昨年発表した自作の中から自己評価ベスト3をメモしておきます。
特に意味はないですが…。


3位 詰パラ1月号 短期段位認定
2018-08-01a

収束7手は岡田敏作や斎藤夏雄作と同じ。
33金を合駒(打合)で発生させたかった。
一切無駄のない配置で実現できた会心作で、Twitterのアイコンにしているくらいお気に入り。


2位 将棋世界7月号
2018-08-01b

24角成、同桂、15飛の3手詰が繰り返し趣向風の手順に化けた。
初形よりも詰上りの方が盤面駒数が3枚も多いという珍作(笑)


1位 スマホ詰パラ7月12日
2018-08-01c

18角、27香合、36銀、56玉、59龍、65玉、56龍、同玉、
28角、65玉、56飛成、同玉、29角まで13手詰

本作の原図は下図。

詰パラ2014年5月号 中学校
2018-08-01d

77馬、66香合、43金、35玉、55飛、同歩、67角、24玉、
35飛成、同玉、68馬まで11手詰

当たり駒が多く、33飛がブラになっている気持ち悪い初形。
手順も2手目がヒモ付き合、3手目が俗手、しかも6手目24玉が変同というお粗末な図だった。
これが改作によって初手が角打、2手目が中合、3手目が捨駒になり、駒数は変わらず。
原図とは構図が全く違うので新作として発表してもセーフだと思っているが、小心者なので二重発表だとdisられるのが怖くてスマホ詰パラで発表した。
しかし、あのお粗末な原図でさえ中学校で平均点2.81。
本誌で発表していたらどうなっていたのか気になるところ。

以上が昨年発表した自作の自己評価ベスト3である。
ちなみに最下位は順位戦の作品。
あれは本当は没にする予定だった図をやむを得なく投稿したもの。
あの配置で満足している訳がないのである(収束ダレダレで構わないなら5枚以上減らせるが)。
一昨年の1手詰を見ればわかる通り、どうも順位戦に会心作を出す気はしない。
そもそも参加したのが間違いだったとしか…。
来年も欠場予定だが、C級に名前が残る。
私の代わりにD級からの昇級枠を1つ空けてくれれば有り難いのだが…。
本家の順位戦のようにフリークラス宣言制度を設けてほしい(笑)