つくねです。

本日0時のネタバレ更新にて明らかになったように、「08.Chance to Shine」を担当しました。
私自身は語るべき多くを持ちませんが、1本のメドレーとして本動画を楽しんでくださるとうれしいです。これだけエネルギーの詰まったニコマスの動画も、そうそうないと思います。過分にも貴重な機会に参加できて幸せ者です。

すでに見てくださった方、どうでしたか?
まだの方、17分を無駄にさせないはずなので、ぜひどうぞ。

【追記】
「おまえなにアレ、短くね?」とフルボッコ食らったので書き足します。
たまにはアッサリと紳士的に終わりたかったのにさ……

えーと、AKINO from bless4 のChance to Shineやりました。
トカチPの同作品を見て、どえらい爽やかなナンバーだな……と思て、星の王子様Pのもそこからたどり、曲に掴まれた状態になりました。
そして今回のメドレーで……曲選択ということになり、この曲を使いたいということで出してみた……ということです。

1.だいじなこと
この曲では、トカチPもブログで言及されていますが、爽快感とスピード感がキモ。

2.ダンスがない
でも、もう2曲も同曲のダンス系動画出てるんだぜ……同じのは使えないだろ……どうするよ?これが第1の壁。
次に、この曲、基本的にHere We Goのダンスがあうんですよ。長回し可能。でも、メドレー構成上前の曲がHere We Goというイジメ……使えない。これが第2の壁(でも、前のntmPとかぶらないことだけ確認した上ですこし使ってる・・・)。

3.だったら自分で動かしちゃえ
すんませんいつもやってるカメラぶんまわすアレです。
今回はレールカメラっぽく反転あずさと千早が交互に画面に飛び込みながらターンしていく振り付けを捏造w
実際は902PMのダンスを使っていますが、わりとこの曲のダンスって速い曲にあわせても使えるんで重宝してます。ていうか春のメドレーでも使ってましたが。
そのほかあずささん反転させてダンスが左右対称になったのをいいことに、適当に動かして変化をつけてみました!

4.貧乏との戦い
編集環境を以下に。
1)箱+L4U+PV4でキャプ
2)プレミアエレメンツ3.0
3)フォトショップ
4)wax2.0e(フリーソフト)
ま、要するに貧乏環境です。頑張ってみた。地味に苦労してるのがフラフープです。
あと、レールカメラターン部分で自作パーティクル飛ばしていますが、パーティクルは作れても光らせる手段がなかったので、モリモリ素材でおなじみのくーくPに光らせてもらいました。ありがとう。このパーティクル、使い道あるかどうか微妙ですが、モリモリ素材にて配布してますのでもっていくといいよ!

5.がんばった
でも楽しかった。ぶっちゃけ周りは自分よりもはるかに上の人たちばっかです。刺激つええ空間で刺激的な時間を過ごさせてもらいました。ありがとう。


[特別ふろく:フラフープの作り方(Premiereむけ)]
1.輪っかを用意します(アルファつきで)。
なんか横文字がテキトーに書いてあったらフンイキ出ます。回ってるんだからどうせ誰も見ちゃいねえんで、文字の内容はどうでもいいかと。僕は歌詞をエキサイト翻訳に投げ込みましたw
千早の輪
↑輪っかの例

2.輪っかを回転させる動画を作る。
画像は省略しますが10秒で360度回転するような感じで動画にしておきます。もちろんコレもアルファつきで出力します。プレミアだと書き出し時の保存ダイアログから設定>ビデオで、無圧縮(None)の数百万色+(「+」が重要)を指定すればアルファつきが出力できます。なぜか他のコーデックでアルファ出そうとするとうまくいかないです……

3.さて編集。
1)抜き
キャラクターが踊っているところを765改コマンドで抜きます。エレメンツにはブルースクリーンキーのほかにグリーンスクリーンキーも搭載されています。あずさ千早はこれで抜くほうがキレイ。
3_1
↑あずさ抜いて怪しい背景においてみた

2)輪っか登場(後ろ)
キャラクターの背後にまず輪っか動画をおきます

3_2
↑おいてみた感じ。キャラクターとかぶる部分全てがキャラクターの背後にまわります

3)輪っかを倒す(後ろ)
キャラクター背後に置いた輪っか動画を3D基本エフェクトで倒します。今回は-50度倒してます。

3_3
↑3D基本で倒しこんでみた。本当はもっと倒しこみたいけど、立体感もほしいのでこのあたりの角度で妥協点

4)キャラの動きにあわせて輪っか動画を移動させる
キャラクターの動きに輪が追随しないとフラフープじゃないんで。モーションの位置情報のところを見ていただければわかりますが、地味にキーフレームを打つ作業です。

3_4
↑地味なキーフレーム。春メドレーのあずさ隣は、1クリップにキーフレが200以上の生き地獄だったので今回はラク

5)前輪っかの作成
(4)まで出来たら、そのクリップをコピーしてキャラクターの前面にまったく同じものをおきます。

3_5
↑置いただけだと、キャラクターとかぶる部分全てが前面に出てしまいフラフープじゃなくなる!

6)輪っか(前)を半分削る
このままだと輪の全体がキャラクターの前で回ってしまうので、前側の輪の上半分をガベージマットで消します

3_6
↑上半分を消すと、本来キャラクターの前に来る半分(=下半分)が前面に置いた輪、後ろ半分(=上半分)が後ろの置いた輪の画像になります。コピー複製しているので座標は倍率がまったく同じなので、1つの輪として機能しているはず。

7)できあがり
フラフープっぽくなります

3_7


ご清聴ありがとうございました。