新年あけましておめでとうございます。旧年中は津村造園を応援いただきまして誠にありがとうございました。
またまた登山ブログですが、ご興味のある方、最後までお付き合いくださいませ。
 昨年12月30日、愛媛県は石鎚山に冬山登山へと向かいました・・・
7E3A0264

7E3A0268

中宮成就社AM9:30スタート・・・
素晴らしい霧氷を期待して行ったのですが、今年は暖冬のせいかこの付近は雪がありませんでした。
7E3A0269

ちなみに2年前・・・
1

しかし、それでも見どころはあります。平野部では珍しくなった霜柱を観察・・・
7E3A0263

7E3A0272

空気は澄み渡り、雲一つない快晴の中、気持ちよく歩いていきます・・・
7E3A0278

7E3A0280

夜明かし峠付近から石鎚山を望む・・・
頂上付近には雪がありそうです・・・
7E3A0281

7E3A0282

7E3A0284

今回雪が少なかったので一の鎖を登ってみましたが、少量の雪があるだけで足場の確保が難しくなりますので鎖を登られる方は要注意です・・・
7E3A0285

一の鎖付近からはアイゼン装備が必要です・・・
7E3A0287

7E3A0290

7E3A0292

山影はこのような景色が広がります・・・
7E3A0295

頂上直下陽に当たる霧氷・・・
7E3A0298

12時25分、山頂に到着、頂上はアイスバーン化しています・・・
7E3A0304

天狗岳・・・
7E3A0299

この日は本当に天気が良く、うっすらとしまなみ海道が見えました・・・
7E3A0300

いつみても思うのですが、まるでマッターホルンのようです・・・
一時間ほど山頂ですごし、下山開始です。
7E3A0301

頂上直下山影では霧氷が残っており、美しい景色を作っていました。
7E3A0310

7E3A0311

7E3A0312

7E3A0315

7E3A0316

先ほどの天狗岳の北側。堂々とした岩壁(バットレス)に魅せられます・・・
7E3A0319

PM16:00無事にロープーウェイ駅まで下山。
瓶ヶ森とススキの穂・・・改めて昨年は気温が高かったのだと痛感しました・・・
7E3A0320

ちなみに2年前・・・
顕著に違いがわかります。今年はどのように変動するのでしょうか・・・
11

7E3A0324

2年前の12月30日の石鎚山行は夜明かし峠付近で猛吹雪にあい、頂上までは登ることができませんでしたが、今回は無事に登頂することができました。一年の節目をこのような形で迎えることができて昨年は本当に素晴らしい一年となりました。
 そして今年は申年、申には「伸ばす」の意味があります。今まで培ってきた知識や技術をもう一度振り返り、さらに磨きをかけながらまい進していきたいと思っております。

 本年も津村造園をどうぞよろしくお願いいたします。


今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝


人気ブログランキングへ