津村造園のブログ

淡路島・神戸で外構・エクステリア工事、お庭のリフォームをしている津村造園から、お庭に関する様々な情報を発信します。

□■時間を経て・・・

 
 本格的な夏を迎え皆様いかがお過ごしでしょうか。あいも変わらず日々のスケジュールに追われていますが、久しぶりにブログを書きます...

2年前に完成しましたお客様宅です。
すっかり庭として落ち着き、植物達が新しい新天地で順応しています・・・

7E3A6958

こちらは昨年↓
4

10(左トリミング)

28

1

ご依頼を受けた時の状態です。
1

毎シーズンの一年草の植え替えがだんだんと辛くなってきた。ということがお打合せの中でとても印象に残りました。また、良いなと思って選ばれた庭に使っている材料を感慨深くお話しされるのを聴きながら、すべてを処分しないで、使えるものはまた使えるようにデザインしようと思ったのです・・・
2

3

さあ、新しい庭造りの始まりです・・・
4

5

石を探しに・・・
6

7

8

9

10

11

12

以前は駐車場の乗り入れに使用していた陶器の縁石を今度は見切りに・・・
13

足りなくても大丈夫・・・
14

15

17

18

石畳も・・・
20

27

ポストや門灯は再塗して・・・
19

10(左トリミング)

使い捨ての世の中だけれど、少し考えて手を加えてあげると、また10年、20年と使うことができるのです・・・


そして植物たち・・・
25

3

5(左右トリミング)

8

9

7E3A6957


一年草の庭から多年草の庭へと新しく生まれ変わった今回の庭。家人の想いをふんだんに取り込み、またこれからも見る人を楽しませてくれることでしょう。

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝
                    

人気ブログランキング

□■新年のご挨拶・・・

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は津村造園を応援いただきまして誠にありがとうございました。
毎年のことながら新年から登山ブログですが、ご興味のある方、最後までお付き合いくださいませ。
 昨年12月30日、愛媛県は石鎚山に冬山登山へと向かいました・・・

7E3A4227

7E3A4219

7E3A4221

7E3A4224

7E3A4225

7E3A4229

7E3A4230

01

CIMG0001

7E3A4234

7E3A4241

会いたかった〜
7E3A4251

7E3A4252

7E3A4253

7E3A4255

7E3A4246

7E3A4260

7E3A4257

7E3A4259

snow cherryblossom・・・ それはまるで満開に咲き誇る桜を見ているかのような美しい風景でした・・・
7E3A4258

7E3A4266

どうしても見たいと思った風景を見るために過去何度も何度も挑戦し続けた石鎚山山行。2016年最後にその努力がようやく報われることとなりました・・・
 今年は酉年、五行で言いますと丁酉となります。今まで取り組んできたことが一つの節目を迎え、そして新たなる転換を迎える年です。

 今年一年己に過信せず、一歩一歩自分の「道」を進んでまいりたいと思います・・・

 本年も津村造園をどうぞよろしくお願いいたします。


今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝





□■焼岳へ・・・

 秋も終わりを迎え最近めっきり寒くなってきております。皆様いかがお過ごしでしょうか。
あいも変わらずばたばたとしておりますが、先月、久方ぶりに休みが取れまして、焼岳という長野県と岐阜県にまたがる標高2455mの活火山に登ってきました・・・
今回は岐阜県側の新中ノ湯ルートからのアプローチでした・・・
7E3A3796

10月15日夜に出発して東海北陸道を飛騨方面へ、途中ひるがの高原SAで仮眠です。ZZZ
7E3A3793

朝3時半ごろに起床し、登山口には5時半ごろには到着、既に道路端にはかなりの数の車が止まっていました。この新中ノ湯ルートは安房峠よりピークまでの高低差約800mの最短コースとなっており、昼までには下山できるルートです・・・
7E3A3801

7E3A3802

運よく駐車することができ、5時40分登山スタート・・・
7E3A3800

焼岳は1962年に水蒸気噴火を起こし、今なお山頂では噴煙を上げる活火山です。現在は安定していますがいつ何時巨大な噴煙を上げるかはわかりませんのでご注意ください。という注意看板を熟読し、登っていきます・・・
7E3A3804

7E3A3806

1時間ほど登ると、あたりが明るくなり、熊笹が多い針葉・広葉樹の森だと気づかされます・・・
7E3A3808

7E3A3810

7E3A3811

10月の中旬にもかかわらず、北アルプスには霜が・・・
7E3A3813

7E3A3814

AM6:50
標高2000m付近で森林を抜け、北峰・南峰、焼岳の2つのピークが見えてきます・・・
7E3A3817

7E3A3821

7E3A3822

7E3A3823

AM7:09
さらにピークを目指して登りながら、振り返りながら、絶好の登山日和となったことに「ありがとう」と口ずさみます。もちろん小声で・・・
7E3A3826

7E3A3827

7E3A3829

噴煙が見えますがまだまだ登りは続きます。またこのあたりから風に乗って硫黄ガスのにおいが漂ってきます。
7E3A3830

7E3A3834

もうすぐ噴煙口というところで今年の5月に無念の撤退となった乗鞍岳が見えてきました・・・必ずリベンジしますけども・・・
7E3A3836

7E3A3917

7E3A3921

AM8:00
噴煙口直下・・・巨大な硫黄の付着した黄岩は圧巻です。そしてその上の岩がロビ〇マスクに見えるのは気のせい⁉
7E3A3926

この硫黄ガスを直接吸い込むと身体に危険を伴いますので、風向きには十分注意が必要です・・・
7E3A3837

北峰・南峰の間の鞍部には約2300年前にできた噴火口があり左にはエメラルドグリーンに色付いた正賀池というカルデラ湖があります。
7E3A3916

そして噴火口は深さ100m以上の巨大なものです・・・
7E3A3918

南峰は崩落の危険性があり現在は立ち入り禁止となっていますのでご注意ください。
7E3A3919

北峰直下の岩場を巻きながらピークに向かいます・・・
7E3A3842

7E3A3845

7E3A3846

シューシューと音をたてながら絶えず有毒ガスが噴出しています・・・
7E3A3848

AM8:10
半端ない硫黄臭の中、無事にピークへ・・・
7E3A3853

北アルプスの名だたる名峰を望むことのできる大展望・・・
7E3A3849

穂高連峰と上高地・・・
7E3A3900

反時計回りに
7E3A3861

槍ヶ岳
7E3A3856

西鎌尾根の向こう側に望む野口五郎岳・・・(野口の下の白っぽい山)
7E3A3862

笠ヶ岳(左)と抜戸岳(右)・・・
7E3A3864

遠くに白山・・・
7E3A3858

乗鞍岳・・・
7E3A3857

そして南峰・・・
7E3A3872

7E3A3874

噴気孔を上から望む・・・
7E3A3880

7E3A3884

真っ青な空を流れる雲は、まるで生きもののごとく刻々と姿かたちを変え飽きることのない山景をつくりだします。そんな自然が造る景色は理屈ではなく、只々「良いな」と心に響いてくるものです・・・
7E3A3888

AM9:16
1時間ほどピークに滞在し、名残惜しくも下山開始・・・
7E3A3906

7E3A3907

7E3A3911

途中、上高地方面への分岐・・・
7E3A3912

7E3A3915

7E3A3920

7E3A3922

7E3A3927

いろんな登りかたがあっていいのです・・・
7E3A3928

今年初のナナカマド・・・
7E3A3929

7E3A3930

7E3A3936

7E3A3940

AM10:14
山頂がガスってきました。山の天気は変わりやすいです・・
7E3A3942

7E3A3943

7E3A3944

7E3A3946

7E3A3949

7E3A3950

そう、ここ焼岳でもツキノワグマの目撃例があり、出てきたらどうしようか、冬眠前で腹ペコだったらどうしよう・・・とか、不安にならなかったといえば嘘になり、それなりのシュミレーションはしていたつもりでしたが、出てくんじゃねえかと思う気持ちが極限の時に撮った写真です・・・
今思うと、笹=出る。みたいな感じだったのでしょう・・・
7E3A3951

7E3A3956

7E3A3957

AM11:17
無事登山口まで下山。淡路島に向かって直帰です・・・
7E3A3960

この日は最後まで穂高連峰がくっきりと^^
7E3A3961

今回のGPSでの山行ログ。赤線が実際の軌跡です・・・
焼岳

7E3A3959

今年G・Wからの山行はあまり天気には恵まれず悶々としていましたが、今回の山行は天気に恵まれとても素晴らしいものとなりました。そしてまた、感じる・感動する、ということに真剣に向き合うこととなりました。毎回新しい発見や気づきを与えてくれる山登りをこれからも続けていきたいと思います。
 山の神様、無事に下山させて頂きましてありがとうございました。(-人-)

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます (-人-)感謝


人気ブログランキングへ

□■大峯奥駈道・・・

 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、激暑の夏が終わり過ごしやすい季節となってきました。
相も変わらず忙しくさせて頂いていますが、7月最後の休日の山行記録をアップしたいと思います・・・

 7月31日(日) 奈良県 ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の中の大峯奥駈道より弥山と近畿地方最高峰の八経ヶ岳・・・

 7月30日(土)夜中に淡路島を出発し、神戸淡路鳴門自動車道〜阪神高速3号神戸線〜1号環状線〜14号松原線〜南阪奈道路〜奈良県天川村へと、吉野杉の林道を恐る恐る抜け、明け方には御手洗渓谷に到着・・・
DSC_0030

かなりのくねくね一本道を登り行者還トンネル登山口に到着・・・6時前ごろでしたがすでに車が、駐車料金をおじさんが集金しに来てくれます・・・
7E3A2536

7E3A2537

AM6:30 まず弥山に向けて登山開始です・・・
7E3A2539

心地よい林道・・・
7E3A2542

しばらく進むと橋が現れます。この橋は三半規管がおかしくなったのではないかというぐらいの傾きがあり、寝ぼけながら渡ると下に落っこちそうになります・・・
7E3A2675

橋を渡り終えると、いきなり急登が始まります。まだまだ序盤のウォーミングアップできていない乙女な体にはきつい登りです・・・
7E3A2544

7E3A2545

7E3A2546

急登を50分ほど登ると大峯奥駈道の出会いに合流します・・・
7E3A2547

それからは奥駈道を♪♪
7E3A2548

ミズナラやヒメシャラ、ブナなどの雑木林の中を登りながら進んでいきます。
カエデのトンネル♪♪
7E3A2549

7E3A2550

7E3A2552

7E3A2553

7E3A2554

出会いより約20分ほどで弁天の森へと・・・
7E3A2556

今まで登ってきましたがここから降りとなります・・・
7E3A2560

7E3A2561

7E3A2562

7E3A2564

7E3A2566

7E3A2568

7E3A2569

7E3A2571

弁天の森より約20分、聖宝理源大師の像がある聖宝ノ宿跡へ・・・
7E3A2572

7E3A2573

7E3A2574

そしてまたきつい登りが始まります・・・↷
7E3A2576

7E3A2577

7E3A2578

最後の階段が太ももに堪えます・・・
7E3A2584

7E3A2582

約1時間ほどで弥山小屋の屋根が見えてきました・・・
7E3A2586

7E3A2593

7E3A2595

7E3A2592

7E3A2587

AM9:10 第一のピーク1895m弥山  弥山神社に到着・・・気持ちイイね!!
7E3A2588

ピークからは次なる山、八経ヶ岳を望むことができます・・・
7E3A2590

ここからまた降り、八経ヶ岳へと向かいます。
7E3A2596

高度70mほど降ると鞍部に到着します。ここにはカエデの仲間オオイタヤメイゲツの群生地が広がり、またその先には防鹿用ネットに囲まれた別名「天女花」と呼ばれるオオヤマレンゲの一大群生地が広がります・・・
7E3A2599

7E3A2600

天然記念物 オオヤマレンゲ、もう半月早ければ花を見ることができたのですが・・・
7E3A2602

7E3A2603

7E3A2605

オオヤマレンゲの群生地が終わるといよいよ八経ヶ岳のピークが現れます・・・
7E3A2607

AM9:40 近畿最高峰1914.9m 八経ヶ岳ピークへ・・・
7E3A2611

7E3A2613

天候が良ければ最高の景色が広がります・・・
7E3A2614

7E3A2616

八経ヶ岳より弥山。
7E3A2630

深山幽谷の世界・・・
7E3A2633

南東斜面は、縞枯れ現象が・・・
7E3A2612

頂上で束の間の休憩の後、急激に天候が悪化してきたので、急いで下山しました。下山途中に少し早いですがナナカマドの紅葉・・・
7E3A2639

コバイケイソウ・・・
7E3A2651

7E3A2652

大普賢岳も望めました^^
7E3A2657

7E3A2661

7E3A2666

急登を登るということは、もちろん降りは急坂です。この行者還ルートのピストンでは降りの浮石による転倒の確立がかなり高いです・・・
7E3A2669

だらけです・・・
7E3A2674

そうこうしながらPM12:30無事に下山することができました。
7E3A2676

ちなみに今回の山行の軌跡・・・
八経ヶ岳2

 吉野・大峯と熊野三山の霊場を結ぶ大峯奥駈道、修験道と呼ばれる日本独自の山岳修行の道を一部ではありますが、実際に自分の足で歩き、その厳しさに触れることができ、またいつものことながら無事に下山できたことに心より感謝いたします。(-人-)

 最後に、二年前の昨日、御嶽山の噴火によってお亡くなりになられた方々に今一度、心からお悔やみ申し上げます。



長々とお付き合い頂きありがとうございました。 (。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ





















□■GW乗鞍岳・・・


 皆様ご無沙汰しております。またまたブログの更新が滞りましたが、今年もGWの休暇を利用して登山へと、北アルプス最南端の乗鞍岳へと向かいました・・・
 乗鞍岳は長野県松本市、岐阜県高山市にまたがる主峰剣ヶ峰3026mを筆頭にした巨大な山容を誇る日本百名山の一つです・・・
 いつもは夜に出発するのですが、今年はお昼から出発、おかげさまで途中滋賀県の伊吹山など眺めながらゆっくりと向かいました。
7E3A0455

7E3A0457

7E3A0460

7E3A0462

夕ご飯は駒ケ根インター降りてすぐの明治亭さんにてソースかつ丼・信州そば・蜂の子などの信州尽くしを頂きました。蜂の子は・・・すこし残しました、目が・・・すみません・・・
7E3A0468

今年は、松本I・Cより約30分、そして登山口からこれまた約30分程の風穴の里という道の駅で就寝です。トイレ完備の快適な休憩所でした。
7E3A0472

翌朝、五時ごろに出発し、登山口へと・・・
 乗鞍岳は通年、7月から10月は約2700mまではバスで来ることができますので、比較的簡単に3000mを味わうことができますが、ゴールデンウィークは春山バスで2350m付近の位ヶ原山荘まで上がりそこからスタートするか、途中1700m付近の三本滝レストハウス駐車場からのスタートかのどちらかでしたが迷いなく後者のコースで登りました。午前5時30分、標高差1300mの登山の始まりです・・・
7E3A0473

開始早々、フキノトウ・・・
まだまだ早春の気配が漂います・・・
7E3A0476

すでにこのあたり雪はありませんが冬場はスキー場、ツアーコースとなります。
7E3A0479

20分ほどでカモシカリフトの最上部へと・・・
7E3A0481

そしてここから雪がないので少し藪こぎしながら進んでいきます。
7E3A0480

藪こぎが終わり、雪道となってすぐに何かの足跡が・・・キツネでしょうか?
7E3A0484

ツアーコースをどんどん登っていきます。
7E3A0487

7E3A0488

7E3A0489

7E3A0490

7E3A0492
ナンバリングの看板4を過ぎたあたり、登り始めて1時間半ほどで左手にうっすらと目指す頂が見えてきま・・・・・ガスで見えないyo!!。
ちなみにナンバリングは6まであります・・・
7E3A0494

ただ徐々に太陽も出てきましたし、そのうち晴れてくるだろうと思い先へ進んでいたのですが・・・
7E3A0497

が・・・
7E3A0499

AM7:00 ツアーコースが終わり剣ヶ峰方面へと向かいます。ここから急登となります・・・
7E3A0500

雪の急斜面を登り振り返ってみました。
7E3A0502

そして再び登りだしAM:8:40ごろ位ヶ原までやって来ましたが・・・
7E3A0509

急激に吹雪となり、気温も−10℃くらいまで下がりました・・・
7E3A0519

もちろん雪山装備でしたが、この中を突き進んで、仮にピークに立ったとしてもガスの中で景色などは全く見えないでしょうし、何よりこれ以上は危険だと感じましたので、無念でしたが2500m付近にて撤退の準備を始めました・・・
7E3A0529

7E3A0530

ただ、霧氷はあっという間にできる。ということを知りました・・・
7E3A0524

7E3A0528

7E3A0534

7E3A0537

7E3A0538

7E3A0544

7E3A0545

雪の重みでまっすぐには伸びることのできないダケカンバ。本当に美しい樹形です。いや、それでも生きているということ自体が美しいのだろうと思います・・・
7E3A0535

7E3A0548

AM9:56 位ヶ原山荘へと続く舗装路まで戻ってきました・・・
7E3A0546

そして位ヶ原山荘からバスで三本滝レストハウスまで下山し、あっけないほど早くGWの山行が終了したのです・・・
7E3A0555

 勇猛と無謀・・・
2500m付近での吹雪のなか、まっすぐ突き進んでピークに立ったとしてもそれは勇猛ではなく、ただの無謀なことで、そのボタンを掛け違えると必ず遭難するだろうと思います。でも本音を言うとツアーコースを登っている時点で半分は掛け違えていたのです・・・ただ今回は視界がゼロにならなかっただけ幸運だったのかもしれません。
人は自然の中ではたちまち無力になるということを少しだけ学んだGWでした・・・

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝


人気ブログランキングへ
Profile
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ