津村造園のブログ

淡路島・神戸で外構・エクステリア工事、お庭のリフォームをしている津村造園から、お庭に関する様々な情報を発信します。

雑記帳

オランダ紀行(その3)・・・

 ブログの更新が滞っており、ご迷惑をおかけしております。(..)
前回の続きを綴っていきたいと思います。
 
 最終日は今回の旅の最終目的地、世界最大の花の公園、キューケンホフ公園です。東京ドーム7個分の敷地に約700万球、800種類のチューリップが至る所に植えられています...
7E3A6005

7E3A5876

7E3A5877

 エントランスをくぐると...
7E3A5878

7E3A5879

7E3A5880

7E3A5881

7E3A5882

7E3A5883

7E3A5884

7E3A5886

7E3A5887

7E3A5888

7E3A5889

7E3A5890

7E3A5893

7E3A5894

7E3A5895

7E3A5896

7E3A5897

7E3A5900

7E3A5901

7E3A5902

7E3A5903

7E3A5905

 700万球のチューリップの迫力に圧倒されます...
7E3A5906

7E3A5908

7E3A5909

7E3A5910

7E3A5911

7E3A5912

 オランダの緯度は北海道の遥か北、樺太のあたりになりますが、偏西風の影響で極寒にはならないのです。とはいえ、この時期5月の平均気温は日本の3月並みの気温です。
7E3A5913

7E3A5926

7E3A5927

7E3A5928

7E3A5929

7E3A5930

7E3A5931

7E3A5933

7E3A5936

7E3A5934

7E3A5935

7E3A5937

7E3A5938

7E3A5939

7E3A5940

7E3A5944

7E3A5945

7E3A5946

7E3A5947

7E3A5948

7E3A5949

7E3A5951

7E3A5952

7E3A5954

7E3A5955

7E3A5950

 
 公園内には展示室などもあり、寒くなると中に入って珍しいランなどを鑑賞したりと、時間があっという間に過ぎてゆきます...
7E3A5915

7E3A5917

7E3A5918

7E3A5919

7E3A5921

7E3A5922

7E3A5923

7E3A5924

7E3A5925

7E3A5975

7E3A5976

7E3A5977

7E3A5978

 花筏...
7E3A5953

 にしても東京ドーム7個分の実感はつかめませんが、とにかく広大な敷地です。
7E3A5958

7E3A5959

7E3A5960

7E3A5961

7E3A5962

7E3A5963

7E3A5964

7E3A5965

7E3A5966

7E3A5967

7E3A5968

7E3A5969

7E3A5970

 計算されたカラースキーム、そしてプランティングデザインでもってこの広大な敷地を彩る術はさすがの一言です。
7E3A5971

7E3A5972

7E3A5973

7E3A5974

7E3A5979

7E3A5980

7E3A5981

7E3A5983

 チューリップ“Tulipa”の語源は、ペルシャ語で頭巾を意味するツルバン“Tulipan”を語源とし、頭に巻くターバンとチューリップの花姿が似ていることに由来するといわれています。
 かつてオスマン帝国から、薬草学者オージェ・ギスラン・ド・ブスベックによってヨーロッパへともたらされたチューリップ。その鮮やかな色合いを持つ花弁に人々は魅了され、熱狂し、さらなる品種改良が進んで、希少種や珍種がつぎつぎに生まれたのです。そしてオランダでは1636年から1637年にかけていわゆる“チューリップバブル”のピークを迎えます。
7E3A5985

7E3A5986

 今日では、こうしてたくさんのチューリップをそれこそ、数十ユーロで堪能することができますが、当時わずか1球でアムステルダムの高級住宅街の家が買えたほど価格が高騰したことなど、微塵にも感じさせないほど身近な存在で、繊細さと力強さを併せ持つチューリップという花には、いつの時代も人々をひきつけてやまない魅力があるのです。
7E3A5987

7E3A5988

7E3A5989

7E3A5990

7E3A5991

7E3A5992

7E3A5993

7E3A5994

7E3A5995

7E3A5996

7E3A5997

7E3A5998

7E3A5999

7E3A6000

7E3A6001

 そうこうしているうちにお時間となり、キューケンホフ公園を後に、周囲を取り巻く広大なチューリップ畑を眺めながら次なる目的地へと向かいました...
7E3A6009

7E3A6013

7E3A6021

7E3A6022

7E3A6023

7E3A6024

7E3A6026

7E3A6030

7E3A6035

7E3A6038

 アムステルダムから少し離れるだけで、のどかな風景を見ることができます。
7E3A6040

オランダと言えば「風車」が有名ですが、そんな風車群を見学するために次なる目的地、「ザーンセ・スカンス」へと向かいました。
7E3A6042

7E3A6043

7E3A6044

7E3A6045

7E3A6046

7E3A6047

7E3A6048

7E3A6049

7E3A6050

 
7E3A6051

7E3A6052

7E3A6055

7E3A6056

7E3A6057

7E3A6058

7E3A6059

7E3A6061

7E3A6064

7E3A6067

7E3A6068

7E3A6069

7E3A6070

7E3A6077
7E3A6080

7E3A6081

7E3A6083

7E3A6085

7E3A6086

7E3A6089

7E3A6092

7E3A6095

7E3A6098

7E3A6099

7E3A6101

7E3A6105

7E3A6109

7E3A6110

7E3A6113

7E3A6115

 オランダ語で「ネーデルランド」は低地の国という意味があります。その名前が示すように、じつに国土の4分の1以上が海抜0m以下の土地で、そんな低地から水をかき出す動力として風車が用いられたのです。また、粉を引いたり丸太を切ったりと工業用の動力としても使用していました。ちなみに、ザーンセ・スカンスは主に工業用風車が多く、世界遺産キンデルダイクは排水用風車群で構成されています。
 風車の起源は紀元前3600年ごろのエジプトで使用された記録が残っているそうで、12世紀には十字軍によってヨーロッパに伝えられ、13世紀にはオランダへと伝わってきます。それから産業革命がおこる19世紀までの間、オランダの産業を支え、最盛期は10000基以上の風車が稼働していました。現在では1500基ほど現存しており数こそは減りましたが今なおオランダの産業を支えています。

 


 
 
7E3A6117


 そんなこんなのオランダ最終日、最後の夕食は地元でとれた新鮮な魚介類を提供してくれるPESCAへ...
とても素敵な晩餐となりました。
7E3A6139

7E3A6142

IMG_0927

IMG_0928

IMG_0929

IMG_0932

IMG_0933

IMG_0931



7E3A6126

I amsterdam...

 ちょうど一年前の出来事となりましたが、ヨーロッパの花文化や歴史、はたまた食文化までと、短い期間でしたがすぐに実践できる庭造りのヒントとなる事柄をいくつも吸収できたことがうれしく、私たちの一つの財産になったのではないかと思います。また、今回の旅で文化や気候といった日本との違いを意識しながらこれからの庭造りにこの経験を生かしていければと考えております。

これにてオランダ紀行編を完結したいと思います(..)

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝     


人気ブログランキング

□■Corporate tree・・・

 大宝製袋株式会社

約半世紀にもわたり、あらゆる袋作りを手がけられているプロフェッショナルな企業様です。今回、新社屋の建設にあたり、本当にありがたいご縁がありまして造園工事を手がけさせて頂くこととなりました。

私達が施工させて頂く場所は、生駒山地を借景とする心地良き場所でした・・・
100 (4)
     
100 (6)


100 (5)


100 (8)

100 (1)

工事は今年2月からスタート・・・
1

屋上部分・・・
2

25tラフタークレーン車にて石・土・土壌改良材などの資材を荷揚げ・・・
4

5

6

7

今年は例年になく雪が多く、使用する石材は工事開始の4日前に雪の中から掘り出して頂きました。
8

9

10

石積花壇を作成しながら、予め計画していた排水工事も同時に・・・
11

気づけばバレンタインデー。こんな施主様の心遣いに感謝です(o人o)
IMG_0237

12

弊社の植栽土壌は、市販されている配合済みの改良材を使用するのではなく、バーク堆肥や真珠岩系・黒曜石系パーライトなどを一から配合し、その植物にあった土を作ります。
13

14

16

17

室内にも石積を・・・
18

19

隅に泣かされました・・・
20

そしてプラントハンター西畠清順氏率いるそら植物園様から、メインとなる250年オリーブを・・・
21

22

そらを仰ぎ・・・
24

25

無事タッチダウン・・・
26

28

30

こうしてこれからも大地に根をはるかの如く長く繁栄していくことを願って大宝製袋株式会社様のシンボルツリーとなるオリーブが植樹されました。
32

屋上展望テラスの工事が一段落し、続いて地上へ・・・
オーナー様自ら選ばれた、コーヒーの木のオブジェ・・・ 
39

エアープランツのウスネオイデスとキセログラフィカで装飾し、植物を身近に感じることのできるオフィスに・・・
100 (8)


そして休むまもなく、ファサードに使用する石材を探しに岡山県へ・・・
7E3A4741

P2220115

土の流出を止め、また植物の足元を引き締める為、ごろた石の叩き込みを手がけさせて頂きました。
P2240127


7E3A5485


ファサード前に選んだ植物は、ユッカ・エレファンティペス・・・

そう、別名「青年の樹」
7E3A5443

この樹を選ぶにあたり、オーナー様とのお打ち合わせの中で、 若い社員の方々が多く、これからも若い人たちの力で会社を盛り上げていきたいということを熱心に話されていました。そんなお話をお聞きするなかで、なんとかその想いをどこかで形にしたいと思いました。
    7E3A5444

企業には社旗、社歌などはありますが、「社樹」と呼ばれるものは今までなかったのではないかと思います。いつかその企業を表すような植物をコーポレートツリーとして提案したいと思っておりましたが、今回まさにオーナー様の想いと、私たちの想いが合致した形となりました。
7E3A5468
  
100 (3)

100 (7)
  
100 (2)

 本当にご縁とは不思議なもので、自分の心のアンテナさえ真っ直ぐであれば、出会う方々すべての人が良き方向に導いてくれるのだと思います。また建物計画時から私たちの造園計画を陰ながら支えてくださったアルアート一級建築士事務所の福山様、そしてビルダーの日本建設様、本当にありがとうございました。そして大宝製袋株式会社様、これからも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。
 

   
 今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝
                    
人気ブログランキング

□■焼岳へ・・・

 秋も終わりを迎え最近めっきり寒くなってきております。皆様いかがお過ごしでしょうか。
あいも変わらずばたばたとしておりますが、先月、久方ぶりに休みが取れまして、焼岳という長野県と岐阜県にまたがる標高2455mの活火山に登ってきました・・・
今回は岐阜県側の新中ノ湯ルートからのアプローチでした・・・
7E3A3796

10月15日夜に出発して東海北陸道を飛騨方面へ、途中ひるがの高原SAで仮眠です。ZZZ
7E3A3793

朝3時半ごろに起床し、登山口には5時半ごろには到着、既に道路端にはかなりの数の車が止まっていました。この新中ノ湯ルートは安房峠よりピークまでの高低差約800mの最短コースとなっており、昼までには下山できるルートです・・・
7E3A3801

7E3A3802

運よく駐車することができ、5時40分登山スタート・・・
7E3A3800

焼岳は1962年に水蒸気噴火を起こし、今なお山頂では噴煙を上げる活火山です。現在は安定していますがいつ何時巨大な噴煙を上げるかはわかりませんのでご注意ください。という注意看板を熟読し、登っていきます・・・
7E3A3804

7E3A3806

1時間ほど登ると、あたりが明るくなり、熊笹が多い針葉・広葉樹の森だと気づかされます・・・
7E3A3808

7E3A3810

7E3A3811

10月の中旬にもかかわらず、北アルプスには霜が・・・
7E3A3813

7E3A3814

AM6:50
標高2000m付近で森林を抜け、北峰・南峰、焼岳の2つのピークが見えてきます・・・
7E3A3817

7E3A3821

7E3A3822

7E3A3823

AM7:09
さらにピークを目指して登りながら、振り返りながら、絶好の登山日和となったことに「ありがとう」と口ずさみます。もちろん小声で・・・
7E3A3826

7E3A3827

7E3A3829

噴煙が見えますがまだまだ登りは続きます。またこのあたりから風に乗って硫黄ガスのにおいが漂ってきます。
7E3A3830

7E3A3834

もうすぐ噴煙口というところで今年の5月に無念の撤退となった乗鞍岳が見えてきました・・・必ずリベンジしますけども・・・
7E3A3836

7E3A3917

7E3A3921

AM8:00
噴煙口直下・・・巨大な硫黄の付着した黄岩は圧巻です。そしてその上の岩がロビ〇マスクに見えるのは気のせい⁉
7E3A3926

この硫黄ガスを直接吸い込むと身体に危険を伴いますので、風向きには十分注意が必要です・・・
7E3A3837

北峰・南峰の間の鞍部には約2300年前にできた噴火口があり左にはエメラルドグリーンに色付いた正賀池というカルデラ湖があります。
7E3A3916

そして噴火口は深さ100m以上の巨大なものです・・・
7E3A3918

南峰は崩落の危険性があり現在は立ち入り禁止となっていますのでご注意ください。
7E3A3919

北峰直下の岩場を巻きながらピークに向かいます・・・
7E3A3842

7E3A3845

7E3A3846

シューシューと音をたてながら絶えず有毒ガスが噴出しています・・・
7E3A3848

AM8:10
半端ない硫黄臭の中、無事にピークへ・・・
7E3A3853

北アルプスの名だたる名峰を望むことのできる大展望・・・
7E3A3849

穂高連峰と上高地・・・
7E3A3900

反時計回りに
7E3A3861

槍ヶ岳
7E3A3856

西鎌尾根の向こう側に望む野口五郎岳・・・(野口の下の白っぽい山)
7E3A3862

笠ヶ岳(左)と抜戸岳(右)・・・
7E3A3864

遠くに白山・・・
7E3A3858

乗鞍岳・・・
7E3A3857

そして南峰・・・
7E3A3872

7E3A3874

噴気孔を上から望む・・・
7E3A3880

7E3A3884

真っ青な空を流れる雲は、まるで生きもののごとく刻々と姿かたちを変え飽きることのない山景をつくりだします。そんな自然が造る景色は理屈ではなく、只々「良いな」と心に響いてくるものです・・・
7E3A3888

AM9:16
1時間ほどピークに滞在し、名残惜しくも下山開始・・・
7E3A3906

7E3A3907

7E3A3911

途中、上高地方面への分岐・・・
7E3A3912

7E3A3915

7E3A3920

7E3A3922

7E3A3927

いろんな登りかたがあっていいのです・・・
7E3A3928

今年初のナナカマド・・・
7E3A3929

7E3A3930

7E3A3936

7E3A3940

AM10:14
山頂がガスってきました。山の天気は変わりやすいです・・
7E3A3942

7E3A3943

7E3A3944

7E3A3946

7E3A3949

7E3A3950

そう、ここ焼岳でもツキノワグマの目撃例があり、出てきたらどうしようか、冬眠前で腹ペコだったらどうしよう・・・とか、不安にならなかったといえば嘘になり、それなりのシュミレーションはしていたつもりでしたが、出てくんじゃねえかと思う気持ちが極限の時に撮った写真です・・・
今思うと、笹=出る。みたいな感じだったのでしょう・・・
7E3A3951

7E3A3956

7E3A3957

AM11:17
無事登山口まで下山。淡路島に向かって直帰です・・・
7E3A3960

この日は最後まで穂高連峰がくっきりと^^
7E3A3961

今回のGPSでの山行ログ。赤線が実際の軌跡です・・・
焼岳

7E3A3959

今年G・Wからの山行はあまり天気には恵まれず悶々としていましたが、今回の山行は天気に恵まれとても素晴らしいものとなりました。そしてまた、感じる・感動する、ということに真剣に向き合うこととなりました。毎回新しい発見や気づきを与えてくれる山登りをこれからも続けていきたいと思います。
 山の神様、無事に下山させて頂きましてありがとうございました。(-人-)

今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます (-人-)感謝


人気ブログランキングへ

□■新年のご挨拶・・・

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は津村造園を応援いただきまして誠にありがとうございました。
またまた登山ブログですが、ご興味のある方、最後までお付き合いくださいませ。
 昨年12月30日、愛媛県は石鎚山に冬山登山へと向かいました・・・
7E3A0264

7E3A0268

中宮成就社AM9:30スタート・・・
素晴らしい霧氷を期待して行ったのですが、今年は暖冬のせいかこの付近は雪がありませんでした。
7E3A0269

ちなみに2年前・・・
1

しかし、それでも見どころはあります。平野部では珍しくなった霜柱を観察・・・
7E3A0263

7E3A0272

空気は澄み渡り、雲一つない快晴の中、気持ちよく歩いていきます・・・
7E3A0278

7E3A0280

夜明かし峠付近から石鎚山を望む・・・
頂上付近には雪がありそうです・・・
7E3A0281

7E3A0282

7E3A0284

今回雪が少なかったので一の鎖を登ってみましたが、少量の雪があるだけで足場の確保が難しくなりますので鎖を登られる方は要注意です・・・
7E3A0285

一の鎖付近からはアイゼン装備が必要です・・・
7E3A0287

7E3A0290

7E3A0292

山影はこのような景色が広がります・・・
7E3A0295

頂上直下陽に当たる霧氷・・・
7E3A0298

12時25分、山頂に到着、頂上はアイスバーン化しています・・・
7E3A0304

天狗岳・・・
7E3A0299

この日は本当に天気が良く、うっすらとしまなみ海道が見えました・・・
7E3A0300

いつみても思うのですが、まるでマッターホルンのようです・・・
一時間ほど山頂ですごし、下山開始です。
7E3A0301

頂上直下山影では霧氷が残っており、美しい景色を作っていました。
7E3A0310

7E3A0311

7E3A0312

7E3A0315

7E3A0316

先ほどの天狗岳の北側。堂々とした岩壁(バットレス)に魅せられます・・・
7E3A0319

PM16:00無事にロープーウェイ駅まで下山。
瓶ヶ森とススキの穂・・・改めて昨年は気温が高かったのだと痛感しました・・・
7E3A0320

ちなみに2年前・・・
顕著に違いがわかります。今年はどのように変動するのでしょうか・・・
11

7E3A0324

2年前の12月30日の石鎚山行は夜明かし峠付近で猛吹雪にあい、頂上までは登ることができませんでしたが、今回は無事に登頂することができました。一年の節目をこのような形で迎えることができて昨年は本当に素晴らしい一年となりました。
 そして今年は申年、申には「伸ばす」の意味があります。今まで培ってきた知識や技術をもう一度振り返り、さらに磨きをかけながらまい進していきたいと思っております。

 本年も津村造園をどうぞよろしくお願いいたします。


今回も長々お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝


人気ブログランキングへ

□■感謝の気持ち・・・

 盛夏が訪れ、毎日暑い日が続きます。
庭造りを通じてたくさんの皆様と出会えますことに日々感謝しながら、あいも変わらずばたばたとしています。
つい先日久しぶりの彩雲を見ました・・・まさしく吉兆の兆し。。。何かいいことあるのかな〜(笑)とかなんとか思いつつも、今日一日を精一杯過ごしております・・・
0はじめ

本日は今年の1月より施工させて頂いておりましたお庭をダイジェストではありますがご紹介させて頂きたいと思います。また、少ない更新の当ブログにも関わらずいつも楽しみに待っていて下さいます方々には毎度のことながら本当に頭が下がる思いです。。。

南あわじ市のお客様宅
傾斜地の庭です。
1

長い年月が経っても、メンテナンスが必要ないように、庭を形成する材料はすべて石を使用しております・・・
2

3

とても苦労した円形石積・・・
4

5

6

現場で出てきた小石も叩き込みに・・・
8

う〜ん悶絶_ _
7

9

10

洲本市のお客様宅
リフォームに伴い、玄関周りおよび土間のご依頼です。
1

2

3

4

5

玄関から内土間は、黒と白の御影石の石畳です・・・
7

御影石の大判、据え付けに4人がかりでした・・・
8

9

10

11


南あわじ市のお客様宅
門廻りのご依頼でした・・・
1

敷地図がないため、光波測量機を用いて測量・・・
おかげでしっかりとした計画図面を作成できます・・・
2

3

4

止め切り・・・
5

6

角はビシャンで・・・
7

御影石の石畳、時が経てば経つほど舐めるような石肌となり、味わい深い雰囲気を醸し出してくれます。最近はいろいろな石材が流通していますが、実は一番大化けするのがこのノミ切仕上げの石畳なのです。
8

壁の小叩き仕上・・・
9

10

厚み40mm・長さ300mmの割肌ボーダー石材の側面を叩いています。実はこの石材、壁面小端積用のもので一面のみの割肌加工となっており、残りの面は切りっぱなしの状態なのです。これを植栽スペースの見切りとして使おうと思い側面に加工しました。。。固定観念や視点を少し変えると、造園材料は無限です・・・
と、能書きはそれぐらいとして、実際は力加減を間違えると真っ二つに割れるというハイリスクさが伴います・・・
11

before
12

after
13

14

7E3A8343

よく叩いた現場となりました・・・
7E3A8348


洲本市五色町FBI
カナリーヤシ(通称フェニックス)の移植をさせて頂きました・・・
7E3A5308

ビーチには椰子が良く似合います・・・
7E3A5312


洲本市のお客様宅
建物に樋がなく、雨が降るたびに土が削られていくので何か良い方法はないかというところから庭計画がスタートいたしました・・・
1

2

3

4

5

屋根に樋がないので雨水の処理を兼ねて川を造ってみました。河床栗石の叩き込みは水流を加速させないようにあえて目地を詰めておりません。。。雨が降る日が多かったのでなかなか前に進まない現場となりました。。。
6

7E3A8338

7E3A8337

7E3A8336


南あわじ市のお客様宅
シンボルツリーはシンプルでスタイリッシュな一本を、というご依頼でした・・・
1

アガベ・アメリカーナ。軽トラックからはみ出ます・・・
2

シュール。。。
3

5

6


洲本市のマンション、メゾンM様
兵庫県県民まちなみ緑化事業でマンション植栽をさせて頂きました・・・
1

骨組みだけでいつになったら板塀の続きをするのかと道行く人々のいぶかしげな視線を感じながら過ごした現場です・・・
違うんですこれ、植物を使用した塀なんです・・・
2

4

3

備前で譲ってもらった古窯レンガをアプローチに使いました。絵に書いたような絶妙な色合いに驚き・・・
5

6

立水栓もすべて手作りで作ります・・・
7

楽久登窯さんにて・・・
ティーカップで何してんの?な感じですが・・・
8

信楽の土を使い。
9

10

11

12

表札・駐車場番号を焼き上げてもらいました・・・
13

14

15

16

17

18

19

20

21

22


洲本市のお客様宅
こちらも県民まちなみ緑化事業で駐車場を芝生化させていただきました・・・
1

2

3

4


淡路市Hotaru Cafe様
こちらも同じくまちなみ緑化事業で駐車場の芝生化及び周辺緑化をさせて頂きました。
1

2

3

ヤマモミジ・コナラ・エゴノキ・ヤマザクラなどこのあたりの里山にある植物を使用しています・・・
4

5

6

7

8



淡路花博2015花みどりフェア
3〜5月には花みどりフェアが始まり、弊社もいろいろなお手伝いをさせて頂きました。
1

おもてなしプランターの作成・・・
2

イロイロ瓦女子部も参戦・・・ 本当にAmazingなメンバーです・・・
3

4

5

シンボルオブジェ(福良港)
6

7

8

シンボルオブジェ(洲本市内)
9

10

ヒトツバタゴの記念植樹・・・
11

多方面にわたる方々からのご推薦をいただきまして、桂文枝様を交えた植樹式の樹木を手配させていただきました。師匠の選ばれた樹は真っ白な花がまるで雪がかぶったように見えるヒトツバタゴという樹です。通称ナンジャモンジャの樹とも言います。和やかに式典が始まり、さすがは師匠、笑いあり、涙ありの植樹式となりました。樹木の手配が決まってから大変ではありましたが、貴重な経験をさせて頂きましたこと、また一緒に樹を探してくださった徳島の高橋魁春園様、ありがとうございました。
12


南あわじ市南海荘
淡路島の食材をふんだんに使用し、その味の良さに地元のみならず島外からのお客様もお越しになる南海荘様、この度厨房の改造に伴い庭のご依頼を受けました・・・
1

2

3期目の工事となった今回、庭に使用する材料は、淡路島で手に入るものをということで、裏山でとれた石であったり、植物であったりと、宿のコンセプトに沿った形で計画させて頂きました・・・
3

4

5

6

7

8

西日のまともな場所に初となる苔庭、施主様の努力のおかげさまをもちまして、着生しつつあります。たまにふらっと施工させて頂いたお客様宅を覗かせて頂きますが、しっかりとした管理をされておりますと造り手としてはうれしいものです。
ほんと植物はうそつきませんから・・・
9

10

神戸市のお客様宅
新築に伴う外構工事のご依頼・・・
1

2

3

玄関ポーチを今よりももっと広くというのが施主様のご希望でした・・・
4

5

6

7

8

どうも自分は同じ色を好む傾向にあるようで、タイルの大きさを変え土間に変化をつけています・・・
9

10

意地でも隠す・・・
11

12

13

14


南あわじ市のお客様宅
シンボルツリーとして樹齢100年を超えるオリーブの植樹式を執り行わせていただきました・・・
1

オリーブに家族みなさまの想いをこめて・・・
2

3

4

オリーブはプランタハンター西畠清順さんがスペインから輸入してきたものです・・・
5

そしてGALLERY 土坐さんにて記念の手形も・・・
7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

さすがにこの人数、壮観でした・・・
17

18

19


淡路市のお客様宅
広すぎる敷地をどのようにすればよいか悩んでいたお施主様、広くなければできない庭があります。久しぶりのツガ、サワラ、メタセコイヤ、モミジバフウetc...円錐型の巨木となる植物ばかりを選んでみました。
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

10年後、これらの樹々が健やかに生長し、森を形成してくれますように・・・
16


南あわじ市のお施主様宅
お庭の全面リフォームのご依頼でした・・・
まだ完全に完成しておりませんが、一部ご紹介させて頂きます。
1

淡路島ではめずらしい木曽石をふんだんに使ったお庭です・・・
2

3

4

5

いつから石畳みの目地がモルタルになったのか、今回はすべて苔を使用しています。心血注ぎました。。。
6

完成しましたら、追ってご紹介させて頂きたく思います・・・
7

 ご用命頂きましたお客様方、そして仲間の皆様方、毎度のことながら本当にありがとうございました。
 これからもみなさまの期待に応えられるよう日々、精進していきたいと思いますので、津村造園をどうぞよろしくお願いいたします。(。_。)ペコッ

最後に恒例の風景写真、今回は書写山 圓教寺、瑞光院・・・
7E3A6844


まだまだ暑い日が続きます。お体などこわしませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。


いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ



□■新年のご挨拶・・・

 新年明けましておめでとうございます。
旧年中は津村造園をお引き立て頂きまして誠にありがとうございます。今年は未年、平穏でみんなが安心して暮らせるそんな世の中になってほしいと切に願っております。また私どもとしましては昨年同様、庭に関する面白い試みを行っていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。(。_。)ペコッ

昨年秋の山行、中央アルプス空木岳より・・・
1 (86)

1 (83)

本年も津村造園をどうぞよろしくお願いいたします(。_。)ペコッ

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

人気ブログランキングへ

□■年末のご挨拶・・・

 2012年も残すところ後わずかとなりました。
今年も津村造園を応援頂き、誠に有難うございました。
 今年は本当に素晴らしい方たちと出会い、様々なプロジェクトの種を撒かせていただいた年となりました。また、それと同時に、自分と真剣に向き合った年でもありました。

今年最後のブログで、10月に愛媛県石鎚山に登った時の写真をアップしたいと思います。
7E3A3175

7E3A3179

7E3A3180

7E3A3181

7E3A3183

7E3A3184

7E3A3187

7E3A3192

7E3A3196

7E3A3206

7E3A3224

7E3A3226

7E3A3234

7E3A3257

7E3A3271

7E3A3274

7E3A3314

7E3A3324

7E3A3346

7E3A3347

7E3A3350

7E3A3354

7E3A3358

皆様、良いお年をお迎えください。

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

□■見上げてみれば・・・

 すっかり日が短く夜長となってきた今日この頃です。
仕事帰りにふっと空を見上げることが多くなりました・・・

MOKOMOKO・・・
7E3A3041


雲と風とが織り成す世界・・・
夜だから気付けた世界・・・

何気ない日常の中にある自然の芸術です・・・


 いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

(*・・)σぽちっとな♪


人気ブログランキングへ

□■想いをこめて・・・

少し前になりますが南あわじ市にて施工させて頂いたお客様宅です。
黒の大理石の壁が印象的なファサード
訪れる方々に「良い紅葉やね」といって頂けることを願い、デザインさせて頂きました。

9

7

淡路瓦の割肌ボーダーを使用した坪庭です。
4

ここにも山紅葉を・・・
季節の移ろいを感じて頂ければ幸いです。
6

8

想いを込めて造られた家に、想いを込めた庭を・・・
これからも造っていきます。

(*・・)σぽちっとな♪


人気ブログランキングへ

□■徳島県で・・・

徳島県へ来ています。
黒いガルバリウム鋼板が印象的なこの建物
近日、庭工事を開始します。
7E3A2625

中庭部分
7E3A2626

ファサード
7E3A2624

ストイックな感じになるとは思いますが、塀などの構造物は造作せず、
植物を主体に造作させていただこうと思います。

そんな徳島県からの帰り道・・・
ハート型の葉がかわいらしいマルバノキ・・・
7E3A2641

秋は近いですね・・・

いつも応援ありがとうございます O(-人-)O感謝

(*・・)σぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
Profile

tsumurazouen

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ