家blog

家づくりを考えている方々に役立つ情報満載。家づくりに必要な情報やそれぞれのコンセプトのある家づくりの記録等、住工房つくばの杜の家づくりをお伝えします。

ウィークエンドハウスの進捗報告

改修工事着工から約1ヶ月経過した
八千代町のウィークエンドハウス。

新たに取り付けた階段 ・ 吹き抜けの渡り廊下 のフォルムが出来上がりました。

階段を作るには、一坪分のスペース(畳2畳分)が最低限必要です。

今回、そのスペースをとるには他の空間に支障が出てしまう。
ウィークエンドハウスなので、日々階段の使用頻度が少ない。

小さなスペースで安定した上り下り....。
設計チームで考えた解決策。
IMG_5234


































IMG_5238


































急勾配ですが、
既存の「はしご」より安定していて、階段と比べると慣れない感覚がちょっと怖い。

それでも何より、
ロフトに上るワクワク感が魅力です。
手すり設置により、この階段は成り立ち、安定感を持ちます。

使用頻度が少ない、屋根裏やロフトの上り下りに、
この個性的な階段もアリ!です。

IMG_5237



















ロフトを行き来する、渡り廊下。
右手の既存の手すりとのデザインを揃えて。

ウィークエンドハウスは日々の喧騒から離れて、ゆったり過ごす場所。
室内空間に「木」があると、やっぱり心地よい。


ただ今、内装工事中。9月末完成です。





八千代町 ウィークエンドハウス改修工事の前回ブログ↓
http://blog.livedoor.jp/tsukumorik/archives/53751273.html







住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU

  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 10:51 | Edit

ウィークエンドハウスの改修始動

90年代に当社が設計施工した、
八千代町にあるウィークエンドハウスの改修が
8月の連休明けから始動しています。
IMG_5208



















30年弱の時を経て、
子の成長に、孫たちが加わり、
より一層、にぎやさが増しています。
そんな家族の変化に合わせ、リフォームさせて頂く事。
喜ばしく、ありがたい。

家族みんなが集まる、この大切な場所。
キラキラした思い出、ワクワクする時間をこれからもたくさん育める場所。
そんな場所を物理的に作る仕事。
やっぱりそこが「やりがい」なのです。
IMG_5207



















2階にあるロフトは、今まで梯子で登っていました。
これからはロフトを使用する頻度が高くなるため、
より登りやすいよう、階段に変更すること。
そして、両サイドにあるロフトの行き来が出来ることが
この度の改修の内容です。





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU






  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 12:04 | Edit

「平屋に住みたい」

現在進行しているプロジェクト。
その内の2件は「平屋」です。
IMG_4257



















茨城という、少しゆとりある土地の広さならほとんどの土地に平屋が建ちます。
ひとつのプロジェクトは、  「リタイヤ後の生活をゆったりと愉しむ 趣きのある平屋」
もう一方のプロジェクトは、  「家族の時間を大切に育んでいける 賑わいのある平屋」

子育て世代の20代~40代の方も平屋希望、増えています。
第一理由として、将来を見据えて、階段がなくフラットの方がいい。
子供たちが巣立った後、2階を持て余してしまう。
なんて理由が多いでしょうか。

ワンフロアにいるから家族の気配をいつでも身近に。
外とのつながりがより密接だから、土に近い暮らし方ができる。
なんて考え方もあると思います。


2階建て分の必要な「室」を1階に詰め込むので、
子育て世代の平屋はコンパクトを心掛けています。

家族の集まるLDKはゆとりある広さと、視線の抜けでのびやかな空間に。
水廻りや収納は適材適所に。
そう、削れる要素は廊下です。
通り抜けるだけの場所を、意味ある空間にする、を目指しています。

IMG_4254



















子育て世代の平屋、施工事例の模型です。
みなさま、すくすく素敵に家族育まれています。

案外、子どもたちは「2階建てに住みたい!」って言っています。
高い所が好きですよね。





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU











  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 13:57 | Edit

リフォーム完成...下妻市

6月初旬から7月中旬の1ヶ月半。

リフォーム箇所は、キッチン、ダイニング、リビング。

DK部分は今まで廊下だった箇所の2畳分を広げて10帖弱。
北側を向いたキッチンでしたが、配置を変えて対面式に。

お施主様が住みながらのリフォームでしたので、ご苦労掛けたと思います。
キッチンが新しくなると、それだけでワクワクしますよね。
家族の顔を見ながらキッチンに立ち、あれこれ会話が弾むといいな。


床・壁解体後、基礎の土間打ち後の様子。
IMG_2342



















既存の障子や壁を養生し、床組みや新たな間仕切り壁を施工します。
IMG_2347



















床の断熱材と、床合板。その後フロア材を敷いていきます。
IMG_2348



















既成の窓には「断熱内窓インプラス(LIXIL)」。
今あるサッシの内側に窓をもう一つ。2重窓のような状態になります。
今ある窓に、防音性・断熱性・デザイン性・省エネ性を求めるなら、
手軽に取り入れられるリフォームです。
IMG_2389



















来客時にはダイニングキッチンを閉じたい。圧迫感がなく、光を通す間仕切。
IMG_2390



















IMG_2381



















IMG_2387






















住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU








  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 12:12 | Edit

「みどりの の家」上棟

7月11日 友引。

「みどりの の家」上棟の日を迎えました。
IMG_4105


















IMG_4099



















IMG_4100IMG_4102






































IMG_4101


















IMG_4104




















クレーンで運ばれた柱や梁の構造物を定位置に配る。
柱や梁を組み立てる。
水平をチェックする。
追って金物を取り付ける。

淡々と着々と
一連の流れが止まることなく
組み上がっていく様子は圧巻です。

要領よく組み上がっていくのも、
大工さんたちの経験値の高さとチームワーク。
いつも関心。素晴らしい。

「みどりの の家」ではSW工法(スーパーウォール工法)。
上棟の時点で天井の断熱材(銀色パネル)も充填してしまうのです。
高性能・快適な住宅工法です。
特に耐震性と断熱の省エネ性に優れていると感じます。


猛暑でした。
お施主様、暑い中ありがとうございました。


造る側ですが、上棟は私達にとっても一大イベントです。
わくわくします。
じっくり丁寧に想いをのせて進めて参ります。





住工房つくばの杜

tel      0120-254-825
mail     
info@takatsuka.com
hp      http://tsukumori.takatsuka.com/

OKU


















  • Posted by tsukumorik
  • Comment(0)
  • 14:14 | Edit
記事検索
プロフィール

tsukumorik

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
家blog