妻から妻母への道のり 第二章

新橋夢クリニックでの治療の話。

2007年、結婚5年目に勇気を出して不妊治療開始。
フルタイムで働きながら
加藤レディースクリニック通院→夢クリニック通院。
顕微受精で2009年1月に夢クリニックを卒業。
2009年8月に女の子を出産。
2011年、凍結卵の移植のため通院再開しました。
2011年12月二度目の夢クリ卒業。

二人目誕生

だいぶ更新が遅くなってしまいました。

6月末に第二子の男の子を出産しました。

その日の朝から陣痛がきて病院に行ったら、すでに子宮口が7センチ開いていて

2時間で出産の安産でした。


ただ今、3時間おき授乳の真っ最中。
夜中の授乳のお供はロンドンオリンピックです。


上の娘のお世話もあるし、体力的にはなかなか大変です。
目まぐるしく時間が過ぎ、記憶が時々飛んでいます。



まだ、夢クリには胚盤胞が2つ凍っています。

二人の子育てでいっぱいいっぱいかなと思いますが

(数年若くして出産してたら体力の余裕あるのかな?)

破棄する気にはなれず。

倫理的になかなか難しい問題です。

とりあえず保留です。





産休に入りました

半年ぶりの更新になってしまいました。

昨年の12月初旬に夢クリを卒業し、先週から産休に入りました。

やっと、やっと産休に入ってほっとしています。

二人目は一人目の時と違って上の子(2歳)のお世話もあり、毎日クタクタでした。

年齢的にも体力が落ちているのを痛感・・・。

幸いにも赤ちゃんは元気なようで何よりですが、母体にマイナートラブル連発。

静脈瘤、貧血、血糖値高め等。

静脈瘤は二人目以降の妊娠時に多いそう。市販の弾性サポーターで対応。


血糖値は糖負荷検査を受けました。


産休までのラスト一か月は、体力がついていかず、夕飯はワタミ宅配にお世話になりました。


この半年間、仕事&育児の合間に時間を見つけては家中の物を減らすことに没頭していました。



二人目を迎えるにあたり、これ以上物が多くなってくると管理ができないし、イライラも溜まるしここでやらねば!と実行。

おかしいなぁ、今の家に引っ越してきたときも、かなり物を減らしたはずなのに・・・。大きなゴミ袋を抱えてゴミ捨て場をいったい何往復したことでしょう。


服もかなり減らしたので、衣替えの必要すらなくなりました!

すごく楽になった!


でも、捨てるにしろ、リサイクルに持っていくにしろ、物を処分するのには多大なエネルギーを使うのも事実。



それ以来、物欲はなくなるわけではないんだけど、買うときはかなり慎重になりました。





刺激を受けたのはこちらの本たち。



ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)
クチコミを見る


これが物を減らすきっかけになった本。圧倒的なレビュー数。




人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法
クチコミを見る



ご存じ知られたトキメキ片づけ法。洋服のたたみ方が特に参考になりました。

「謎のコードは永遠に謎のままです。」という一文がツボにはまりました。


いろんなことがラクになる!断捨離セラピー
いろんなことがラクになる!断捨離セラピー
クチコミを見る


漫画です。「捨てるものはね~か~。」と家族の物をチェックする断捨離なまはげのくだりには大笑い。


人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術
人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術
クチコミを見る


片づけ、掃除は修行。清々しくなります。



二人目は男の子(一人目は女の子)のようです。

洋服など上の子のお古ばかりというわけにもいかず、また物が増えそうですが、子どもが増えたところで家が大きくなるわけではないので、溜め込まないようにしないと・・・。





















BT 27 心拍確認&卵巣の腫れ

11/9に心拍確認できました。

(この記事書いているのは11/18。明日は心拍確認2回目の診察・・・)

E2 1077
P4 23.7

ウロピリノーゲン 正常
ケトン −
糖性 −
タンパク性 −
潜血 −
PH 5
比重 1.025


診察は院長お休みのため、2番先生でした。

夢クリ滞在時間1時間。過去最短かも。

イビツだった胎のうの形も改善され、心拍も140bpmあって問題ないのでホットしたのですが、

母体にマイナートラブルが・・・。


卵巣が腫れています。

「卵巣のう種だね。妊娠初期によくあることだから。妊娠の経過とともに落ち着いてくと思うけどね。
飛び跳ねたりしないようにね。」

といわれました。

ただいま左卵巣4センチほど。
自覚症状はないです。

一人目妊娠のときはなかった症状です。

かなり前に左のそ頚部ヘルニアを手術したことがあって、未だに手術跡が痛むことがあるのですが
それとは違うだろうし。

妊娠でhcgホルモンが増加すると卵巣が刺激されて腫れることがあるらしいのです。

不妊治療していて前周期も卵巣の様子は見てもらっているので、元々あった卵巣のう種ではないことは確かなので少し安心はしているものの、

まれに腫れたままだと妊娠14週くらいで開腹手術が必要なことがあるらしいのでちょっと怖いですね。

胎のう確認から心拍確認の診察まで10日間、そして次の診察までまた10日間。

長い・・・。



6週目後半からつわりが始まりました。

一人目の時と同じく食べづわり。

2人目のほうがつわりが軽いとか聞くけどどうなんだろう。

一人目のときはHR周期での移植でつわりの期間ずっと家で安静だったので

仕事に行っている今とは比較しづらいものの

よく言われることですが、仕事をしているほうがつわりが軽減されるというのは

本当かもと実感しました。

一人目妊娠のとき安静で家にひとりでいたときは四六時中気持ち悪かったです。


仕事に行っているときは時間帯にもよりますが、気持ち悪さが気にならない時間が多いです。

でも空腹になると気持ち悪くなるので、ガムとかクッキーとかいつも口に入れてます。

それでも昼休み前になるとモーレツに気持ち悪くなってきて

「今日のランチは絶対タイ料理のガパオ(鶏肉のバジル炒め)しかありえない!!」

とか脳の中は特定のメニューのことでいっぱいに・・・。


ランチの時刻到来と共に、目指すレストランへ一人まっしぐらです・・・。



家に帰れば子どもの世話もあるし、なかなかゆっくりできませんが、


つわり期間は出来るだけ手を抜こうかと(抜かないと乗り切れないぞ・・・)思い

ヨシケイのおそうざいコースにしてみました。

楽なんだけど塩分が気になってきました。


来週分はキャンセルして新たな策を検討中。






胎嚢確認 BT17

10/30の診察で胎嚢が確認できました。

午前8:00-8:30に受付、その後すぐに採血に呼ばれ、外来受付(4F)を内診、診察の流れ。

胎嚢のサイズは7.3×13.1mm

院長に
「形がイビツで、こういう人は出血すると大量に出血するから安静にして。」

と言われました。


この大きめの胎嚢の形は前回と似ている・・・。

↓こんな形

BlogPaint



でも、診断書は書けませんとのこと。

仕事どうしたらいいんだろう・・・。



2008年当時は診断書をすぐに書いてもらえました(HR周期でした)。

そして一ヶ月ほど休職しました。

どなたかのブログで知りましたが、その後保険会社からクレームがあったらしく(→どこの保険会社?怒)診断書は本当に出血があった場合等に限られてしまうらしいいですね。



安静にしてと言われたものの、診断書なしで仕事を何日も休むのは難しいです。

自然周期で移植した人で働いている人のブログを読むと、休まずに行かれている方がほとんどなので

(安静にと言われてない人も多いけど)

体調を見ながら、階段をなるべく使わないようにしながら、通勤しています。


家に帰ったらゴロリとなりたいところですが、実際問題、保育園のお迎えはあるし、夕飯の支度や世話もあるあし

ほとんどゆっくりできてません。

体調はとにかくおりものが多い。

出血してないか心配でしょっちゅうトイレに行って確認しています。


予断ですが、東尾理子さんはKLCに転院されたという話題がどこかの掲示板に出ていました。

彼女の9月のブログには採卵のときのピンクの術着を着た写真が載っていました。

あの術着といい、文章の内容(薬を使わない、前の治療で使った薬の影響が・・・等)といいKLCかもしれません。

「あれはリカバリー室の1番だ」

とコメントしている方がいて、よく隅々まで覚えているなぁと関心しました。

判定日&第2判定日

10月20日 BT7
判定日

E2 222
LH 2.3
P4 34.9
FSH 1.6
HCG 114.9


10月25日 BT12
第2判定日

E2 426
P4 33.4
β-hcg×10 1610


意外なことに、五日目胚盤胞を移植した第一子の時より数値が高いです。

ただ、油断は禁物です

次回は胎嚢確認。

体調の変化は、おりものの量が多い(出血かと思ってトイレでヒヤヒヤ)、二人目だからか早くも下腹が出始めています。







結婚レシピ
プロフィール
カウンタ
ありがとう。








治療の記録
2003年秋
結婚

2006年秋
不正出血で診てもらった病院で「排卵してないかも」と言われ大ショック。
不妊専門病院に行った方がいいのでは?と思い始める。
知人から加藤レディースクリニック(KLC)を紹介してもらう。

2006年12月
KLCのビルの前まで行くが怖気づいて退散! 笑

2007年10月
勇気を振り絞って
不妊治療デビュー@KLC

初診は加藤院長。
著書への院長自らのサインに驚いた。
一通り検査をするが特に異常はなし
(ただし元々生理周期は長め)

2007年11月
タイミング療法 with フェマーラ
ヒューナーテスト×
判定も陰性

2007年12月
上司に治療をカミングアウト

タイミング療法 with フェマーラ
ヒューナーテスト○
大晦日に判定日。
結果は陰性 凹む。

2008年1月
タイミング療法 with フェマーラ
ヒューナーテスト×
判定は陰性

2008年2月
人工授精(AIH)with フェマーラ
判定は陰性

2008年3月
(仕事が忙しいので)タイミング療法
判定は陰性

2008年4月
体外受精へのステップアップを決意。
が、卵胞が途中から育たず。
採卵前に中止。

2008年5月
説明会参加を経て夢クリニックに転院。
ポリープ疑惑
一応自然周期で採卵
セロフェンを少々使用)
初採卵の結果、1つ取れる。
顕微授精
胚盤胞凍結完了

2008年6月
HR移植周期スタート

2008年7月
HR移植周期で移植。
判定は陰性

2008年8月
リセット周期開始
検査でポリープが見つかる
クロミフェン周期へ

2008年9月
採卵:11個取れる
ポリープそうは手術
顕微授精
9個の成熟卵2個の未熟卵
胚盤胞凍結:4個

2008年10月
クロミフェン周期
移植周期の予定が、内膜ポリープ再検査でOUT
日大駿河病院送りになる
内膜が癒着していたので剥がしてもらう

2008年11月
クロミフェン周期
グレード3の5日目胚盤胞を移植
内膜10mm
11/25判定日に初の陽性反応

2008年12月
12/5に出血。以降、年内自宅安静になる。
12/16に心拍確認
つわりがくる

2009年1月
1/7に夢クリニックを卒業(9W5D)

2009年8月
第一子(女児)出産


2011年2月
断乳

2011年7月
夢クリ通院を再開

2011年8月

ポリープ手術

2011年9月
移植中止(自然周期)

2011年10月
移植(フェマーラ周期)



QRコード
QRコード





[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

北原石鹸
知る人ぞ知る北原化粧品。100年の歴史あり。
この石鹸はすばらしい。すでに使用5個目に突入。

Recent Comments
名古屋OL拉致殺人事件への署名
  • ライブドアブログ