家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

平成24年度高塚建設工業安全衛生推進大会を開催


昨日、
平成24年度 高塚建設工業㈱安全推進大会が開かれました。

DSC05502

大会には、労働安全コンサルタントの来賓、当社社員及び取引業者の関係者ら約50名が参加しました。

当社の平成24年度安全衛生方針は、
「愚直に“当たり前のことを当たり前にやる”という姿勢で、
三現主義にのっとり、もう一度 我々の現場を徹底して『診る』」

この方針を徹底するためのスローガンとして、
「ひとりの目よりもみんなの目 予知して摘み取れ 危険の芽」を掲げています。


このスローガンは、全社員から応募されたものから毎年1つが選出されます。
今年は、私の案が採用され発表する大役を果たしました。




DSC05504

大規模の工事現場では、多くの職人が作業を行います。

高塚建設工業の現場で毎年事故がないのは、
こうした取組みによって、各個人の意識が高いからであると再認識しました。

DSC05505

高塚建設工業を代表し、建築部による安全宣誓で無事閉会。



安全な職場環境づくりは建設業にとってとても重要なこと。
私が掲げたスローガンを基に
今年度も良い環境の中で、品質の高い建築に取組んでまいります。



日本一楽しい家づくり
住工房つくばの杜
tel      0120-254-825
mail     info@takatsuka.com
hp      http://r.goope.jp/tsukumori
facebook   https://www.facebook.com/tsukubanomori

blog 小林

  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 08:52 | Edit

真のエネルギー政策


昨日、超党派議員によって

即廃炉すべき原発が公表されました。



日本のエネルギー政策、違和感を感じます。

エネルギー政策と言いながら、
実は景気浮揚を狙った経済政策と言う気がする。


家電エコポイントも、
無駄な電力を使わないようにした人ではなく、
より大きなエネルギーを消費する大型TVにする人に大きなポイントが付きました。


エネルギー政策ではなく経済政策ですよね。



3.11の様な自然災害が起きた時にリスクを回避する手段のないまま、
被災者が自分の家に帰る事も出来ない状態で、原発再稼働を決定するのは、
国民の健康や生命より原発が生み出す経済効果を優先しているのでしょうね。


高価で高性能な設備の組合せる机上のゼロエネルギー住宅ではなく
本気でエネルギー消費を抑え、
原発を停止しても困らない社会を構築する。


経済政策に偏った政策ではなく、真のエネルギー政策が求められている・・・


つくばの杜ゼロエネ事業・・・エネルギーに真摯に向き合ってきた
私たちができる住まい、街づくりを進めていきます。



日本一楽しい家づくり
住工房つくばの杜
tel      0120-254-825
mail     info@takatsuka.com
hp      http://r.goope.jp/tsukumori
facebook   https://www.facebook.com/tsukubanomori

blog 小林
  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 05:00 | Edit

輪のある暮らし



長い間、愛読されてきた「われらFP家族」を引き継ぐこととなりました
「Wakka」・・・その第1号が発行されました。

DSC05488


家族の輪をテーマにした Wakka創刊号


こだわりの住まいと暮らしが掲載され、
内容も充実しています。


人の輪が少し薄らいでいる現在、輪を見直す必要があると思います。

輪を大切にするということは、家族を大切にするということ、
モノを大切にするということ、人に親切にするということ、
ウソをつかないこと。

これらは、決して難しいことではなく、当たり前のこと。

「冬暖かく、夏涼しい家」・・・
それは、私たちFPグループが一生懸命追求してきた当たり前のこと。
ひとりでも多くの方が多くの輪づくりを楽しみ、
楽しい家づくりから始まるWakkaがつながっていければと思います。


「冬暖かく、夏涼しい家」、Wakkaについてのお問合せは、

日本一楽しい家づくり
住工房つくばの杜
tel      0120-254-825
mail     info@takatsuka.com
hp      http://r.goope.jp/tsukumori
facebook   https://www.facebook.com/tsukubanomori

blog 小林
  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 05:00 | Edit

現場で行う打合せ


カーポートから玄関までのアプローチの上部に
寝室の収納を設けています。

DSC05475


更なる使いやすさと空間の有効利用を考え、
お施主さまと現場で打合せを重ね
方向性が決まりました。



DSC05476

コンセントなどの電気設備や家具の取付位置などを確認しながら
下地の方法や位置を決めていきます。


また、インテリアショップのAIMSCORDさんも加わり、
家具の計画も同時に進められています。
インテリアは素材や色調を合わせると空間に統一感が生まれます。


順調に進みまもなく仕上げ工事・・・仕上りが楽しみです。


日本一楽しい家づくり
住工房つくばの杜
tel      0120-254-825
mail     info@takatsuka.com
hp      http://r.goope.jp/tsukumori
facebook   https://www.facebook.com/tsukubanomori

blog 小林
  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 06:10 | Edit

地域の時代


昨日、あるご年配の人生の師匠から
いただいたコトバを

私なりに咀嚼してみました。


「何もかも満たされているより
満たせるよう努力する方が知恵が生まれ、豊かに生きてゆける」




『貧しくみなひとりぼっちだが、ひとりぼっちでは生きて行けない』
日本の高度経済成長を支えてきた方々の価値観=幸福観。



その成長に翻弄され、肝心な幸せを見失い、
幸せの価値が大きく変わり始めている。


幸せの価値を
経済の物差しで整理すると・・・

豊かさの経済学  → 幸せ+経済学
グローバル化で推進 →  ローカル化で推進(地域密着)
高度経済成長期の物差し(GNP=国民総生産) → 経済成熟期の物差し(GNH=国民総幸福量)
所得や物の充足 → 人間幸福度=モノよりコト 自分らしい生き方
規模やスピードを競う → Small Simple Slow(3S)+Local
競争が人間同士のつながり希薄化 → 地域自給化
開発が自然とのつながりを壊す → 環境共生
人の価値観を奪い不安定化 → FEC自給圏=「Foods」、「Energy」、「Care」


これからは、地域の時代になると思います。

豪華で豊かな設備が付いたハウスメーカーの家より
Small Simpleで地域の材を地域の職人がつくる地域につながった家。

人は、ひとりでは生きて行けない。
だからこそ、つながった暮らしの中に、しあわせはあるのだと思います。



日本一楽しい家づくり
住工房つくばの杜
tel      0120-254-825
mail     info@takatsuka.com
hp      http://r.goope.jp/tsukumori
facebook   https://www.facebook.com/tsukubanomori

blog 小林




  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 05:00 | Edit
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog