家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

「八千代のFLAT-HOUSE01」進捗...外壁

久し振りの 青く青い空の下。

「八千代のFLAT-HOUSE01」
外壁が貼り終わりました。
IMG_5074



















IMG_5073



















IMG_5069





















内部もしっかり着実に進行中。
IMG_5071



















IMG_5072



















LDKの天井に化粧梁。






住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU






















  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 22:52 | Edit

NEWデザイン・会社案内リーフレット

カタログ


























住工房つくばの杜 のリーフレットデザインが装い新たになりました。

是非、HP上の「お問い合わせ-資料請求フォーム」より資料請求して頂けたらありがたいです!



家づくりに対する私たちの姿勢や家づくりの流れが分かる冊子
「DESIGN & CONSTRUCTION」

これまでの携わってきた愛すべき家々たちを掲載した施工事例集フォトブック
「Works」

母体である高塚建設工業㈱の理念を掲載したブックに納めてお送りいたします。
家づくりにお役立て下さい。






住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU

  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 11:06 | Edit

「八千代のFLAT-HOUSE01」進捗...床フロア

「八千代のFLAT-HOUSE01」

内部の造作が着々と進行しています。
前々回のBlogでちらっとご紹介しました、床フロア材についてです。
IMG_5064



















IMG_5062



















panasonic 「アーキスペック チェリー柄」
無垢のチェリー材はもう少し明るめの色味になるのですが、
熱処理を施したような、シックな色合い。
ウォルナット材に近い重厚な印象ですね。
フロアの幅も一本一本が広いので、より落ち着いた空間を演出してくれます。

床材はその空間の印象を決めるのにとても重要なアイテムです。
色味、質感。
無垢材なのか、フロア材なのか、はたまた全く違う素材にするのか。
多種多様の選択肢があります。
直接足に触れるものだし、長年つき合うものだから、
相性を見極めて、生活スタイルを考慮して、
ピッタリの床材に出会いましょう!


IMG_5063



















LIXIL 「ラッシサDフロア ホワイトオーク柄」
個室にはガラッと印象の異なるフロア材も使用しています。

計3種類のフロア材を使っています。
各々雰囲気を違えるのも、楽しさですね。



IMG_5065



















「八千代のFLAT-HOUSE01」の現場の程近く。
間もなく着工を迎える平屋の住宅。

20.5坪。
コンパクトで機能的。
光に満たさること、風通しが良いこと。
愉しい暮らしが育まれること。

30枚弱の図面を描き終えています。
2階建て・ヴォリュームのある平屋だと50枚近くの図面を揃えます。
着工前の準備として、細かい納まりの検討やデザイン考察をし、
現場をスムーズに動かすツール。

また、お施主様と限りなくイメージを共有し、
私たちもこの現場に於いて迷いや解らない事はナイ!という意気込みで臨む。

見えないものを共有するから、みんなの想いを図面に託す。
そんな姿勢で日々図面と向き合っています。






住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU






  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 10:50 | Edit

「八千代のFLAT-HOUSE01」進捗...軒天

IMG_5059



















「八千代のFLAT-HOUSE01」
軒天の材料 「ウエスタンレッドシダー」

「ベイスギ」と呼ばれますがヒノキ科の仲間です。
水に強いため、デッキ材や外壁材に使用されることも多い材料です。
ただ、天然の木です。紫外線や雨風で色あせはあります。
仕上げに塗るクリア塗装の材料次第で、その劣化をどれだけ長く持たせるかが大きな課題です。

そういったリスクを考慮して、メンテナンス性や塗装の種類をお施主様と共に考えることも
私たちの重要な仕事です。

メンテナンス性能がデメリット。
けれども、デメリットを上回る 意匠性(デザイン)や質感の良さが木を使う最大のメリット。

特にウエスタンレッドシダーはパネル毎に色の濃淡が異なるので、
個性豊かな奥行のある表現が出来るのだと感じてします。



IMG_5061



















屋根の「ガルバリウム鋼板」が貼り終わりました。
金属製品の屋根は緩やかな勾配にも対応できるので、デザインの幅が広がります。



IMG_5060



















断熱材の充填。
今回はマグ イゾベールの「グラスウール」
名のごとく、ガラスの繊維が材料です。
たっぷりの空気層を含んで断熱効果を発揮します。


日々、着々と工事が進められています。
景色が毎日変わっていく様子は、設計・監督者としても楽しみなものです。





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU





  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 13:43 | Edit

「八千代のFLAT-HOUSE01」進捗...上棟2Weeks

「八千代のFLAT-HOUSE01」
上棟から2週間経過ました、現場の様子。
IMG_5050



















外廻りの工事が雲行きを見計らって進められています。

IMG_5052



















リビング。
軒の天井~リビングへと木を使用します。
ソトとナカがつながる、デザインを取り入れています。
ゴロンと床に横になり、空を見上げると、そこに木の質感がある。
想像すると、何だかほっこり穏やかな気持ちになります。

IMG_5053



















床材が搬入されています。
「Panasonic アーキスペック チェリー柄」
無垢床採用が多いですが、フロア材も使用します。
シートなのに、木目の美しさと質感。もはや木目以上の「もくめ」です。
日本の飽くなき探求心・向上心・進歩に拍手!


IMG_5051



















子ども室。
ロフトの下地が出来ました。
縦方向に空間を有効に使うって、得した気分。
子どもって、こんな所好きだよねー。
実は大人になってもワクワクしちゃいます。ドラえもんの寝室気分かな~。
想像以上のアクティビティが発生しそうです。

IMG_2614



















最後に、
6月28日に高塚建設工業㈱の安全大会・総会が開催された模様をご紹介させて下さい。
毎年社員ひとりひとりがスローガンを出し合います。今年は・・・

 「油断せず 何度も確認 危険の芽 あなたの意識で 防ぐ事故」  土木部 大木

令和最初のスローガン。
現場の安全があって、良い仕事が出来る事。
安全は全ての礎。
今年もスローガンのもと、社員+協力会社の方々、安全意識を改め、高めて参ります!!





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU







  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 10:36 | Edit
記事検索
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog