家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

「八千代のFLAT-HOUSE01」進捗...軒天

IMG_5059



















「八千代のFLAT-HOUSE01」
軒天の材料 「ウエスタンレッドシダー」

「ベイスギ」と呼ばれますがヒノキ科の仲間です。
水に強いため、デッキ材や外壁材に使用されることも多い材料です。
ただ、天然の木です。紫外線や雨風で色あせはあります。
仕上げに塗るクリア塗装の材料次第で、その劣化をどれだけ長く持たせるかが大きな課題です。

そういったリスクを考慮して、メンテナンス性や塗装の種類をお施主様と共に考えることも
私たちの重要な仕事です。

メンテナンス性能がデメリット。
けれども、デメリットを上回る 意匠性(デザイン)や質感の良さが木を使う最大のメリット。

特にウエスタンレッドシダーはパネル毎に色の濃淡が異なるので、
個性豊かな奥行のある表現が出来るのだと感じてします。



IMG_5061



















屋根の「ガルバリウム鋼板」が貼り終わりました。
金属製品の屋根は緩やかな勾配にも対応できるので、デザインの幅が広がります。



IMG_5060



















断熱材の充填。
今回はマグ イゾベールの「グラスウール」
名のごとく、ガラスの繊維が材料です。
たっぷりの空気層を含んで断熱効果を発揮します。


日々、着々と工事が進められています。
景色が毎日変わっていく様子は、設計・監督者としても楽しみなものです。





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU





Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog