家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

ゼロエネルギー住宅...研修会編

2020年。「省エネ法」適合義務化「ゼロエネルギー住宅」に向けて、
定期的に勉強会に参加しております。

IMG_2200



















2016年はゼロエネルギー住宅:通称ZEH(ゼッチ)の普及元年。とも言われており、
2020年を前にしてゼロエネ住宅の標準仕様化が住宅業界で進められています。


今回は「外皮平均熱貫流率」の計算を行いました。
外皮計算とは...
住宅の外壁や窓を「外皮」(がいひ)と言われる部分、
室内と屋外の熱的境界となる部分からの熱量の行き来を計算します。

断熱の性能や、窓の大きさ・性能、日照条件etc...
細か~く入力、地道に計算してゆく作業なのです。

昨年竣工物件でシュミレーションしました。
サッシはLIXILサーモスH and 断熱はマグ・イゾベールの高性能グラスウール仕様。
0.87以下が標準基準値ですが、0.54という数字が出ました。
今までの我が社の標準仕様であれば、十分クリアできる数字が出ました。

「外皮計算」はZEH住宅のほんの入り口。
あとは、排出するエネルギーと創り出すエネルギーを考えてゆくのです。


住宅設備機器や給湯器、エアコン、照明器具は何を使用するのか...じっくり検討します。
創り出すエネルギーは太陽光、風力、水力?太陽光が現状では取り入れやすいですね。

と、今までの新築住宅とは大きく変わってしまいます。今までとは違う規制、2020年。
ゼロエネ住宅は私達の住む地球環境のために、やさしい住まいを目指して。
我が社の住宅は家族がつながることを大切に。風や光を感じられるように。「コンセプトのある住まい」づくり。
家とは何ぞや...じっくり考えて、日々勉強中です。




住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU






  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 15:32 | Edit

建築研究所LCCM住宅見学レポ

建築研究所にて開催された、
「住宅のグリーンイノベーション」~政策と技術の動向~
&LCCM住宅見学会に先日参加しました。

Q. LCCM住宅とは。
A. ライフサイクルカーボンマイナス住宅。
住宅の長い寿命の中で、建設時、運用時、廃棄時において出来るだけの
省CO2に取り組み、さらに太陽光発電等を利用した再生可能エネルギーの創出により、
CO2収支をマイナスにする住宅です。
P2160809



















2020年から新築住宅を建てる際、
ゼロエネルギー住宅を建てる事が義務化されます。
LCCM住宅は、ゼロエネ住宅最先端のベストofベスト。
環境にものすごく配慮した住宅の実験棟です。

住宅雑誌に掲載されているのを目にしてから、見学の機会が訪れる日を心待ちにしていました。
南側のガラス面ファサードに開閉式のルーバーで日差しをコントロール。
空気の流れを作り出す通風塔。
太陽光8KW搭載。
最小限度のLED照明と照度を引き立てる白い内壁。
施工中の段階からCO2排出量を少なく、、、とのお話し。
P2180824




















パッシブデザイン。機能もデザインも暮らし方の提案も。
よーく考えられていて、無駄なくシンプルに住まう事が好きな私達にとっては
感動のLCCM住宅でした。
是非一般開放することがありましたら、百聞は一見に如かず。いい体験になりますよ。

P2160810



















P2160813



















P2160815




















その他にも、
木造2×4(ツーバイフォー)工法で建てる6階建て。
3mもオーバーハング可能な大規模大スパン木質空間の可能性を追求した「CLT」。
木造の未来が開ける実験棟の現場も見学させて頂きました。


住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU

  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 12:23 | Edit

ゼロエネ研究


昨年末にLIXILグループの呼びかけにより発足した

つくばゼロエネ研究会

昨日、熱心な地域工務店が集い発足式を行い
いよいよ始動しました

DSC09845

















つくばの杜はこの研究会への参加で、
住まい手目線のゼロエネのメリットを探求するだけでなく、

地域工務店だからこそできる事を見つめ直し
地域ネットワークの拡大を図りたいと考えています。

低価格で
住み心地の良い家をつくれるのは地域工務店。


ハウスメーカーのような量産効果は追い求めない。

それよりも、
地域の気候や風土、文化や風習を見つめ
地域とのネットワークで、家づくりに関わる人たちの顔が見える家づくりを重視したい。




工務店が見るべき視線は、住まい手。
常に住まい手の視点で進化を続ける必要があると思います。




つくばの杜は更なるブラッシュアップを続け、皆さんに必要とされる存在になります。




日本一楽しい家づくり
住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     info@takatsuka.com
hp      http://r.goope.jp/tsukumori
facebook   https://www.facebook.com/tsukubanomori

blog 小林

  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 07:55 | Edit
記事検索
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog