津村造園のブログ

淡路島・神戸で外構・エクステリア工事、お庭のリフォームをしている津村造園から、お庭に関する様々な情報を発信します。

2011年05月

□■流れと周遊・・・

南あわじ市の現場です。

流れと周遊の庭が完成しました・・・

流れと周遊2

青々とした芝生と通路・・・

ちょっとした公園となりました・・・

三和土風舗装2

ピエール・ド・ロンサール

コンパッション

エゴノキ

公園と言えば・・・

ブランコ4

ブランコ3

ブランコ作ってしまいました・・・



いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ

(*・・)σ【】ぽちっとな♪

□■信州紀行(その4)・・・

木曽路は新緑が美しいです・・・

新緑

最終日は“寝覚の床”です。

寝覚2


寝覚の床は、花崗岩の岩盤が木曽川の激流により侵食してできたもので、

国の史跡名勝天然記念物に指定されています。

寝覚3


岩盤に見られる水平・垂直方向の方丈節理(割れ目)やポットホール

(円形の穴)は日本でも代表的なものです。

また、この寝覚の床は、浦島太郎伝説の舞台としても有名です。

方丈節理

看板


竜宮城から戻った太郎は、諸国を旅する途中にこの寝覚の床に立ち寄り

ました。そしてこの里の美しさに惹かれ住むようになりました・・・

ある日、昔を思い出して岩の上で玉手箱を開けてみたところ

中から出てきた煙とともに、みるみる太郎は三百歳の老人になったと

言い伝えられています。(案内板より引用・・・)

写真右の岩上の松の間にある小さな祠は、浦島太郎をまつる

浦島堂です。

寝覚1

勝手ながら、開けてはいけない玉手箱は

海岸で開けたと思い込んでいたので

この伝説には驚きでした・・・

浦島太郎って結構命令に忠実・・・とか勝手な妄想を抱いていました。。。


山吹

山吹一重

些細なことで驚くことが多かった旅でしたが

些細なことが些細でなくなる時に

何か面白いものが生まれるような気がしました・・・


いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ

(*・・)σ【】ぽちっとな♪

□■信州紀行(その3)・・・

 かつて江戸と京都を結んだ中山道・・・

宿場町は69箇所ありますが、その中で木曽路には11もの宿場町があります。
 
桜

奈良井宿1


奈良井宿です。

あさの連続テレビ小説 “おひさま”のロケ地です・・・

奈良井宿は中山道木曽路のなかでもっとも標高の高い位置にあります。

遠くに見えるのは木曽路最大の難所、鳥居峠です。

この峠をひかえて昔は“奈良井千軒”と呼ばれるほどの賑わいだったそうです。

町屋の特徴は2階が1階よりも一尺五寸(95cm)ほど

前にせりだした出梁造りというものです。

また、1階と2階の境に取り付けられた小さな屋根(猿頭、鎖庇)は、

中山道の奈良井宿だけに見られるものです。(奈良井宿解説看板より)


夕暮れ時の風景は、ふっと懐かしい感じがしました・・・

奈良井宿2



ところ変わってこちらは馬籠宿・・・

馬籠宿


馬籠宿は坂道沿いに軒が立ち並ぶ坂道の宿場町です。

文豪、島崎藤村生誕の地としても知られています。

特徴の当時の面影を残す石畳です・・・

石畳


雪柳と藤村記念館・・・

藤村記念館


坂道ですので、水を利用するものがあちらこちらで見られます・・・

水車


坂と水


臼? 椅子?・・・

臼?椅子?


皐月躑躅



ひと休みしながらのんびり歩くことも良いのかもしれません・・・



いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ


(*・・)σ【】ぽちっとな♪

□■信州紀行(その2)・・・

 松本城です。

松本城は、姫路城、犬山城、彦根城とともに国宝に指定されており、

漆黒の天守は別名烏(カラス)城とも呼ばれています。

石川数正・康長父子が1539年頃に築城したと言われています。

狸橋より

大天守と石垣


天守一階の武者走りです。

ダッシュしてみました・・・

武者走り


天守二階の鉄砲蔵です。

竪格子窓が四方にあり、比較的明るい階です。

武士たちがつめる武者溜まりだったと言われています。

天守二階


天守五階 破風入込間・・・

天守五階は、有事の際の重臣たちの作戦会議の場であったと言われています。

破風入込間


天守内の掲示の引用ですが

壁厚は天守1・2階で28.8〜29.4cmあり、上の階ほど薄くなっていますが

火縄銃の弾は通さないということです。

逆に、天守には鉄砲狭間や矢狭間がいたるところにあります。

( 鉄砲狭間55箇所・矢狭間60箇所 )

まさに戦う為の城です・・・

大天守


黒門(櫓門)・・・

門も破られそうにないです・・・

黒門(櫓門)


その黒門の横に・・・

なぜか宇宙飛行士、向井千秋さんと宇宙を旅したツツジの子孫が・・・

宇宙ツツジ・・・

レアでした・・・

宇宙ツツジ


大天守と乾小天守


漆黒の城郭が何とも優美で美しいですが、関が原の合戦以前に築城されているだけに

その優美さとは裏腹な“戦”の城でした・・・



いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ


(*・・)σ【】ぽちっとな♪

□■信州紀行(その1)・・・

GWを利用して長野県に行ってきました・・・

初日は小諸城です・・・

小諸城は、全国的にも珍しい城下町より低い位置に城がある穴城です。

三の門に向かって下っているのがわかります・・・

三の門1

武田信玄の軍師、山本勘助の縄張りが有名です。

また、豊臣秀吉の家臣、仙石秀久の代から32年にわたって大規模な改修が行われています。

 明治時代になり、廃藩置県により役割を終えた小諸城は、懐古園と名付けられました。

三の門に掲げられている扁額は、徳川宗家16代当主・徳川家達公の筆によるものです。

三の門2


二の丸の石垣・・・

二の丸石垣


本丸石垣・・・

本丸石垣1

本丸石垣2


浅間山の噴火の際に噴出された“焼石”と呼ばれる自然石を使用した石垣・・・

焼石


固有種の小諸八重紅枝垂・・・

小諸八重紅枝垂桜


樹齢500年の欅・・・

ケヤキの巨木


枝垂桜

小諸なる古城のほとりに・・・

苔むした野面積の石垣に相対する鮮やかな桜色がとても印象的でした・・・



いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ

(*・・)σ【】ぽちっとな♪

□■緑とともに・・・

淡路市S様邸です。

先日完成しました。

緑化ブロックの庭

緑のスペースを極力多く取り入れたプランです。

アマゾンジャラスリット


緑化ブロック

秋の紅葉が美しいメグスリノキ・・・

メグスリノキ

アマゾンジャラを使用したウッドデッキ・・・

アマゾンジャラデッキ1


アマゾンジャラデッキ2


アマゾンジャラデッキ3

緑とともに・・・

素敵なガーデンライフを楽しんで頂ければと思います・・・


いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ

(*・・)σ【】ぽちっとな♪
Profile

tsumurazouen

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ