「打つべき時に打ち、切るべき時に切る」

言うは易く行うは難しですね。
これが出来れば、相場で勝てます。

でも、いつ打つべき時なのか?いつ切るべき時なのか?

それはわからないですね。価格がどうなるかという事はわかりようがありません。

ですが、“切るべき時”というのは確実にあります。

“切るべき時”…いえ、“絶対に切らなきゃいけない時”というのがあります。
それは、自分が「やばい」「これ以上は無理」そう思った時は“絶対に切らなきゃいけない時”です。

それは個人的なことだし、その後に価格が元に戻すか、利益を出すかもしれないじゃないか?という事をよく言われますが、それはその通りです。そうなると結果は正しくなかったということであり、損切りとなったということになります。結果は間違っており、残念だったという事です。

では、逆の場合にはどうでしょう?損失が膨らみ、どうにもならなくなり限界である逆指し値にかかる(逆指し値を入れていれば、まだいいほうですが…。)あるいは損切りできずに塩漬け状態…日に日に含み損が大きくなる…こうなってしまうと悲惨です。だから、損切りは早くしましょう…殆どの投資本にはこのようなことが書いてあります。それは間違いではありません。最もなことです。

ですが、“切るべき時”に切る理由は他にもあります。

それは、自分が「やばい」「これ以上は無理」…これらの思いを持った時に切らずに損失を出した場合に損失へ怯えながら次の売買をすることになり、そうなると怯えから”打つべき時”に打てなくなるのです。
売買をなかなか出来ず、意を決してやったら逆行…こうなってしまうと目も当てられません…少しでも投資をしたことがある方でしたら、実感としてわかるのではないでしょうか?

”打つべき時”“切るべき時”…これらがわからなくなると、どうにもならなくなります。
元々未来はわからないのですが決断することが出来なくなるというのは売買において致命的とも言えます。
これは金銭的な損失以上に痛手だと思います。

そして、ここから再び態勢を立て直すのは非常に困難だと思います。
そういう痛手、次の売買への悪影響を断ち切るために”切るべき時”には切るべきなのです。これはテクニカルやファンダメンタルよりも優先するべき事柄だと思います。

自身のメンタル、売買、資金を守るために“切るべき時”だと感じたら、チャートや他人がどうあろうが切りましょう。今後も売買を続けるのであれば…。

さて、次回の更新予定は週末です。 内容は売買手法、アフィリエイト、セミナー、売買戦略、酒田新値の数え足…のいずれかになると思います。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村


先物日記ランキング

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物日記へ
にほんブログ村