先週の記事はこちらになります↓

来週(2017/11/27~)はコーンの価格調整日があり!

先週はコーンの価格調整日がありました。
何度かこちらでも述べていたようにコーンの価格調整金狙いで売り、大豆はその連れ上がりを狙っての買いという戦略を取っていました。
大豆は然程の上りはなかったのですが、コーンは価格調整金がつくと平均値的に有利な売り玉になりました。ですが、陽線三本で逆指し値にかかり決済されましたが、まあまあの利益となりました。
大豆の買いについてはある程度利益が発生したところで売り買い同数として、今月にある大豆の権利調整日へ向けて建玉操作をしやすいようにしておきました。

では、まずは来週の相場に対する見通し、予測値幅を載せます。
※参照しているチャートは一目均衡表の日足になります。
(当たり前ですが投資は自己判断と自己責任でお願いします。)

・コーン
予測値幅:340~370 中間値:355
(玉の平均値が有利になるようにするための参考であり日々の動きを見て修正していくものです。)
コーン日足チャート

【上げそうな要因】
陽線三本連続で出たこと、雲を上に抜けそうなこと、基準線の上で価格が推移していることなど。

【下げそうな要因】
値頃感、遅行線が雲の中に入っていることなど。

【注意すべき時期】
2017/12/26 大豆の価格調整日。

・大豆
予測値幅:950~1030 中間値:990
(玉の平均値が有利になるようにするための参考であり日々の動きを見て修正していくものです。)
大豆日足チャート

【上げそうな要因】
雲と基準線の上に価格があることなど。

【下げそうな要因】
1000という節目が近いこと、値頃感など。

【注意すべき時期】
2017/12/26 大豆の価格調整日。

・金
予測値幅:1230~1330 中間値:1280
(玉の平均値が有利になるようにするための参考であり日々の動きを見て修正していくものです。)
金日足チャート

【上げそうな要因】
値頃感、1270~で底堅さを見せていることなど。

【下げそうな要因】
雲の下で価格が推移していることなど。

【注意すべき時期】
雇用統計が控えていることや米国の税制改革案などのニュースで上下しやすい時期となっているため控えめな建玉にすべき。

・銀
予測値幅:16.00~18.00 中間値:17.00
(玉の平均値が有利になるようにするための参考であり日々の動きを見て修正していくものです。)
銀日足チャート

【上げそうな要因】
2017/09/08からの下げから三ヶ月程度経過しているため反転の可能性あり、値頃感など。

【下げそうな要因】
基準線と雲の下であること、16.50という節目を割り込んだことなど

【注意すべき時期】
雇用統計が控えていることや米国の税制改革案などのニュースで上下しやすい時期となっているため控えめな建玉にすべき。

【まとめ】
穀物は26日 大豆の権利調整に向けてコーン売り、大豆買いとしていく予定です。(誤)

穀物は26日 大豆の権利調整に向けてコーン買い、大豆売りとしていく予定です。(正)



特にコーンは雲を抜けたら上昇を確認と考えられるので押し目を丁寧に拾っていこうと思います。
貴金属に関しては税制改革案、雇用統計など価格が乱高下するような要素を多分に含んだ材料があるので現状の玉を大きくはせず、早めの決済を心がけたいと思います。

さて、次回の更新予定は早ければ来週中、遅ければ来週末です。 内容は売買手法、アフィリエイト、セミナー、売買戦略、酒田新値の数え足…のいずれかになると思います。


にほんブログ村 先物取引ブログ 先物日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村


先物日記ランキング