家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

「豊里の杜 ロフトのある平屋」進捗 外壁そとん壁

「豊里の杜 ロフトのある平屋」
外壁材は「スーパー白洲そとん壁W」
100%の天然素材でありながら、防水と透湿性能高い素材。

雨風、紫外線など、絶え間ないダメージから守る=こまめなメンテナンスを要する
自然素材を外側に使うという事は、リスクを伴うというイメージがあります。

そとん壁はマグマセラミック素材。
既成概念とはちょっと、いや格段に違った材料なのです。
デメリットは少しコストUPという事。
しかし、
天然素材ならではの温かみのある風合い
土に帰る安心安全材料
蓄熱しにくく輻射熱を和らげる、、、etc.
デザイン的にも環境のためにもメリット要素が沢山あるのです。

IMG_4630



















IMG_4633



















外壁面の透湿防水シートの上に「ラス網」を貼った状態。
その次に、下塗り材→上塗り材 という工程。

IMG_4628


































コテで押えると同時に、塗りパターンを付けていくのですが、
上記写真の左側は円を描くようにコテを滑らせたパターン。(ほっこり、温かみ)
右側は横に線を引くようにコテを動かすパターン。(シャープ、スタイリッシュ)
今回は右側採用です。
違いは微妙ですが、広い面積を塗ると採用パターンによって印象は変化しますよ。

IMG_4631



















上塗り材を均一に

IMG_4632



















おぉ~ パターンつけてます



白洲(しらす)は、社会で習ったシラス台地の あの「しらす」です。
鹿児島です。

カラーバリエーションは全9色。
仕上げパターンも今回紹介したもの以外にも多種あります。




住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU





  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 11:08 | Edit

「豊里 ロフトのある平屋」進捗 内装①

「豊里の杜 ロフトのある平屋」

今回は、趣きあるリビングづくりのひとつの要素。
「梁」(はり)です。


壁の中に隠れている梁や柱を
あえて見せる、「ストラクチャーデザイン」(構造デザイン)。


空間の中に、伸びやかさやアクセント、木の温もりを感じさせたい...
そんな時に効果的な要素です。



けれど木は生き物ですから、
きれいな材をオーダーしても節があったりして、
想い描いているような「きれいな見た目」の材料とはいかないことも多々あります。
しかも、そういった木材を入手するには、コストUPにもなります。


そんな時は、単板無垢材を貼る という手法もあります。
大根のかつらむきのごとく、太く大きな木材から、薄く単板をとったものです。

IMG_4584


































IMG_4583



















事前に下地になる梁は凹凸のないようきれいに表面を仕上げ、
単板を慎重に貼ってゆきます。
スマホのディスプレイに保護シール貼る、という難しさは想像できると思います。
その何十倍もの難易度。まさに職人さんの手仕事。

Before。
IMG_4602



















After。
IMG_4603




















節がある、ない。
それぞれ皆さまのお好みです。




「節なし」が好き。
こんな手法を是非ご参考に。











住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU



  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 11:12 | Edit

「豊里 ロフトのある平屋」進捗 木工事完了

「豊里の杜 ロフトのある平屋」
木工事が完了し、いよいよ来週から内装工事が始まります。
外壁の「そとん壁」は、只今下地段階。来週から左官に入ります。

IMG_4564



















IMG_4562




















ロフトに通じる階段。
IMG_4563



















IMG_4565



















ロフトの天井は屋根勾配に沿って。
1m60㎝~2m30㎝。
圧迫感を感じさせぬよう、大きめの窓をとったり、軽やかなデザインの手すりにしたり。


お披露目の時期は3月。




IMG_4556



















「八千代のFLAT-HOUSE01」
仕様打合せを始めてから2か月。

こちらも、いよいよ終盤に差し掛かって来ました。
次回は最後の電気の打合せになります。

A様、沢山迷ったり、悩んだりしましたよね。
お疲れ様でした。あと一息です。

決める事がありすぎて大変。
振り返ってみたら、「選ぶ楽しさ」だったな。と感じてくれたら幸いです。





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU








  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 13:51 | Edit

「豊里 ロフトのある平屋」進捗 壁下地

「豊里の杜 ロフトのある平屋」 進捗です。
年明け、引き続き木工事の 壁の下地となる「ボード貼り」が着々と進められています。
IMG_4553



















キッチン→ダイニングの開口部フォルムが見えてきました。

IMG_4555



















リビング上部の勾配天井 と ロフトの手摺壁。
4本の登り梁が伸びやかな空間へと導いてくれることでしょう。

ボードを貼り終えると、ゴールが見えてきます。
お施主様もそれぞれの部屋の大きさがひと目に捉える事が出来るので、
より一層、完成を心待ちにするのだと思います。そして我々も然り。


LDKの壁は、スイス漆喰「カルクウォール」にて仕上げてゆきます。


IMG_4552



















軒天が貼り終えました。
軒天のボードは木目調仕様。
落ち着きある建物には合いますね。
ちょっと軒先に雰囲気が出て、部屋内から空を眺める時が一番映えるかな。

無垢板を軒天に使用することもありますが、
生きている木は特にメンテナンスが必要。
雰囲気は確実に良いです。
定期的に塗装するという手間がかかります。
愛すればこそ。です。




乾燥している日が続きますね。
くれぐれもご体調にはお気を付けて、お過ごし下さい。

無垢の木のフローリングなどは多少収縮してきます。
家族のために内装のために、適度な加湿をおススメ致します。








住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU












  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 10:04 | Edit

明けましておめでとうございます

IMG_4550




















「やってみなくちゃ」
- 猪突猛進もいいものだ

「できない」とか「つまらない」とか、やってみなくちゃわからない。
いろんな可能性を狭めているのは自分自身かも



改めまして、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、昨日1月7日より始業致しました。
我が社の毎年恒例となります、社長より年初めの「訓示」です。


色々なことを言い訳にして、日々何かに挑戦することを先延ばしにしたり、諦めていたり...。
失敗を恐れずに、もしくは失敗してもいいから
「やってみなくちゃ」と一歩でも踏み出してみる。そうしないと、物事は進みだしません。
全ては自分自身。


言い訳をせず、踏み出す勇気と姿勢をもって、心に「挑戦」を。
この言葉を掲げて社員一同、本年も一所懸命頑張ります。






住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU














  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 11:05 | Edit
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog