錦町公園の桜が咲き始めましたね。

住宅の設計をしていると自分の家のことを考える余裕がなくなりますが、

ふと自分の家のことを考えるとチャレンジしたいことが沢山あって手が付けられない。無限の可能性のある大きな敷地だとなおのこと。

それ以外に建築の形があり得ないと言える。敷地が建築の形態を決定するようなことがあれば、無限の可能性のなかの1つが消え、止まった手が少しずつ動き始めるのだと思います。

そのように敷地が建築の形態を決定する狭小敷地のプロジェクトがスタートしました。


IMG_0392

順調に進めば年内に竣工する予定です。

(SATO+)