ブログの更新が滞っており、ご迷惑をおかけしております。(..)
前回の続きを綴っていきたいと思います。
 次の日はいよいよオランダ散策
アムステルダム南駅から列車の旅となります。
7E3A5719

7E3A5720

7E3A5721

しばしの間、のどかな田園風景^^
7E3A5722

7E3A5723

最初の目的地があるVleuten(フルーテン)駅に到着・・・
7E3A5724

この旅最初の目的地は、オランダ最古のお城「デハール城」です。
まるでトランプを思わせるような赤と白に色分けされた鎧戸が印象的です・・・
7E3A5727

7E3A5726

7E3A5736

クリサンセマム・・・
こんな感じは大好きな風景の一つです・・・
7E3A5738

7E3A5739

7E3A5740

The Arts・・・
7E3A5741

当時から、このような精巧な技術を用いて数々の建築物を造っていた職人たち。
改めてヨーロッパレンガ文化の歴史を感じることができます。
7E3A5788

19世紀、城主ファン・ザウレン家の子孫が資産家ロスチャイルド家の支援により、現在の姿に再建し、その際に樹齢40年ほどの樹木をユトレヒト中から7000本集めて森を作ったというのだから驚きです。あくまで自分が存命の内に庭園を完成させたかったのだろうと、ふと城主の心情に思いを馳せたりもします・・・
7E3A5744

7E3A5747

7E3A5746

7E3A5749

7E3A5791

7E3A5751

7E3A5745

グリフォンに迎えられて、いよいよ中へと・・・
7E3A5752

7E3A5755

まずは、大広間の天井の高さに驚きます。そしてこの大広間を中心にして各部屋につながっています。
7E3A5757

7E3A5758

7E3A5763

7E3A5773

7E3A5779

世界中から集められた豪華な調度品の数々・・・
7E3A5772

7E3A5766

遊技場・・・
7E3A5762

7E3A5765

ヨーロッパの冬は暗くてとても長いですから・・・
7E3A5776

こちら徳川将軍家の持ち物だった金箔張りの駕籠
7E3A5778

女性用の寝室
7E3A5780

バスタブが床の高さっていうのを初めて見ました・・・
7E3A5781

7E3A5782

もう一つ、ヨーロッパのタイル文化、ちなみにここはキッチンです・・・
7E3A5785

7E3A5783

7E3A5786

ほんま、レンガ積の技術はすごい!!
7E3A5787

どこから見ても画になりますね。
7E3A5790

7E3A5793

7E3A5750

7E3A5748

ちょうどこの時期、幾何学花壇は植え替えで・・・
この花壇、実はお城の上から見るとローマ競馬場の形となっています。
7E3A5796

しかしまあ、よく手入れされた庭園でした。
7E3A5797

周囲をぐるりと水堀で囲み、開閉式の跳ね橋や見張り櫓のついた城門が、中世らしさを感じさせ、まるでその時代にタイムスリップしたかのような感覚を与えてくれた場所でした。
7E3A5798

7E3A5751

7E3A5799


 デハール城を後にし、つづいてユトレヒト市内へ・・・
そう、この町はあのミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナの生まれ故郷・・・
7E3A5800

7E3A5801

そんなことで信号もミッフィーなのです・・・
7E3A5803

歩く青ミッフィー、止まる赤ミッフィー、世界で一つだけの信号です。
7E3A5806

そしてもう一つ、ユトレヒトと言えば、この“ドム塔” 
高さ112m、ユトレヒトの象徴です。
7E3A5811

14世紀にこれほどに高い建物をよく建てたものだと感心・・・
その堂々たる風格や重厚さは見事なもので、かつてはランドマーク的な存在だったのでしょう。
7E3A5815

7E3A5822

7E3A5814

そして、ドム塔のおひざ元はオランダらしい運河沿いの街並みが続きます。
7E3A5813

7E3A5810

7E3A5816

7E3A5817

7E3A5818

7E3A5808

オランダ第4の町、ユトレヒト・・・
中世の古き良き街並みでした・・・
7E3A5820


 名残惜しくもユトレヒトを後にし、再びアムステルダムへ・・・
この旅の重要な目的の一つ、“シンゲルの花市場”へ
7E3A5824

シンゲル運河沿いにずらりと並ぶ花市場・・・
オランダの面積は日本の九州ぐらいの大きさで人口は1,650万人弱ですが、花卉生産額はアメリカに次ぐ世界第2位(ちなみに日本は世界第3位)の一大花卉生産国です。国土及び人口の比率からしても、とんでもなく花卉を生産していることがわかります・・・
7E3A5825

7E3A5826

最初に目に飛び込んできたのは、数々の球根・・・
それにしても種類が豊富^ ^
7E3A5827


7E3A5832


7E3A5837


こちらは大麻・・・
オランダは薬物政策上は合法なので、普通に花市場でも販売しています。
もちろん買いませんでしたが・・・
7E3A5828

こんな缶詰めタイプはとても新鮮^ ^
7E3A5829

ヨーロッパには長く暗い冬があります。
花はそこに住まう人々に明るさをもたらしてくれる存在であり、
特にオランダでは、花が飾られていないテーブルは印象がよくない、というぐらいなくてはならない文化となっています。
7E3A5830

7E3A5831

7E3A5833

7E3A5834

7E3A5835

7E3A5836

7E3A5839

7E3A5840

7E3A5841

7E3A5842

7E3A5843

7E3A5844

7E3A5845

7E3A5846

7E3A5847

7E3A5848

7E3A5852

7E3A5854

「パンを二つ買うお金があればパン一つに花を買う」という言葉があるほど、オランダという国の花文化は人々の生活に深く浸透しているということに深く感銘を受けたように思います。7E3A5849

7E3A5858

7E3A5860

7E3A5865

7E3A5869

7E3A5872


そんな素敵な1日が終わり、素敵な夕食を頂きに・・・
7E3A5868

7E3A5874

その日の夕食はCafe Loetje^ ^
アムステルダムでステーキと言えばここ!!
ソースが絶品でした!!
IMG_0906

Cafe Loetje

IMG_0905

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

次回へと続きます・・・

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝