何度も何度も設計を繰り返した住宅がいよいよ着工します。


クライアントと何度も話し合い、これで進めよう!という案をいくつも作り、また振り出しに戻り・・・を繰り返し、実施設計を進める中で構造設計者からの


「このような擁壁の上に建物を計画するのは危険ですよ。」

という一言から生まれたスケッチ。

IMG_0041

打ち合わせ時のスケッチはもっとザックリしたものだったけど、

目に見えない地中の擁壁が地上の建築形態を作り出し、それが、構造的合理性を獲得し、空間的にも魅力的な住まいになる。

危険と言われた擁壁上の敷地だからできる豊かな住まいになりそうです。

(SATO+)