すっかり秋の気配が漂う今日この頃、弊社はそろそろ植栽工事の準備に取り掛かっています。
本日はまたまたの登山ブログです。ご興味ある方は最後までお付き合いくださいませ。。。

 今年のお盆休みに長野県は霧ケ峰高原で休暇を頂いておりました。そこから見る南アルプスの雄大な山並み・・・その時よりすでに登山計画をたてておりました。
 今回挑戦する山は、南アルプスの女王と称される仙丈ケ岳です・・・
7E3A8642

先月9月の第2土曜、日曜日を利用して南アルプスのデビュー戦が始まりました。
いつも登山でお世話になってます中央道恵那峡サービスエリアに夜中に到着、しばしの仮眠の後、中央道伊那I・Cで高速を降り目的地へと向かいます。。。
7E3A8876

登山口のある北沢峠までは、I・Cより車で約40分のところにある仙流荘より、南アルプス林道バスにて向かいます・・・
7E3A8878

午前7時半、駐車場はかなりの台数の車が停まっています・・・
7E3A8880

バス乗り場・・・
7E3A8879

7E3A8881

もちろん提出。。。
DSC_0110

第二便8時5分のバスに乗り、しばし景色を眺めておりますと今回登る仙丈ケ岳が見えてきました・・・
ワクワクするんですこの瞬間!
DSC_0114

北沢峠で下車するとすぐに仙丈ケ岳登山口が見えます。この時点で標高は2032mあります。
 午前9時いよいよ登山開始です。今回の登山計画は1日目は頂上直下の山小屋、仙丈小屋まで登り、夕景および星景写真を撮影し、翌朝早朝のご来光に併せて仙丈ケ岳ピークを目指すという比較的余裕を持った計画にしておりました。また参考までにタイムも計っておりましたので掲載しておきます・・・
7E3A8883

登り始めてすぐに、もののけの森のような苔の大群生を見ることができます。
7E3A8884

7E3A8885

標高2000mを超えてもなお広葉樹が茂っているのも南アルプスの特徴です・・・
7E3A8888

1合目から2合目までは登っては降るという登山道が続きます・・・
登り↑
7E3A8889

登り↑
7E3A8890

降り↓
7E3A8891

9:40 2合目・・・
7E3A8892

7E3A8894

途中、はやくも励まされています・・・
7E3A8895

10:15 3合目・・・
7E3A8897

10:30 4合目・・・
7E3A8898

4合目を過ぎるとぼちぼちガレ場がでてきます・・・
7E3A8899

7E3A8900

11:00 5合目、大滝頭、標高2500m付近です・・・
ここで登山道が分岐しており、眺望の良い小仙丈尾根ルートと、いくつもの沢を渡る藪沢ルートに分かれます。今回は登り小仙丈ルート、降り藪沢ルートで計画しました・・・
7E3A8904

5合目を過ぎるとそろそろ森林限界が近づき、眺望が開けてきます・・・
7E3A8905

7E3A8906

11:30 6合目・・・
7E3A8909

眺望が開け、目の前に甲斐駒ケ岳の雄姿が見えます。仙丈ケ岳がなだらかで女性的な山であるのに対し甲斐駒ケ岳は峻険な男性的な山です・・・
7E3A8908

もう一登りすると小仙丈ケ岳のピークです。
7E3A8916

甲斐駒ケ岳の横に鳳凰三山も見えてきました・・・
視界が開けてくると本当に今までの疲れが吹っ飛びますb
7E3A8920

ルンルン気分でハイマツの間をすり抜け・・・
7E3A8922

そして紅葉はしていませんがナナカマドを観察し・・・
7E3A8924

7E3A8925

どうりでテンションがおかしいと思ったら酸素が薄くなる2700m超えています・・・
7E3A8931

もう少し・・・
7E3A8926

道草しすぎて12:50 小仙丈ケ岳(7合目)ピークに到着・・・
7E3A8934

登ってきた道を見るとまあまあの傾斜です・・・
7E3A8935

7E3A8936

目指す仙丈ケ岳ピークはこの奥の小仙丈沢カールの偽ピークを越えると見えます・・・
そこから→に視点を移すと
7E3A8939

はるか遠くに雄大な北アルプスを望むことができます・・・
さらにそこから→に視点を移すと7E3A8959

はるか遠くに駒ケ根の町と昨年縦走した中央アルプスを望むことができます。
さらにそこから→に視点を移すと
7E3A8940

左から鋸岳、その奥に八ヶ岳連峰、そして甲斐駒ヶ岳を望みます・・・
さらにそこから→に視点を移すと
7E3A8947

遠くに日本国No.1富士山(3775m) No.2北岳(3193m) No.3間ノ岳(3190m)
と、日本の山TOP3を一度に眺めることができます・・・
贅沢です。ぜいたくすぎます!!
そして→に視点を移すと
7E3A8948

小仙丈沢カールに戻ってきまして、360度のパノラマとなります。
7E3A8968

甲斐駒ヶ岳アップで・・・
7E3A8957

Japan Two Top !!
7E3A8956

絶景に魅せられての休憩タイム・・・ぜいたくすぎます!!
7E3A8977

1時間ほどぜいたくな休憩をとり、本日お世話になる仙丈小屋に向けて出発です。
7E3A8975

7E3A8995

7E3A8996

雄大なカール“女王”と呼ばれる所以ですね^^
7E3A8998

紅葉はまだ早かったのですが一足先にウラシマツツジの燃えるような紅葉を見ることができました。
このウラシマツツジ、名前の由来は浦島太郎とは関係なく、葉の裏面の網目模様からの由来です(裏縞)。
7E3A9001

鋸岳を望んで・・・
7E3A9004

名もなき石も画になります・・・
7E3A9007

登山道としては8合目までは岩場のアップダウンが多くなります。
7E3A9010

7E3A9012

7E3A9013

7E3A9014

7E3A9015

まだまだ見えますTwo Top + α
7E3A9016

7E3A9018

7E3A9019

7E3A9020

7E3A9021

7E3A9022

14:50 8合目分岐地点・・・
7E3A9027

ここまで来ると仙丈小屋はもうすぐです。
7E3A9029

はい、見えてきました。仙丈小屋です・・・
7E3A9032

良い感じです^^
7E3A9039

中は、これまた良い感じです^^
7E3A9038

2階へ上がると・・・密集体形の布団、昨年を思い出がフラッシュバックします・・・
7E3A9035

と、山小屋を一通り見学してから、夕食までの間、湧き水を汲んで石清水コーヒーを^^
DSC_0122

DSC_0121

最高すぎます!!
7E3A9042

小屋からは仙丈ケ岳のピークを望むことができます・・・
7E3A9041

7E3A9052

ガスが湧き出てきました。
7E3A9045

7E3A9057

7E3A9066

すばらしい夕景です・・・
7E3A9068

DSC_0124

夕食は結構な品数です。
お腹空いておりましたので、たいへんおいしく頂きました。
DSC_0123

そして・・・
キタ、キタ、キタ、今年もキタ-----!!
DSC_0125

心の準備のため、就寝時間までは南アルプスの星空を眺めておりました・・・
7E3A9096

最高の星空・・・
150

この後、明日に備えて就寝するのですが、耳栓を忘れたことをものすごく後悔しました・・・

次回は仙丈ケ岳ピークを目指します。。。


長々とお付き合い頂きありがとうございました。 (。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ