こんにちは。


日々、現場が進んでいる長命ヶ丘の家。

IMG_7305

既存の庭に埋もれる屋根が良い感じです。

住宅を設計していると軒先の納まりにひと工夫凝らすことで、この屋根の印象がガラリと変わります。

っということで、いつもお世話になっている板金屋さんにお願いしてモックアップを作成してもらいました。

IMG_7308
これは、割と普通の樋です。

軒の天井とフラットにする工夫をしていますが、割と「普通の樋」という印象です。

IMG_7307
こちらは、屋根と樋を一体化する。樋を見せない樋を作ろう。っということでデザインしました。

樋というよりも屋根の幕板という印象でなかなか良いです。

竪樋の納まりにひと工夫必要です。

IMG_7306
こちらは、樋の底をフラットにして屋根から軒先に掛けてのラインをシャープに見せるものです。

軒天と同じ色で塗装することで屋根と一体化し良いのですが、少し樋がデカいような気もします。

DSC02280

遠くから、近くから、室内から、そして樋としての役割と様々な角度から検証し、軒先のディテールを検討しました。

どの樋を採用したかは、竣工までのお楽しみに。

一般的には「面倒くさい」「時間がかかる」っと思われる仕事を丁寧に喜んで引き受けてくれる工務店と板金屋さんに感謝。



(SATO+)