改めてということで、


ちょうど病院もお盆休みに入る頃だったので、


お薬をもらって様子を見ることに。



病院のお盆休みが明けるまで様子をみようと思ってたけど、

どんどん衰弱している気がして、このままじゃ本当に危ないと思い、


お盆でもやっている病院があったので連れて行きました。



かわいそうだけど検査しないことには始まらないので調べてもらったら、

やっぱり腎臓の機能が悪くなってました。


ご飯がほとんど食べれてなかったので、低カリウム症にも。



とにかくまずは点滴、できれば入院した方がいい、

ご飯が全く食べられないなら人間と同じように


鼻にカテーテルを入れて栄養補給する方法もある、


と色々説明して下さいましたが、


わたしが無理な延命治療に抵抗があることを察して下さり、


食欲がない子用のごはんをもらって、


ひとまず点滴を続けるということで帰りました。



もっと早く連れて行ってあげれば良かったと、

しんどそうなぐりを見て涙が溢れましたが、


点滴で少し楽になったのか、


病院でもらったごはんをがつがつ食べてくれるではありませんか



『ぐりは生きようとしてくれてる


老衰だからしょうがないと、わたしがあきらめたらアカンやんっ

生きようとがんばってるんだから、できる限りのことはしよう



しんどいはずのぐりに、逆に励まされたのでした



しばらく点滴に通い、少し回復してきたので再検査してもらうと、

腎臓の数値がちょっとだけ良くなってました


先生いわく、この歳で値が良くなるのはかなりすごいことだそう

20歳で腎臓病が見つかって、25歳まで生きた子もいますよ、って



老衰も寿命も仕方ないけど、少しでも楽な状態でいられるようにしてあげたい。

そのためには今は点滴が効果的なんだけど、毎日病院に連れてくるのは負担でしょうと、


自宅で点滴を勧められました。



 わたしが針刺すの



ためらいもありましたが、そこはぐりのため


病院でレクチャーしてもらい、思い切ってやってみることに


21269610_1261599027301090_257772061_n

最初は下手くそで失敗して痛い思いもさせてしまい、ホント申し訳なかったけど、

ぐりはおとなしくじっと我慢してくれてます


ごはんもしっかり食べてくれてます



我が猫ながら、なんてかしこく良い子なんだろうと、ますます愛おしいです


21269815_1261598990634427_1164859863_n

息子猫『くろ』の看病もあって、だいぶ回復してきました

毎日毎日、


『今日も生きててくれてありがとう


という感謝の気持ちを伝えずにはいられません


わたしもできるだけ家にいるようにして、ほとんどお酒も飲まず(笑)

にゃんこ優先生活を送ってますので、


しばらく付き合い悪くなっちゃってすみませんが、また落ち着いたら


みなさまよろしくお願いしますm(_ _)m


21291662_1261599003967759_1770481708_n

涼しくなって体も楽になったのか、

3日程前からずっとハウスに引きこもってたぐりが、


以前のようにそばに来て甘えてくれるようになりました


もう一息かな



ぐり、がんばってくれてありがとう


きっと元気になるからね



季節の変わり目、体調を崩しやすい時期ですので、

みなさまもどうぞご自愛下さいませ☆ミ



tsukiyonyanko at 17:32|PermalinkComments(0)

2017年08月05日

明日天気になぁれ☆ミ

暑中お見舞い申し上げます

20643867_1238502549610738_1234384251_n

8月に入り、暑さ厳しい今日この頃

みなさん大丈夫ですか

暑いのもしんどいけど、それ以上にひえひえ冷房もなかなかつらいですね
さらにその温度差で自律神経が乱れてしまい、体調がイマイチだったので、
メンテ&癒してもらうことに

というわけで、月に一度の『ふあふあ』さんでのエステでお肌も気持ちも癒してもらい、
『もみけん』さんで神の手『竜ちゃん』にがっつりマッサージしてもらいました
おかげさまで元気復活
お二人とも、ホンマええ仕事してはるわぁ〜

ふあふあ山口さん
もみけん竜ちゃん、そして送迎してくれたキャプテンKYOHEY氏、
ありがとうございました
20632355_1238458252948501_1812469422_n
☆『ふあふあ』さん→http://ameblo.jp/fuafua-2012/entry-12287132918.html
20631591_1238458236281836_455787195_n
☆『もみほぐし研究所(もみけん)』→https://www.momiken.jp


さぁ、明日は毎年恒例になってきた『高槻まつり』フィナーレです
体も心もええ感じで『未来への架け橋』しっかり唄わせて頂きます
関係者のみなさま、どうぞよろしくお願いします

<第48回 市民フェスタ『高槻まつり』フィナーレ>
♪8月6日(日)20時50分頃
@高槻『桃園小学校』グラウンド特設ステージ
*テーマソング『未来への架け橋』みんなで唄おう!
演奏は『高槻太鼓』のみなさん(^o^)
唄まきメンバー『ともき』『ハッピィゆうき』『久保和也』氏もいますよ♪
(2年前の動画→https://m.youtube.com/watch?v=zSlSXUy4Svk)


ところで『未来への架け橋』の作曲者は、車椅子のミュージシャン『浦野健(つよし)』
くん
なんですが、その健くんを中心に誕生した『URANOバンド』が、今年なんと
20周年を迎えます

てことは、20年のお付き合いになるんやなぁ〜
改めて、感謝

ちょっと先ですが、11月4日、高槻『URGE』さんにて記念ライブを開催します
これはいい記事になるぞってことで、毎日新聞さんから取材も受けたりと、
じわじわと盛り上がってきてます

メンバーは、Vo.浦野健&月陽・Gt.西田まこと・Key.林マーさん・Ba.斎藤一郎・
Perc.・黒藪輝之・
Perc.関南(敬称略)と、超豪華
きっと楽しいライブになると思いますので、ぜひぜひ見に来て下さいね

明日の高槻まつりフィナーレでも、わたしの隣で唄う予定なので、ぜひ見に来て
声かけて下さいね


何はともあれ、晴れますように☆ミ

20632307_1238444449616548_890986577_n



tsukiyonyanko at 22:56|PermalinkComments(0)