三角形ろまんす

平坦で盛り上がらない日常を徒然と垂れ流し。ナメクジが通った跡のように。

2007年12月

クリスマス動画をアップしました



ということで、2日前になりますが、ニコニコにクリスマスMADをアップしました。今回は千早さんで松任谷由実の「恋人がサンタクロース」です。あまり多くを語ることはしませんが、「普段は気難しいマジメキャラな千早だけど、やっぱり恋する女の子なんだぜ」というベタベタな動画にしたかったんですよ。まあそういうイベントだしさ。

ところで、なんか「誰が贈った指輪か?」というコメが沢山ついてて嬉しかったりなんだったりしますが、ちょっと真意は違うんだ。

見てもらえれば分かるんだけど「左手の薬指に指輪をした千早があんな格好で眼を閉じて佇んでいる」ということ。誰の指輪か……じゃなくて、千早の愛をどう受け止めるか?が問われているんだぜ?

いや、まあ、言ってみたかっただけ。ごめん。


次はとある理由による春香さん動画の作成を予定しています。

それではみなさん、メリークリスマス!

鎖国政策は文明を衰退させるか?

コミケ原稿のラストスパートをしていた12月頭は、鎖国政策と称して基本ネットに繋がらない生活を送っていました(正確に言うと大ウソです。打ち合わせはメッセンジャーベースだからネットどっぷり。ここでいうネットって、それ以外の巡回とかニコニコとか)。
期間にしてわずか2週間弱だったと思うんですが、その間にずいぶんと取り残された。
ニコマスの話題についていけない。
アイマスで言えばC4Uの発売日を間違えてた(なんで俺は12/23発売だと思い込んでいたんだろう)。
しかも原稿の入稿が思っていたよりも遅れたために、入稿後に着手したニコマスのクリスマス動画(C4Uジェバンニじゃなくてコラボね)作成作業に集中してるから、なおいっそう世の中から取り残されれぅ。
ましてやコミケの巡回先なんてチェックできてないぜ。一応カタロムは買ったけどノートPCにしかインスコしてないし。アドエスに入れないと意味ないだろうと。

江戸時代の鎖国制作が本当に悪だったのかというと、俺はようわからんのですが、今回の原稿向け鎖国政策は、なかなかに大きな影を落としているわけですわ。

何が言いたいかというと、クリスマス動画、ぴんち。誰も期限なんて設定してないけど、クリスマス動画がクリスマス終わってから出来たって意味がない!だからぴんち。

コミケ73−入稿報告・新刊案内

C73春香本表紙
しばらくご無沙汰していました。
えーと、まあ、原稿と戦っていたわけですが、どうにかこうにか脱稿→入稿→受付完了となりまして、事故がない限り、コミケで新刊が出るみたいです。たぶん。

新刊タイトルは「second-reset」。春香さんのSSっつーかイラストストーリっつーか、そんな感じの本です。表紙だけ見るとエロ本みたいですが、安心の全年齢。

ということで、12/31(月)コミックマーケット73 東3ホール カ-48a「妻恋坂乳業」にて、お待ち申し上げております。

注:アイマスでの参加初めてなので、アイマス本はこれだけになります。他にシスプリ本の既刊とか、別のナントカとか、持ち込んでいるとは思いますので、もし興味があれば、そちらもどうぞ。

さて、寝る

追い詰められつつ抵抗

そんなこんなで、原稿データ水没させてみたりして死んでたんですが、その翌日にPCがシステムクラッシュしましてね……もうどうしろと。そこで跪いた!(違

先週の週末はシステム回復とかで費やしてしまったつくねです。こんばんわ。アリとキリギリス……じゃねえ、わりとギリギリっす。いや、ギリギリ通り越してるな。スリリングで泣きそうなくらい。

ついでに言うと、待ち構えていたかのように仕事もがっつんがっつん忙しくなっておりまして、2年前の休職→復職コンボ以来やってなかった徹夜なるステキイベントがここ2週間ですでに3回あったりとか、そうでなくても23時まで仕事してたりと、なかなか原稿の時間ががが。通勤電車の中、ZERO3で原稿打ち込んでたりとか、だいぶアクロバティックになってまいりました。なんか2004年〜2005年の原稿生活を思い出すなあ……

でもね、でもなんだよ。本は出すぜ。なんてったって今まで落としたことがない!というのが妻恋坂乳業の矜持(いや当たり前なんですが)というもの。まあ1冊だしね。

ちなみに原稿に関係ない諸活動は全部シャットアウト中です。クリスマス動画とか作りたいんだけど、原稿が終わって生きてたら……ね。
何者?

つくね

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ