まだ残暑が続きそうですが、今年ももうすぐ夏が終わります。

今年もたくさんの学生がオープンデスクに来てくれました。

オープンデスクとは、インターンシップのようなもので、所員のように設計事務所に通い実務を経験します。

所員のようにといってもすぐに図面が描けるわけではないので、模型をつくったり、現場をみに行ったり、簡単な図面作成や訂正をします。

私も学生の頃は、国立競技場を設計した建築家や、東雲キャナルコートを設計した建築家、大学の先生の事務所など長期の休みに第一線で活躍する建築家の事務所でオープンデスクを経験させていただきました。

スタッフとの議論の様子など事務所の同じ空気を感じるだけで刺激的でしたし、厚かましくもポートフォリオを見て頂きアドバイスを頂きました。

そこまでの経験をさせてあげれるか分かりませんが、少しでも実務の場で学んでいただければと思います。

IMG_5197

(SATO+)