先週の記事はこちらになります↓

穀物は上昇確認をした様子、来週(2017/10/16~)は上昇継続?

記事では上昇と書きましたが、見事に下落しています。かろうじて12日の安値342.5を割り込んではいませんが、チャートを見て上昇を示唆するような事柄を見つけるのは難しい状況となっています。

では、まずは来週の相場に対する見通し、予測値幅とチャートを載せます。
(当たり前ですが投資は自己判断と自己責任でお願いします。)


コーン
予測値幅:330~370 中間値:365.5
(玉の平均値が有利になるようにするための参考であり日々の動きを見て修正していくものです。)
20171021_コーン

【上げそうな要因】
値頃感、大豆の価格調整日が近いこと(詳細はまとめで書きます)など

【下げそうな要因】
基準線と雲の下で価格が推移していること、遅行線も下向きになっていることなど。

大豆
予測値幅:930~1030 中間値:980
(玉の平均値が有利になるようにするための参考であり日々の動きを見て修正していくものです。)
20171021_大豆

【上げそうな要因】
安値が切り上げていること、基準線の上に価格があることなど。

【下げそうな要因】
長い上髭を付けた陰線が出て雲に入り込んだこと、値頃感など。

【まとめ】
ここ二か月程は穀物のアノマリー(参考:「コーンで季節性(アノマリー)を考えた資料が見つかったので…」)と大豆の価格調整日(26日)において上昇するという見通しでコーンを買い集めていましたが、現状はかなり厳しい状態になっています。ここからは、26日まではコーンの買いを維持することに努めるが無理せず、それよりも大豆の売りを重ねていくことに方向性を変更するべきかと考えています。
このブログには最近書いていませんが、貴金属の方に集中して利益を出す方向性に変更することも頭の片隅に置いてあります。(現状、ある程度は持ち玉があるため)

参考:「価格調整日付近の戦略」
※価格調整日には上記の参考記事を見てもらえばわかりますが上昇傾向があります。
今回に関しては大豆の価格調整日なので、大豆が上がると思われます。ただし、大豆は買い玉を持っていた場合には上がった分の価格調整金を支払うことになりますので、上昇分の利益が減ってしまいます。(場合によってはマイナスになることも珍しくありません。)
しかし、今回についてはコーンの方は価格調整日ではないので、買い玉を持っていても価格調整金は生じません。(通常はコーンと大豆は同日に価格調整日であることが多い。ちなみにコーンは来月の27日。)
ですが、大豆が上昇すればコーンも上昇する可能性が高いので、その上昇を狙って買い玉を集めていたのです。

さて、次回の更新予定は早ければ来週中、遅ければ来週末です。 内容は売買手法、アフィリエイト、セミナー、売買戦略、酒田新値の数え足…のいずれかになると思います。


にほんブログ村 先物取引ブログ 先物日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村


先物日記ランキング