津村造園のブログ

淡路島・神戸で外構・エクステリア工事、お庭のリフォームをしている津村造園から、お庭に関する様々な情報を発信します。

□■南アルプス縦走(その1)・・・

 いつもありがとうございます。
季節は梅雨に入りまして、かなりのタイムラグとなりましたが昨年の秋に南アルプス(白根三山)を縦走した時のことについて書き綴りたいと思います。
 昨年の9月27日、淡路島を出発して山梨県・長野県にまたがる南アルプスへと出発しました。縦走は過去2014年9月27日、中央アルプスを縦走しており、偶然にもこの南アルプス縦走も同じ日となりました…
 登山口のある山梨県南巨摩郡早川町、奈良田温泉駐車場まで約7時間、いつものごとく午後19時ごろに出発して午前2時ごろに駐車場に到着、しばしの仮眠をとり、明け方5時過ぎには登山口まで運行している山岳タクシーに乗り込みました…
IMG_2695

AM6:30
山道を揺られること約50分、広河原山荘登山口に到着。
7E3A7940

登山口からははやくも北岳のピークを望むことができます。目的が見えている登山ほど疲れないと言いますが、どうしてなかなか、この後急峻な南アルプスの洗礼を受けることに…
7E3A7944

AM:6:48
吊り橋を渡り
7E3A7945

9月29日 AM6:50
長大な南アルプス縦走の開始です。
7E3A7947

7E3A7949

7E3A7951

7E3A7952

AM7:50
1時間ほど道草を食ってしまい、北岳バットレスが見えてきました。
7E3A7953

この辺りは前々回の仙丈ヶ岳と同じく、トリカブトが普通に自生しています。
7E3A7956

また、普通に9月の終わりでも谷筋には雪渓が残っています。
7E3A7962

こちらはトリカブトと色は似ていますがリンドウです。
7E3A7963

基本的な登山道は写真のような感じで、山肌に沿って斜面に対してジグザグにトラバースしているのが特徴です。
7E3A7958

7E3A7964

この辺り、標高2200m付近ではすでに紅葉が始まっており、一足早くに紅葉を見ることができます。
7E3A7966

この道をトラバースしたら今度こそ稜線に…
7E3A7967

とはならぬ…
幾度となく期待をしながら登るのですが、現実は目の前にとてつもない壁がそそり立っているかのようです。
7E3A7969

7E3A7970

PM13:00
8合目まで登ると展望が開けます。この日はきれいに鳳凰三山が見えていました。
7E3A7972

もちろん、北岳のピークもかなり近くなってきました。
7E3A7973

PM13:30
体力的にはこの辺りからきつくなってきましたが、稜線に出る最後の登りを登ります。
7E3A7974

PM13:50
ついに稜線。登山開始からゆうに7時間が経過しました。目の前にきれいな仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳を望むことができます。(左・仙丈ヶ岳 右・甲斐駒ケ岳)
7E3A7991

そこから時計回りに
鋸岳と甲斐駒ケ岳
7E3A7983

遠くに八ヶ岳
7E3A7984

鳳凰三山
7E3A7980

鳳凰三山続き
7E3A7981

富士山
7E3A7975

最後に北岳ピーク
7E3A7978

まるで恐竜の背中を登るようにこの日最後の力を振り絞って稜線を登っていきます。一つだけ、この時点で急酸素は平地の2/3、寝不足で登ったらあきまへん。
7E3A7987

7E3A7996

7E3A8008

PM15:10
そんなこんなで、宿泊地である肩の小屋に無事到着、8時間にも及ぶ初日の登山が終了しました。
IMG_2698

7E3A8009

本当に素晴らしい自然の風景…
7E3A7999

7E3A8004

夕食までの束の間、日常を忘れるぐらい魅せられた時間だったように思います…
7E3A8020

7E3A8003

7E3A8011

登山口からの標高差は約1500m、8時間かけて標高3000m地点の北岳肩の小屋へ…自身過去最高となる標高差を登り切り、安堵したのもつかの間、次日の縦走では更に上をいく行動時間と標高差を踏破することとなるのでした…

それはまた、次回に書き綴れればと思います(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝


人気ブログランキング

オランダ紀行(その3)・・・

 ブログの更新が滞っており、ご迷惑をおかけしております。(..)
前回の続きを綴っていきたいと思います。
 
 最終日は今回の旅の最終目的地、世界最大の花の公園、キューケンホフ公園です。東京ドーム7個分の敷地に約700万球、800種類のチューリップが至る所に植えられています...
7E3A6005

7E3A5876

7E3A5877

 エントランスをくぐると...
7E3A5878

7E3A5879

7E3A5880

7E3A5881

7E3A5882

7E3A5883

7E3A5884

7E3A5886

7E3A5887

7E3A5888

7E3A5889

7E3A5890

7E3A5893

7E3A5894

7E3A5895

7E3A5896

7E3A5897

7E3A5900

7E3A5901

7E3A5902

7E3A5903

7E3A5905

 700万球のチューリップの迫力に圧倒されます...
7E3A5906

7E3A5908

7E3A5909

7E3A5910

7E3A5911

7E3A5912

 オランダの緯度は北海道の遥か北、樺太のあたりになりますが、偏西風の影響で極寒にはならないのです。とはいえ、この時期5月の平均気温は日本の3月並みの気温です。
7E3A5913

7E3A5926

7E3A5927

7E3A5928

7E3A5929

7E3A5930

7E3A5931

7E3A5933

7E3A5936

7E3A5934

7E3A5935

7E3A5937

7E3A5938

7E3A5939

7E3A5940

7E3A5944

7E3A5945

7E3A5946

7E3A5947

7E3A5948

7E3A5949

7E3A5951

7E3A5952

7E3A5954

7E3A5955

7E3A5950

 
 公園内には展示室などもあり、寒くなると中に入って珍しいランなどを鑑賞したりと、時間があっという間に過ぎてゆきます...
7E3A5915

7E3A5917

7E3A5918

7E3A5919

7E3A5921

7E3A5922

7E3A5923

7E3A5924

7E3A5925

7E3A5975

7E3A5976

7E3A5977

7E3A5978

 花筏...
7E3A5953

 にしても東京ドーム7個分の実感はつかめませんが、とにかく広大な敷地です。
7E3A5958

7E3A5959

7E3A5960

7E3A5961

7E3A5962

7E3A5963

7E3A5964

7E3A5965

7E3A5966

7E3A5967

7E3A5968

7E3A5969

7E3A5970

 計算されたカラースキーム、そしてプランティングデザインでもってこの広大な敷地を彩る術はさすがの一言です。
7E3A5971

7E3A5972

7E3A5973

7E3A5974

7E3A5979

7E3A5980

7E3A5981

7E3A5983

 チューリップ“Tulipa”の語源は、ペルシャ語で頭巾を意味するツルバン“Tulipan”を語源とし、頭に巻くターバンとチューリップの花姿が似ていることに由来するといわれています。
 かつてオスマン帝国から、薬草学者オージェ・ギスラン・ド・ブスベックによってヨーロッパへともたらされたチューリップ。その鮮やかな色合いを持つ花弁に人々は魅了され、熱狂し、さらなる品種改良が進んで、希少種や珍種がつぎつぎに生まれたのです。そしてオランダでは1636年から1637年にかけていわゆる“チューリップバブル”のピークを迎えます。
7E3A5985

7E3A5986

 今日では、こうしてたくさんのチューリップをそれこそ、数十ユーロで堪能することができますが、当時わずか1球でアムステルダムの高級住宅街の家が買えたほど価格が高騰したことなど、微塵にも感じさせないほど身近な存在で、繊細さと力強さを併せ持つチューリップという花には、いつの時代も人々をひきつけてやまない魅力があるのです。
7E3A5987

7E3A5988

7E3A5989

7E3A5990

7E3A5991

7E3A5992

7E3A5993

7E3A5994

7E3A5995

7E3A5996

7E3A5997

7E3A5998

7E3A5999

7E3A6000

7E3A6001

 そうこうしているうちにお時間となり、キューケンホフ公園を後に、周囲を取り巻く広大なチューリップ畑を眺めながら次なる目的地へと向かいました...
7E3A6009

7E3A6013

7E3A6021

7E3A6022

7E3A6023

7E3A6024

7E3A6026

7E3A6030

7E3A6035

7E3A6038

 アムステルダムから少し離れるだけで、のどかな風景を見ることができます。
7E3A6040

オランダと言えば「風車」が有名ですが、そんな風車群を見学するために次なる目的地、「ザーンセ・スカンス」へと向かいました。
7E3A6042

7E3A6043

7E3A6044

7E3A6045

7E3A6046

7E3A6047

7E3A6048

7E3A6049

7E3A6050

 
7E3A6051

7E3A6052

7E3A6055

7E3A6056

7E3A6057

7E3A6058

7E3A6059

7E3A6061

7E3A6064

7E3A6067

7E3A6068

7E3A6069

7E3A6070

7E3A6077
7E3A6080

7E3A6081

7E3A6083

7E3A6085

7E3A6086

7E3A6089

7E3A6092

7E3A6095

7E3A6098

7E3A6099

7E3A6101

7E3A6105

7E3A6109

7E3A6110

7E3A6113

7E3A6115

 オランダ語で「ネーデルランド」は低地の国という意味があります。その名前が示すように、じつに国土の4分の1以上が海抜0m以下の土地で、そんな低地から水をかき出す動力として風車が用いられたのです。また、粉を引いたり丸太を切ったりと工業用の動力としても使用していました。ちなみに、ザーンセ・スカンスは主に工業用風車が多く、世界遺産キンデルダイクは排水用風車群で構成されています。
 風車の起源は紀元前3600年ごろのエジプトで使用された記録が残っているそうで、12世紀には十字軍によってヨーロッパに伝えられ、13世紀にはオランダへと伝わってきます。それから産業革命がおこる19世紀までの間、オランダの産業を支え、最盛期は10000基以上の風車が稼働していました。現在では1500基ほど現存しており数こそは減りましたが今なおオランダの産業を支えています。

 


 
 
7E3A6117


 そんなこんなのオランダ最終日、最後の夕食は地元でとれた新鮮な魚介類を提供してくれるPESCAへ...
とても素敵な晩餐となりました。
7E3A6139

7E3A6142

IMG_0927

IMG_0928

IMG_0929

IMG_0932

IMG_0933

IMG_0931



7E3A6126

I amsterdam...

 ちょうど一年前の出来事となりましたが、ヨーロッパの花文化や歴史、はたまた食文化までと、短い期間でしたがすぐに実践できる庭造りのヒントとなる事柄をいくつも吸収できたことがうれしく、私たちの一つの財産になったのではないかと思います。また、今回の旅で文化や気候といった日本との違いを意識しながらこれからの庭造りにこの経験を生かしていければと考えております。

これにてオランダ紀行編を完結したいと思います(..)

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝     


人気ブログランキング

□■オランダ紀行(その2)・・・

 ブログの更新が滞っており、ご迷惑をおかけしております。(..)
前回の続きを綴っていきたいと思います。
 次の日はいよいよオランダ散策
アムステルダム南駅から列車の旅となります。
7E3A5719

7E3A5720

7E3A5721

しばしの間、のどかな田園風景^^
7E3A5722

7E3A5723

最初の目的地があるVleuten(フルーテン)駅に到着・・・
7E3A5724

この旅最初の目的地は、オランダ最古のお城「デハール城」です。
まるでトランプを思わせるような赤と白に色分けされた鎧戸が印象的です・・・
7E3A5727

7E3A5726

7E3A5736

クリサンセマム・・・
こんな感じは大好きな風景の一つです・・・
7E3A5738

7E3A5739

7E3A5740

The Arts・・・
7E3A5741

当時から、このような精巧な技術を用いて数々の建築物を造っていた職人たち。
改めてヨーロッパレンガ文化の歴史を感じることができます。
7E3A5788

19世紀、城主ファン・ザウレン家の子孫が資産家ロスチャイルド家の支援により、現在の姿に再建し、その際に樹齢40年ほどの樹木をユトレヒト中から7000本集めて森を作ったというのだから驚きです。あくまで自分が存命の内に庭園を完成させたかったのだろうと、ふと城主の心情に思いを馳せたりもします・・・
7E3A5744

7E3A5747

7E3A5746

7E3A5749

7E3A5791

7E3A5751

7E3A5745

グリフォンに迎えられて、いよいよ中へと・・・
7E3A5752

7E3A5755

まずは、大広間の天井の高さに驚きます。そしてこの大広間を中心にして各部屋につながっています。
7E3A5757

7E3A5758

7E3A5763

7E3A5773

7E3A5779

世界中から集められた豪華な調度品の数々・・・
7E3A5772

7E3A5766

遊技場・・・
7E3A5762

7E3A5765

ヨーロッパの冬は暗くてとても長いですから・・・
7E3A5776

こちら徳川将軍家の持ち物だった金箔張りの駕籠
7E3A5778

女性用の寝室
7E3A5780

バスタブが床の高さっていうのを初めて見ました・・・
7E3A5781

7E3A5782

もう一つ、ヨーロッパのタイル文化、ちなみにここはキッチンです・・・
7E3A5785

7E3A5783

7E3A5786

ほんま、レンガ積の技術はすごい!!
7E3A5787

どこから見ても画になりますね。
7E3A5790

7E3A5793

7E3A5750

7E3A5748

ちょうどこの時期、幾何学花壇は植え替えで・・・
この花壇、実はお城の上から見るとローマ競馬場の形となっています。
7E3A5796

しかしまあ、よく手入れされた庭園でした。
7E3A5797

周囲をぐるりと水堀で囲み、開閉式の跳ね橋や見張り櫓のついた城門が、中世らしさを感じさせ、まるでその時代にタイムスリップしたかのような感覚を与えてくれた場所でした。
7E3A5798

7E3A5751

7E3A5799


 デハール城を後にし、つづいてユトレヒト市内へ・・・
そう、この町はあのミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナの生まれ故郷・・・
7E3A5800

7E3A5801

そんなことで信号もミッフィーなのです・・・
7E3A5803

歩く青ミッフィー、止まる赤ミッフィー、世界で一つだけの信号です。
7E3A5806

そしてもう一つ、ユトレヒトと言えば、この“ドム塔” 
高さ112m、ユトレヒトの象徴です。
7E3A5811

14世紀にこれほどに高い建物をよく建てたものだと感心・・・
その堂々たる風格や重厚さは見事なもので、かつてはランドマーク的な存在だったのでしょう。
7E3A5815

7E3A5822

7E3A5814

そして、ドム塔のおひざ元はオランダらしい運河沿いの街並みが続きます。
7E3A5813

7E3A5810

7E3A5816

7E3A5817

7E3A5818

7E3A5808

オランダ第4の町、ユトレヒト・・・
中世の古き良き街並みでした・・・
7E3A5820


 名残惜しくもユトレヒトを後にし、再びアムステルダムへ・・・
この旅の重要な目的の一つ、“シンゲルの花市場”へ
7E3A5824

シンゲル運河沿いにずらりと並ぶ花市場・・・
オランダの面積は日本の九州ぐらいの大きさで人口は1,650万人弱ですが、花卉生産額はアメリカに次ぐ世界第2位(ちなみに日本は世界第3位)の一大花卉生産国です。国土及び人口の比率からしても、とんでもなく花卉を生産していることがわかります・・・
7E3A5825

7E3A5826

最初に目に飛び込んできたのは、数々の球根・・・
それにしても種類が豊富^ ^
7E3A5827


7E3A5832


7E3A5837


こちらは大麻・・・
オランダは薬物政策上は合法なので、普通に花市場でも販売しています。
もちろん買いませんでしたが・・・
7E3A5828

こんな缶詰めタイプはとても新鮮^ ^
7E3A5829

ヨーロッパには長く暗い冬があります。
花はそこに住まう人々に明るさをもたらしてくれる存在であり、
特にオランダでは、花が飾られていないテーブルは印象がよくない、というぐらいなくてはならない文化となっています。
7E3A5830

7E3A5831

7E3A5833

7E3A5834

7E3A5835

7E3A5836

7E3A5839

7E3A5840

7E3A5841

7E3A5842

7E3A5843

7E3A5844

7E3A5845

7E3A5846

7E3A5847

7E3A5848

7E3A5852

7E3A5854

「パンを二つ買うお金があればパン一つに花を買う」という言葉があるほど、オランダという国の花文化は人々の生活に深く浸透しているということに深く感銘を受けたように思います。7E3A5849

7E3A5858

7E3A5860

7E3A5865

7E3A5869

7E3A5872


そんな素敵な1日が終わり、素敵な夕食を頂きに・・・
7E3A5868

7E3A5874

その日の夕食はCafe Loetje^ ^
アムステルダムでステーキと言えばここ!!
ソースが絶品でした!!
IMG_0906

Cafe Loetje

IMG_0905

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

次回へと続きます・・・

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

     





□■オランダ紀行(その1)・・・

 皆様、ご無沙汰しております。
本日より、洲本アルチザンスクエアにおいて冬咲チューリップショーが開催されています。

オランダから特殊温度処理を施した4品種 約9000球のチューリップが、真冬の淡路島を彩ります。
7E3A8613

IMG_9935

 そんなチューリップを生産しているオランダへ旅した時のお話を少しだけさせて頂きたいと思います。

 関西国際空港から飛行機で約10時間、オランダ最大の国際空港、アムステルダムスキポール空港へ・・・
7E3A6144

空港を出ると、いきなりオランダの国花、チューリップが出迎えてくれます。
7E3A6148

7E3A6146

 バスに乗り、アムステルダム市街へと・・・
7E3A5652

 市街には、「トラム」と呼ばれる路面電車的なものが走っており、交通の便は非常に良く、効率よくいろいろな場所に出かけることができます。
7E3A5653

7E3A5654

7E3A5655

 また、アムステルダムには写真のような運河が町の周囲を同心円状に巡っており、総延長はゆうに100kmを越えます。これらはアムステルダムが商業都市として最も栄華を極めた17世紀ごろに建設され、そのうちのプリンセン運河・へーレン運河・ケイザー運河・シンゲル運河の4運河とそれに沿う街路は2010年にはユネスコの世界遺産リストに登録されています。
7E3A5657

7E3A5656

7E3A5658

 まさに「北のベネチア」
エルム(楡)の並木がポストカードのような世界を作ります。
7E3A5660

7E3A5663

7E3A5664

7E3A5666

7E3A5667

7E3A5668

7E3A5670

7E3A5674

7E3A5675

7E3A5676

7E3A5677

7E3A5679

7E3A5680

7E3A5684

7E3A5686

 通りすがりに見た藤の棚・・・
このような感覚はとても新鮮です・・・
7E3A5687

7E3A5688

しばらく歩きながらダム広場へと・・・
7E3A5689

7E3A5690

7E3A5691

7E3A5692

 こちら王宮・・・
ヨーロッパを肌で感じる良い時間となりました・・・
7E3A5694

7E3A5695

 さらに歩いて20分でアムステルダムセントラル駅に・・・
7E3A5703

歴史ある赤レンガ造りの重厚な建造物で、街のランドマーク的存在です・・・
7E3A5704

 ちなみに東京駅とアムステルダム中央駅は2006年に姉妹駅として締結しています。
7E3A5705

7E3A5707

 そして、少し隣のbibliotheek(図書館)へ・・・
IMG_0901

IMG_0895

アムステルダムの街路樹がまるで桜を見ているかのような美しさで、どんな樹か調べようと思って図書館に行って調べたのだけど、オランダ語がわからないので、結局わからない...
IMG_0889

 日本に帰って調べると、楡の木でした・・・はずかしい・・・
そうエルムです・・・
IMG_0894

IMG_0890

 気を取り直してトラムに乗って・・・
7E3A5708

7E3A5714

7E3A5715

7E3A5716

 その日はオランダの家庭料理を満喫したのでした・・・
image2

image3

image4

image5

 
 今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

次回へと続きます・・・

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

     


□■Corporate tree・・・

 大宝製袋株式会社

約半世紀にもわたり、あらゆる袋作りを手がけられているプロフェッショナルな企業様です。今回、新社屋の建設にあたり、本当にありがたいご縁がありまして造園工事を手がけさせて頂くこととなりました。

私達が施工させて頂く場所は、生駒山地を借景とする心地良き場所でした・・・
100 (4)
     
100 (6)


100 (5)


100 (8)

100 (1)

工事は今年2月からスタート・・・
1

屋上部分・・・
2

25tラフタークレーン車にて石・土・土壌改良材などの資材を荷揚げ・・・
4

5

6

7

今年は例年になく雪が多く、使用する石材は工事開始の4日前に雪の中から掘り出して頂きました。
8

9

10

石積花壇を作成しながら、予め計画していた排水工事も同時に・・・
11

気づけばバレンタインデー。こんな施主様の心遣いに感謝です(o人o)
IMG_0237

12

弊社の植栽土壌は、市販されている配合済みの改良材を使用するのではなく、バーク堆肥や真珠岩系・黒曜石系パーライトなどを一から配合し、その植物にあった土を作ります。
13

14

16

17

室内にも石積を・・・
18

19

隅に泣かされました・・・
20

そしてプラントハンター西畠清順氏率いるそら植物園様から、メインとなる250年オリーブを・・・
21

22

そらを仰ぎ・・・
24

25

無事タッチダウン・・・
26

28

30

こうしてこれからも大地に根をはるかの如く長く繁栄していくことを願って大宝製袋株式会社様のシンボルツリーとなるオリーブが植樹されました。
32

屋上展望テラスの工事が一段落し、続いて地上へ・・・
オーナー様自ら選ばれた、コーヒーの木のオブジェ・・・ 
39

エアープランツのウスネオイデスとキセログラフィカで装飾し、植物を身近に感じることのできるオフィスに・・・
100 (8)


そして休むまもなく、ファサードに使用する石材を探しに岡山県へ・・・
7E3A4741

P2220115

土の流出を止め、また植物の足元を引き締める為、ごろた石の叩き込みを手がけさせて頂きました。
P2240127


7E3A5485


ファサード前に選んだ植物は、ユッカ・エレファンティペス・・・

そう、別名「青年の樹」
7E3A5443

この樹を選ぶにあたり、オーナー様とのお打ち合わせの中で、 若い社員の方々が多く、これからも若い人たちの力で会社を盛り上げていきたいということを熱心に話されていました。そんなお話をお聞きするなかで、なんとかその想いをどこかで形にしたいと思いました。
    7E3A5444

企業には社旗、社歌などはありますが、「社樹」と呼ばれるものは今までなかったのではないかと思います。いつかその企業を表すような植物をコーポレートツリーとして提案したいと思っておりましたが、今回まさにオーナー様の想いと、私たちの想いが合致した形となりました。
7E3A5468
  
100 (3)

100 (7)
  
100 (2)

 本当にご縁とは不思議なもので、自分の心のアンテナさえ真っ直ぐであれば、出会う方々すべての人が良き方向に導いてくれるのだと思います。また建物計画時から私たちの造園計画を陰ながら支えてくださったアルアート一級建築士事務所の福山様、そしてビルダーの日本建設様、本当にありがとうございました。そして大宝製袋株式会社様、これからも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。
 

   
 今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝
                    
人気ブログランキング
Profile

tsumurazouen

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ