家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

「小さな家」の模型製作

IMG_2214



















90代ご夫婦の「小さな家」を八千代町に計画しています。
延床面積19坪。


「小さな家」というとネガティブな印象を多少抱くかも知れませんね。
建築家 ル・コルビュジェが1920年代に母の為に建てた「小さな家」。
小さな家の計画をする時は、原点を思い返します。
眺望がいい、必要な機能を備えつつ、それが最小限のものを設える。
回遊性や配置によって、18坪と小くとも空間の広がりや豊かさを感じられる家。
建築を学ぶ上では、必ず通るル・コルビュジェの「小さな家」。
le_corbusier8


















IMG_2201




















IMG_2202






















住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU









  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 15:13 | Edit

ゼロエネルギー住宅...研修会編

2020年。「省エネ法」適合義務化「ゼロエネルギー住宅」に向けて、
定期的に勉強会に参加しております。

IMG_2200



















2016年はゼロエネルギー住宅:通称ZEH(ゼッチ)の普及元年。とも言われており、
2020年を前にしてゼロエネ住宅の標準仕様化が住宅業界で進められています。


今回は「外皮平均熱貫流率」の計算を行いました。
外皮計算とは...
住宅の外壁や窓を「外皮」(がいひ)と言われる部分、
室内と屋外の熱的境界となる部分からの熱量の行き来を計算します。

断熱の性能や、窓の大きさ・性能、日照条件etc...
細か~く入力、地道に計算してゆく作業なのです。

昨年竣工物件でシュミレーションしました。
サッシはLIXILサーモスH and 断熱はマグ・イゾベールの高性能グラスウール仕様。
0.87以下が標準基準値ですが、0.54という数字が出ました。
今までの我が社の標準仕様であれば、十分クリアできる数字が出ました。

「外皮計算」はZEH住宅のほんの入り口。
あとは、排出するエネルギーと創り出すエネルギーを考えてゆくのです。


住宅設備機器や給湯器、エアコン、照明器具は何を使用するのか...じっくり検討します。
創り出すエネルギーは太陽光、風力、水力?太陽光が現状では取り入れやすいですね。

と、今までの新築住宅とは大きく変わってしまいます。今までとは違う規制、2020年。
ゼロエネ住宅は私達の住む地球環境のために、やさしい住まいを目指して。
我が社の住宅は家族がつながることを大切に。風や光を感じられるように。「コンセプトのある住まい」づくり。
家とは何ぞや...じっくり考えて、日々勉強中です。




住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU






  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 15:32 | Edit
記事検索
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog